バナム郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯42度59分 西経97度53分 / 北緯42.99度 西経97.88度 / 42.99; -97.88

サウスダコタ州バナム郡
Bon Homme Mill, Gavins Point Reservoir Vicinity, Tabor (Bon Homme County, South Dakota).jpg
郡内のテイバーのギャヴィンズ・ポイント貯水池近くにある工場
(1952年7月撮影)
バナム郡の位置を示したサウスダコタ州の地図
郡のサウスダコタ州内の位置
サウスダコタ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1862年
郡名の由来 フランス語でいい男 (good man) の意
郡庁所在地 ティンダル
最大都市 ティンダル
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,505 km2 (581 mi2)
1,458 km2 (563 mi2)
47 km2 (18 mi2), 3.09%
人口
 - (2000年)
 - 密度

7,260人
5人/km2 (13人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5

世界 > 北アメリカ > アメリカ合衆国 > サウスダコタ州 > バナム郡

バナム郡: Bon Homme County、発音からするとBAHN'-uhmに近い[1])は、アメリカ合衆国サウスダコタ州にある2000年時点の人口は7,260人で、郡庁所在地ティンダル (Tyndall)。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局によると、この郡は総面積1,506 km² (581 mi²) である。このうち1,459 km² (563 mi²)が陸地で、47 km² (18 mi²) が川や湖などの水地域である。総面積のうちの3.09%が水地域となっている。

郡区[編集]

この郡は北東、北西、南東、南西の四つの非自治的領域から成る。

幹線道路[編集]

  • SD 25.svg 州道25号線
  • SD 37.svg 州道37号線
  • SD 46.svg 州道46号線
  • SD 50.svg 州道50号線
  • SD 52.svg 州道52号線

隣接する郡[編集]

国立保護区[編集]

  • ミズーリ国立レクリエーショナル河川(部分管轄)

人口動静[編集]

2000年国勢調査時の郡の人口ピラミッド
人口推移
人口 変動率
1900年 10,379
1910年 11,061 6.6%
1920年 11,940 7.9%
1930年 11,737 −1.7%
1940年 10,241 −12.7%
1950年 9,440 −7.8%
1960年 9,229 −2.2%
1970年 8,577 −7.1%
1980年 8,059 −6.0%
1990年 7,089 −12.0%
2000年 7,260 2.4%
2008年 7,079 −2.5%
サウスダコタ州の各郡の人口推移

2000年国勢調査[2]によると、バナム郡には7,260人、2,635世帯、及び1,786家族が暮らしている。人口密度は5/km² (13/mi²) で、2/km² (5/mi²) の平均的な密度に3,007軒の住居が建っている。この郡の人種の構成は白人95.51%、黒人(アフリカ系アメリカ人)0.62%、先住民2.99%、アジア系0.08%、その他の人種0.18%、および混血0.62%で、0.58%の人々がヒスパニックまたはラテン系である。郡の住民の41.3%がドイツ系、19.8%がチェコ系、9.9%がオランダ系移民の子孫である。

バナム郡に住む2,635世帯のうち、28.70%は18歳未満の子どもと暮らしており、59.80%は夫婦で生活している。5.10%は未婚の女性が世帯主であり、32.20%は家族以外の住人と同居している。29.50%は独居で、全世帯の16.50%は65歳以上の独居老人世帯である。1世帯あたりの平均人数は2.38人であり、家庭の場合は2.95人である。

郡の住民は23.10%が18歳未満の子どもで、18歳以上24歳以下が7.60%、25歳以上44歳以下が26.80%、45歳以上64歳以下が21.70%、および65歳以上が20.80%となっている。平均年齢は40歳である。女性100人に対して男性は123.00人いて、18歳以上の女性100人に対しては男性は126.40人いる。

郡の世帯ごとの平均収入は30,644米ドルで、家族ごとでは36,924米ドルである。男性の24,303米ドルに対して女性は20,307米ドルの平均的な収入がある。この郡の一人当たりの収入 (per capita income) は13,892米ドルである。総人口の12.90%、家族の9.40%は貧困線以下である。18歳未満の子どもの16.20%及び65歳以上の13.80%は貧困線以下の生活を送っている。

都市および町[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The AP in South Dakota”. 2010年4月2日閲覧。
  2. ^ American FactFinder, United States Census Bureau, http://factfinder.census.gov 2008年1月31日閲覧。