バト・ヤム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バト・ヤム
בַּת יָם
Bat Yam
イスラエルの旗
Bat Yam view.jpg
Flag of Bat Yam.svg Coat of arms of Bat-Yam.svg
市旗 市章
座標 : 北緯32度01分 東経34度45分 / 北緯32.017度 東経34.750度 / 32.017; 34.750
歴史
市制 1958
行政
イスラエルの旗 イスラエル
 行政区 テルアビブ地区
 市 バト・ヤム
地理
面積  
  市域 8.167 km2
人口
人口 (2011年現在)
  市域 128,200人
公式ウェブサイト : www.bat-yam.muni.il

バト・ヤム (בַּת יָם)は、イスラエルテルアビブ地区にある都市。 地中海に面し、テルアビブの南に位置する。

歴史[編集]

バト・ヤムは、ヘブライ語で「家と庭」を意味する"Bayit VaGan"という名で1926年に設立した。 1929年の嘆きの壁事件の間、ヤッファから来たパレスチナ人による攻撃を受け、イギリスの統治機関により退避させられた。1930年に再入植された。1936年、地方自治体として認められ、現在のバト・ヤムの名前に代わった。1945年までに2000人のユダヤ人が住んでおり[1]、ユダヤ・ナショナル・ファンドによると、1947年の人口は4000人であった[2]

参照[編集]

  1. ^ Government of Palestine, Village Statistics, 1945, p52.
  2. ^ Jewish National Fund (1949). Jewish Villages in Israel. Jerusalem: Hamadpis Liphshitz Press. p. 12. 

外部リンク[編集]

バト・ヤムの公式サイト