バブル核融合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タリヤーカンの実験装置。1.真空ポンプ、2.放射線検出器、3.中性子源、4.超音波発生器、5.試験管と試験液、6.マイクロホン、7.光電子増倍管、8.重水素原子同士の衝突、8a.ヘリウムと中性子の生成、8b.三重水素(トリチウム)と陽子の生成

バブル核融合英語: Bubble fusion)は、原子核融合の一種で、超音波キャビテーション(空洞現象)によって高温高圧下の気泡(バブル)内で発生するとされるものである。

2002年3月、アメリカ合衆国オークリッジ国立研究所のルーシ・タリヤーカン(en:Rusi Taleyarkhan、のちパデュー大学教授)らが科学雑誌『サイエンス』に論文[1]を発表した。

この論文によると、重水素を含むアセトン超音波を当ててキャビテーションを発生させ、生成した細かな泡が壊れるとき飛び出す中性子をとらえたという。そして、高温高圧下で重水素同士の熱核融合が起きたものと報告した。

しかしながら、同僚による実験で再現できなかったため、多くの専門家によって掲載前から批判された。いまなおこのグループ以外では再現できていない[2][3]

脚注[編集]

左から右へ、気泡の発生→ゆっくりと膨張→突然の急激な収縮→報告された核融合現象
[ヘルプ]