バヌアツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バヌアツ共和国から転送)
移動: 案内検索
バヌアツ共和国
Ripablik blong Vanuatu (ビスラマ語)
Republic of Vanuatu (英語)
République du Vanuatu (フランス語)
バヌアツの国旗 Coat of arms of Vanuatu.svg
国旗 国章
国の標語:Long God Yumi Stanap
(ビスラマ語: 神と共に立つ)
国歌我ら、我ら、我ら
バヌアツの位置
公用語 ビスラマ語英語フランス語
首都 ポートビラ
最大の都市 ポートビラ
政府
大統領 フィリップ・ボエドロフランス語版(代行)
首相 モアナ・カルカセス・カロシル英語版
面積
総計 12,200km2157位
水面積率 極僅か
人口
総計(2008年 240,000人(183位
人口密度 17人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2008年 580億[1]バツ
GDP (MER)
合計(2008年 5億[1]ドル(170位
GDP (PPP)
合計(2008年 10億[1]ドル(173位
1人あたり 4,244[1]ドル
独立
 - 日付
共同統治より
1980年7月30日
通貨 バツ (VUV)
時間帯 UTC +11(DST:なし)
ISO 3166-1 VU / VUT
ccTLD .vu
国際電話番号 678

バヌアツ共和国(バヌアツきょうわこく)、通称バヌアツは、南太平洋シェパード諸島の火山島上に位置する共和制国家である。西にオーストラリア、北にソロモン諸島、東にフィジー、南にフランス海外領土のニューカレドニアがある。イギリス連邦加盟国。

バンジージャンプの起源となった成人の儀式「ナゴール」が有名である。

国名[編集]

正式名称は、

  • Ripablik blong Vanuatuビスラマ語:
  • Republic of Vanuatu英語: リパブリック・オブ・ヴァヌアートゥ
  • République du Vanuatuフランス語:レピュブリク デュ ヴァニュアテュ

日本語の表記は、バヌアツ共和国。通称は、バヌアツヴァヌアツという表記もされる。中国語では「瓦努阿図」と書き、「」と略す。

バヌアツは、「我々の土地」という意味。

歴史[編集]

バヌアツの島々には、数千年前にオーストロネシア語族の人々が渡来してきて定住し始めたと考えられている。その最古の遺跡は、約4000年前のものだと推定されている。

1452年から1453年にかけて、海底火山クワエ英語版の大噴火が複数回起こり、世界の歴史に大きな影響を与えた。(夏のない年コンスタンティノープルの陥落

ヨーロッパ人で最初にこの島を訪れたのは、ポルトガル人のペドロ・フェルナンデス・デ・キロスで、1606年4月27日にサント島に上陸している。ヨーロッパ人による植民が始まったのは、ジェームズ・クックによる調査が行われた18世紀末以降のことである。1774年、クックがこの地域をニューヘブリディーズと命名した。イギリスフランスの間で衝突が繰り返された後、1906年に両国は、ニューヘブリディーズ諸島を共同統治領とすることに合意した。

1960年代、バヌアツの人々は自治と独立を要求し始めたが、英語系とフランス語系の島民が対立し、1974年にフランス語系のタンナ島タンナ共和国として独立を宣言した(フランス軍による島の制圧で終わった)。1975年にはサント島を中心とした島々でナグリアメル連邦として分離独立の宣言も起きた。1980年に入るとバヌアツの独立を求める声が高まったが、タンナ島で再びタフェアン共和国として独立運動が起きた(これはイギリス軍の制圧で分離独立運動は終結した)。8月21日にはエスピリトゥ・サント島のフランス語系住民が独立に反対し分離運動が起き、ベマラナ共和国と名付け分離独立が起きた。

1980年7月30日イギリス連邦加盟の共和国としてバヌアツが独立、フランスは政情不安を理由に最後まで独立に反対の立場であったが、これにより事実上、イギリス・フランスの共同統治下から独立し、大統領を元首とする「バヌアツ共和国」として出発した。 独立した同年に親ソ派でメラネシア社会主義を掲げるバヌア・アク党のウォルター・リニが首相に就任。徹底したソ連偏重策を背景に独裁的性格を強めたが、1991年にソ連が崩壊し、ソ連という後ろ盾を失ったウォルター・リニは党内外から批判が高まり、1991年に解任された。

その後、総選挙によりフランス語系の穏健諸党連合のカルロが首相に就任、国家連合党と連立政権を成立させた。 2006年7月には環境NGO「地球の友」とシンクタンク「新経済財団」が「地球上で最も幸せな国」に選んだ。

政治[編集]

国会議事堂

国家元首の大統領は、儀礼的・象徴的役職である。任期5年で、議会の議員と各州議会議長によって構成される大統領選挙会における投票によって次期大統領を決定する。当選には、3分の2以上の得票が必要で、その条件を充たすまで何度も投票を繰り返す。2004年の大統領選挙では、32人が立候補し、4月8日から12日まで4回の投票を行い、ようやく決定した。

行政府の長である首相は、議会が議員選挙直後に議員の中から選出し、大統領が任命する。閣僚は、首相が指名し、議会に責任を負う(議院内閣制)。

議会[編集]

議会は、一院制。議席数は52で、全て民選。任期4年。前回選挙は、2002年5月2日投票。穏健諸党連合 15、バヌア・アク党 14、バヌアツ共和党 3、メラネシア進歩党 2、その他または無所属 18。

