バトルギア4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バトルギア4Tunedプロフェッショナル筐体
バトルギア4・~ Tuned
ジャンル レーシングゲーム
対応機種 アーケードゲーム
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1~4人(対戦時)
メディア ROM
稼働時期 2005年6月20日
利用料金 100~200円
200~500円(ネットエントリーキー)
デバイス ハンドル
ペダル×2(プロ筐体のみ×3)
ギア
サイドブレーキ
ネットエントリーキー
システム基板 TAITO Type X+
その他 2006年11月28日より「Tuned」へバージョンアップ。
テンプレートを表示

バトルギア4』は2005年6月にタイトーよりリリースされたアーケードカーレースゲームである。バトルギアシリーズとしては第5作目。2006年11月28日からは、登場車種やコースを増やし、ゲームシステムや筐体の設備などを改良した「バトルギア4 Tuned」が稼動を開始した。バトルギア4 Tunedが、バトルギアの最終作となることを当時のカタログで発表している。

なお、4Tunedの発売から約8年が経過した2014年現在の地点でも、過去作とは違い家庭用ゲーム機への移植の動きは無い。

概要[編集]

筐体[編集]

バトルギア4の筐体はスタンダード筐体のみ、バトルギア4 Tunedの筐体はスタンダード筐体プロフェッショナル筐体の2種類が存在する。両筐体ともTAITO Type X+を採用しており、音声システムも5.1chサラウンドシステムを採用している。実車をイメージした筐体にはロールバーがあしらわれているのが特徴である。スタンダード筐体ではモニター右横、プロフェッショナル筐体ではコイン返却口横にキーベンダーが配置されているが、コイン投入口はゲームプレイ用とキー購入用とで分かれているため注意が必要である。

スタンダード筐体のコクピット部分は位置調節が可能なシート、フィードバック付きステアリングアクセルペダルブレーキペダルシフトレバーサイドブレーキレバー、スタートボタン、視点切替ボタン、ハザードボタン及びキー差込口という前作の装備に加え、左のシフトレバーの奥にオーバーテイクスイッチ(別名ステキスイッチ、略称素敵と呼ばれる)が追加されている。このスイッチはノーマルカーでは機能せず、エンジンのチューニングレベルが3以上であるか、セッティングセレクト画面でチューンドもしくは特別仕様車を選択することにより使用可能になる。このスイッチを押下すると自然吸気エンジンではナイトラスシステムターボエンジンではスクランブルブーストとして使用でき、一定時間エンジンの出力が上がる。[1]

プロフェッショナル筐体は前述のスタンダード筐体と比較して、クラッチペダルの追加、6速Hパターンシフトレバーの採用、ステアリングのロック・トゥ・ロックの増大、サイドブレーキレバーの位置変更、画面及びスピーカーの大型化などの改良が施されている。クラッチ、Hパターンシフトの採用により実車さながらのシフトチェンジを楽しめるようになった。(ただし、半クラッチは省略されている。)また、画質もスタンダードよりも良い。[2]しかし筐体本体の価格が極めて高価な為、稼働当初において全国規模で数えてもわずか10台ほどしか稼働していない一方で海外市場に多数輸出されていることから、実質海外向けに製造された筐体ともいえる。

ネットワークエントリーシステム[編集]

今作も前作バトルギア3同様ネットワークエントリーシステムNESYS(ネシス)を通じて全国のプレイヤーとタイムを競い合うことが出来る。バトルギア4ではNESYSのユーザー認証にネットエントリーキーと呼ばれる、実車のイグニッションキーを模したドングルを使用する。ネットエントリーキーの価格は店舗にもよるが通常500円で、筐体に設置されたキーベンダーで購入できる。今作からはエントリーキーを使用してプレイするごとに、成績に応じてBG(バトルゴールド)というポイントが付与され、このBGを対価とすることで車のチューニングが出来るようになった。その内容はエンジンスワップサスペンションの調整などもできるといった本格仕様である。

クラス別登場車種[編集]

