バハモンドオウギハクジラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バハモンドオウギハクジラ
保全状況評価
NOT EVALUATEDIUCN Red List
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
亜目 : ハクジラ亜目 Odontoceti
: アカボウクジラ科 Ziphiidae
亜科 : トックリクジラ亜科 Hyperoodontinae
: オウギハクジラ属 Mesoplodon
: バハモンドオウギハクジラ
M. traversii
学名
Mesoplodon traversii
Gray, 1874
和名
バハモンドオウギハクジラ
英名
Spade Toothed Whale

バハモンドオウギハクジラ(バハモンド扇歯鯨、Mesoplodon traversii)は、ハクジラ亜目アカボウクジラ科オウギハクジラ属に属する小型のクジラである。

概要[編集]

英名のSpade Toothed Whale(トランプのスペードのような形状の歯を持つクジラの意)は、1872年にニュージーランドピット島 (Pitt Island) で見つかった下顎に由来する。この個体は当時はヒモハクジラとして分類された。1950年にはニュージーランドのホワイト島 (Whakaari/White Island) で別の個体が発見され、当時はイチョウハクジラとして分類された。さらに1986年にはチリロビンソン・クルーソー島で破損した頭蓋冠(Calvaria。頭蓋骨の一部)が見つかり、この時には新種のバハモンドオウギハクジラ Mesoplodon bahamondi (Bahamonde's Beaked Whale) として分類された。しかし、最近の遺伝子解析により、これらは全て同一のであって Mesoplodon traversii として分類すべきであることがわかっている[1]。すなわち Mesoplodon bahamondiMesoplodon traversiiシノニムである。

2010年12月にニュージーランド・プレンティ湾のオパペ・ビーチ(Opape Beach)で、体長5.3mのメスと、体長3.5mの子どものオスの2体のクジラが座礁しているのが発見され、その後まもなく死亡した。このクジラは当初ミナミオウギハクジラだと考えられたが、遺伝子解析の結果、2012年11月にバハモンドオウギハクジラであることが判明した。これはこの種の最初の完全な標本である[2][3][4]

バハモンドオウギハクジラは、これまで2体の標本しかなく、不明な点が非常に多い。大型哺乳類としては最も不明な点が多い種の一つであろう。

身体[編集]

バハモンドオウギハクジラは、頭蓋骨および歯の解剖学的な知見以外は全く不明である。他のオウギハクジラ属と比較すると、口吻の幅が比較的広いなどといった特徴がある。最も際立った特徴は23センチメートルほどもある大きな歯であり、大きさとしてはヒモハクジラの歯に近い。ヒモハクジラの歯と比べると幅が広く、共に歯の先端に小歯状突起があるが、バハモンドオウギハクジラの方が目立っている、といった違いがある。

頭蓋骨の大きさから体長は5メートルから5.5メートル程度であろうという推測もある。

生息域、生息数[編集]

バハモンドオウギハクジラの発見された地点および日付

太平洋および西太平洋において発見されているが、中間部では発見されていない。

生息数は不明であるが、おそらく多数ではないだろう。

生態[編集]

生きている状態のバハモンドオウギハクジラは見つかったことがないため、全く不明である。2012年までその骨の一部しか見つかっていなかった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Van Helden AL, Baker AN, Dalebout ML, Reyes JC, Van Waerebeek K, Baker CS (2002) Resurrection of Mesoplodon traversii (Gray, 1874), senior synonym of M. bahamondi Reyes, Van Waerebeek, Cárdenas and Yañez, 1995 (Cetacea: Ziphiidae). Mar Mamm Sci 18: 609-621.
  2. ^ “珍しいクジラと判明 NZ、打ち上げられた2頭”. 47NEWS. (2012年11月5日). http://www.47news.jp/CN/201211/CN2012110501001746.html 
  3. ^ John R. Platt Amazing: Rarest Whale Seen for First Time in History, but Not at Sea. Scientific American Blogs、2012年11月5日
  4. ^ Kirsten Thompson 他 The world’s rarest whale

参考文献・外部リンク[編集]

  1. Encyclopedia of Marine Mammals,William F. Perrin, Bernd Wursig and J. G. M. Thewissen Eds., Academic Press (2002). ISBN 0-12-551340-2
  2. Randall R. Reeves, Brent S. Steward, Phillip J. Clapham and James A. Owell, Sea Mammals of the World, A & C Black, London (2002). ISBN 0-7136-6334-0.
  3. Anton L. van Helden, Alan N. Baker, Merel L. Dalebout, Julio C. Reyes, Koen van Waerebeek and C. Scott Baker, "Resurrection of Mesoplodon traversii (Gray, 1874) Senior Synonym of M. Bahamondi Reyes, van Waerebeek, Cárdenas and Yáñez, 1995 (Cetacea: Ziphiidae)," Marine Mammal Science 18(3) pp. 609-621 (July 2002). (PDFファイル)
  4. Mesoplodon traversii CMS (Conservation on Migratory Species)
  5. 海棲哺乳類図鑑「バハモンドオウギハクジラ」 国立科学博物館 動物研究部