慣習と土地の問題に関しては、部族の首長によって構成される評議会が、議会に助言を与える。

地方行政区分[編集]

バヌアツの州
(領土問題を抱えるマシュー島とハンター島は省略している)

6つの州に分かれる。

地理[編集]

バヌアツの地図

バヌアツは800kmにわたって北北西から南南東に連なる83の島からなり、それらはニューヘブリディーズ諸島バンクス諸島などと呼ばれる。そのうち、住民が居住する島は約70である。

最大の島はエスピリトゥサント島(3947km2)。同島のタブウェマサナ山 (1878m) がバヌアツの最高地点ともなっている。最大の町は、エファテ島にある首都ポートビラ (33,900人)。2番目は、エスピリトゥ・サント島のルーガンビル (8,500人)。人口は、2002年のデータ。

タンナ島のヤスール火山火口

バヌアツの島の約半分は火山島で、険しい山の周りに平地が僅かにある。特にアンブリム島、タンナ島、ロペヴィ島の火山は活火山として活動が継続している。残りは、サンゴ礁からなる島である。バヌアツの火山は、太平洋プレートオーストラリアプレートに潜り込むサブダクション帯によるものであり、環太平洋火山帯の一部をなしている。近海ではたびたびマグニチュード7超の強い地震が起きている。

最も南に位置する2つの無人島、マシュー島とハンター島は、フランスの海外領土ニューカレドニアとの間で領有問題を抱えている。

気候[編集]

全域が熱帯雨林気候であり、海洋性気候の特色を持つ。南東貿易風の影響下にあり、5月から10月にかけて気温が低下する。首都ポートヴィラの最高気温は冬期において25度、夏期には29度に達する。年平均降水量は2300mmである。

経済[編集]

農業は、ヤムイモタロイモコプラココア牛肉などの生産が主である。政府による国家開発政策策定の影響で、2003年以降観光業が順調であり、航空便やクルーズ船の増加に伴い観光客数が年々増加している。無形世界遺産の砂絵などの民俗文化、風光明媚な風土を活かしたスキューバダイビング、火山見学などを目的とした観光客が多く、外貨獲得手段の一つとなっている。

  • 輸出品目 - コプラ、牛肉、木材、ココア、コーヒー、カバ(kaba , 健康飲料)
  • 輸出国(2002年) - インド 32.5%、タイ 22.8%、韓国 10.5%、インドネシア 6.3%、日本 4.9%
  • 輸入品目 - 機械機器、食料、燃料
  • 輸入国(2002年) - オーストラリア 22.1%、日本 19.2%、ニュージーランド 10.1%、シンガポール 8.1%、フィジー 6.6%、台湾 5%、インド 5%

オフショア金融などサービス業も盛んである。

情報・通信[編集]

バヌアツには国営放送のVBTCがあり、インターネットにおいてはウガンダ共和国プロバイダを使うことが多い。 新聞は売店などでの販売が主流。

国民[編集]

民族[編集]

ダンスを踊るバヌアツ女性

人種構成は、メラネシア系が98%で、他にフランス系、ベトナム系、中国系、非メラネシア系太平洋諸島民族が住む。

言語[編集]

言語は、3つの公用語(ビスラマ語英語フランス語)の他、100以上の地方言語がある。共通語は、ピジン英語のビスラマ語(ビシュラマ語)である。国民は普段は自分の出身地の言語を使い、ビスマラ語が普及する以前は島毎に言語や文化が異なり他の島の人との疎通が困難だったため「砂絵」という絵文字文化が生まれた。これは一筆書きで描かれるという特徴がある。

宗教[編集]

宗教は、長老派教会 36.7%、英国国教会 15%、カトリック教会 15%、 地域固有の伝統信仰 7.6%、セブンスデー・アドベンチスト 6.2%、キリスト教会 3.8%、その他 15.7%。その他には、ジョン・フラム信仰が含まれる。ジョン・フラム信仰とは、太平洋戦線からアメリカ軍が去った第二次世界大戦後、メラネシアの各地で広まったカーゴ・カルト(積荷信仰)の1つで、ジョン・フラムという白人の聖者が莫大な財宝(積み荷)を持って自分たちの島を訪れるというものである。タンナ島では、毎年2月15日に彼を迎えるための盛大な祭りが行われている。


文化[編集]

2003年に『バヌアツの砂絵』が世界無形文化遺産に登録された。

祝祭日
日付 日本語表記 現地語表記 備考
1月1日 元日 New Year's Day
2月21日 ファザー・リニ・ディ Father Walter Lini Day リニは、初代首相。
3月5日 酋長たちの日 Custom Chiefs Day
移動祝祭日 聖金曜日 Good Friday
移動祝祭日 復活祭の翌日 Easter Monday
移動祝祭日 キリスト昇天祭 Ascension Day
5月1日 メーデー Labor Day
7月後半 こどもの日 Childrens Day
7月30日 独立記念日 Independence Day
8月15日 聖母被昇天祭 Assumption Day
10月5日 憲法記念日 Constitution Day
11月29日 祖国統一の日 National Unity Day
12月25日26日 クリスマス Christmas Days

脚注[編集]

  1. ^ a b c d IMF Data and Statistics 2009年7月19日閲覧([1]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

政府

日本政府

観光

その他