2006年12月現在、以下の30車種(Tunedでは53車種)が使用可能である。これらの車種は排気量馬力トルク、車重等から導き出された走行性能によりクラス分けされている。Tunedのみで使用可能な車種には*印を、特別仕様車が存在するものには※印を付した。また、チューニングでコンプリートエンジンが選べる車種は※2印を表記した。本作ではシリーズ初となる輸入車も設定されている。

Sクラス[編集]

A-DクラスをチューニングすることによってSクラスにすることが可能。チューンドクラスとしてタイムアタックやドリフトモードを行うことができる。また、エントリーキー無しのプレイでもセッティングで「ノーマル」以外を選択するとSクラス扱いとなる。

Aクラス[編集]

ノーマル状態で270~280馬力の車はほとんどこのクラスに入る。

  • Honda NSX type S (NA2)
  • Honda NSX type R (NA2)*
  • MAZDA RX-7 Type RS (FD3S)※
  • MITSUBISHI MOTORS LANCER Evolution IX GSR (CT9A)※
  • MITSUBISHI MOTORS LANCER Evolution IX MR GSR (CT9A)*
  • MITSUBISHI MOTORS LANCER GSR Evolution IV (CN9A)*
  • MITSUBISHI MOTORS LANCER GSR Evolution III (CE9A)*
  • NISSAN FAIRLADY Z Version ST (Z33)※
  • NISSAN SKYLINE GT-R (BNR32)*
  • NISSAN SKYLINE GT-R V-spec (BCNR33)*※
  • NISSAN SKYLINE GT-R V-specII (BNR34)※
  • SUBARU IMPREZA WRX STi spec C (GDB)※
  • SUBARU IMPREZA WRX STI spec C ['06] (GDB)*
  • SUBARU IMPREZA WRX type R STi Version VI (GC8)*
  • SUBARU LEGACY B4 2.0GT spec.B (BL5)
  • TOYOTA Supra RZ (JZA80)

計8車種(Tunedでは8車種追加、合計16車種)

Bクラス[編集]

ノーマル状態で200~255馬力の車。(アテンザ、S13シルビアのみ178馬力)

  • Honda ACCORD Euro-R (CL7)
  • Honda INTEGRA TYPE R (DC2)*
  • Honda INTEGRA TYPE R (DC5)
  • Honda S2000 (AP1)
  • MAZDA ATENZA 23Z (GG3S)
  • MAZDA SAVANNA RX-7 GT-X (FC3S)*
  • MAZDA RX-8 Type S (SE3P)
  • MITSUBISHI MOTORS FTO GP Version R (DE3A)*
  • NISSAN 180SX TYPE X (RPS13)*
  • NISSAN SILVIA K's(S13)*
  • NISSAN SILVIA spec-R AERO (S15)
  • RENAULT Lutecia RENAULT sport V6 (BL7X)
  • TOYOTA ALTEZZA RS200 L EDITION (SXE10)※
  • TOYOTA CELICA GT-FOUR (ST205)*
  • TOYOTA CELICA TRD Sports M (ZZT231)
  • TOYOTA MR2 GT (SW20)*
  • VOLKSWAGEN Golf GTI(1KAXX)*

計9車種(Tunedでは8車種追加、合計17車種)

Cクラス[編集]

ノーマルで130~180馬力の車。

計8車種(Tunedでは6車種追加、合計14車種)

Dクラス[編集]

ノーマルで80~115馬力の車。

計5車種(Tunedでは1車種追加、合計6車種)

特別仕様車[編集]

※印の車種はセッティングセレクトで特別仕様車を選択することで、専用カラーリング・専用セッティングのチューンドカーとして使用できる。走行性能は標準車のそれとは変化するためSクラス扱いとなるが、特別仕様車を選択するためにBGは必要としない。2006年12月現在、使用できる特別仕様車は以下の8車種。*印はTunedのみ。

