バドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バドンポルトガル語: Vadão、本名:ポルトガル語: Oswaldo Fumeiro Alvarez1956年8月21日-)は、ブラジル出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者。

来歴[編集]

その監督歴は1992年モジミリンの監督に就任した時から始まる。以後ブラジルの多くのチームで監督を続け、2001年にはサンパウロFCで監督を務めた。

2005年8月にJ2降格の危機にあった東京ヴェルディ1969の監督に就任。なお、当初は本名をカナ書きにしたオズワルド・アルバレス(前監督のオズワルド・アルディレスと一文字違いである)と記すメディアもあったが、ほどなく愛称のバドンに統一された。

監督に就任した8月の3試合は2勝1分けで乗り切り、J1残留に希望を抱かせたが、9月に入ると全く勝てなくなった。攻守が実にちぐはぐであり、1失点に抑えたが点が取れなくて負けた試合もあれば、4点取ったが4点取られて結局ドローに終わった試合もあった。この年チーム総得点の半数以上を稼いだワシントンが不調に陥ったのも響いた。

結局天皇杯1試合も含めて13試合連続で勝ち星がないまま、11月26日柏レイソル戦で1-5で大敗し、J2降格が決まった。J2降格の責任を取り、シーズン終了後辞任。

2006年ポンチ・プレッタに復帰し指揮を取ったが、5月途中に解任。

関連項目[編集]