バハラーム3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バハラーム3世Bahram III, ? - 293年)は、サーサーン朝ペルシア帝国の第6代君主(シャーハーン・シャー、在位:293年)。先代バハラーム2世の息子であり、バハラーム2世によってサカ王(Sakān shāh)として東方を統治していた。

パイクリ碑文によると、ガラマエナの貴族ワフナームに担ぎ上げられた傀儡だったという。ガラマエナの権力を確固たるものにした後で敵を討つという声明を出したため、ナルセ1世が中心となってこれを討ち、第7代君主として即位した。バハラーム3世の治世はわずか数ヶ月であった。

外部リンク[編集]

先代:
バハラーム2世
サーサーン朝
第6代:293年
次代:
ナルセ1世