  • MAZDA RX-7 Type RS A'PEXi仕様
  • MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX RALLIART仕様*
  • NISSAN FAIRLADY Z NISMO仕様
  • NISSAN FAIRLADY Z ORC仕様*
  • NISSAN SKYLINE GT-R R33 NISMO LM仕様*
  • NISSAN SKYLINE GT-R V-specⅡ R34 NISMO仕様
  • SUBARU IMPREZA spec C STi仕様*
  • TOYOTA ALTEZZA TRD仕様*

選択可能なモード[編集]

ノーマルレース[編集]

複数台のコンピューターカーと対戦できるモード。難易度は通常レベル1~10まである。 レベル10をクリアすると、クリアしたコースのみ、11、12と、順次レベルを上げる事が出来る。 (例えば初級コースでレベル10をクリアして、中級コースでレベル10をクリアしていない場合、初級コースではレベル11に進む事が出来るが、クリアしていない中級コースでは進めないようになっている。)

ワンメイクレース[編集]

ノーマルレースのワンメイク(自車と同一車種のみの出走)版。1人プレイ時のみ選択可能。

タイムアタック[編集]

前作同様、ゴーストと呼ばれる全国のプレイヤーの走行データとタイムを競い合うモード。1人プレイ時のみ選択可能。 ネットエントリーキーを使う事でネットランキングに自動参加できる。 ネットエントリーキーを使用しない場合、直前にその筐体でキーを使用せずにプレイされた記録の中から同クラスの車種のゴーストと競うことになる。

ドリフトモード[編集]

Tunedにて追加。ゴーストと勝負を行い、ドリフトポイントを競うモード。このモードは速さの指標である、「タイム」や「順位」は評価の対象にならず、コーナーの指定されたライン(ラインマーカーで示される)上にて、深いアングルのドリフトを持続させ、いかにドリフトポイントを稼ぐかが勝負である。ドリフトポイントは、コースの特定の区間(画面で明示される)でのみ計測される。最初の頃は走行コースは中級の3コースと弩級Bの計4コースしか選べなかったが、アップデートによりコースが追加され、6種類のコースで走れるようになった。

バトルモード[編集]

最大4人まで対戦可能なマルチプレイ専用モード。レースモード、バトルモード選択時にハザードボタンを押せば ノーマルレース時に掛かる先行車、後続車間のハンデが掛からない。

イベントレース[編集]

不定期に開催されるモード。コース、車種、セッティングなどに条件が設けられており、その条件に合致するネットエントリーキーを使用したプレイでのみ選択できる。1本のネットエントリーキーにつき一度だけ参加でき、その時の記録でランキングが行われる。当然ながら失敗した際の再挑戦は(複数のキーを使用しない限り)不可能であるため、腕の自信が必要である。[3]なお、イベントレース開催についての詳細は、バトルギア4の公式サイトに掲載される。

コース[編集]

登場するコースは以下の24コースである。カッコ内にモデルになったと思われる場所を記した。D印のコースはドリフトモード有り。*印のコースはTunedでのみ利用できるコース。

ガレージ[編集]

携帯電話又はパソコンからネット接続によりガレージを作成することでガレージを使用することが出来る。ネットエントリーキーで作成した車をチューニングするためにはガレージへの登録が必要である。

1つのガレージは1つのアカウントと対応しており、初期状態では1ガレージに3台(ネットエントリーキー3本)が登録できる。この登録枠はBGを使用することで最大60台分まで拡張が可能である。同一ガレージに登録された車はBGを共有しており、BGを獲得した車両とBGを消費する車両は同一である必要は無い。

また、ガレージエクステンションと呼ばれる有料機能が用意されており、これによりメッセージの作成、オリジナルステッカーの作成[5]、チームの運営、ライバルの募集、記録の詳細な分析などが可能となる。

チューニングパーツ[編集]

チューニングできるパーツと必要BGは以下の通りである。なお、Tunedのみで使用可能なパーツも存在する。段階購入の物は、初期はレベル1しか購入できず、レベル1を購入するとレベル2、レベル2を購入するとレベル3が購入可能というように、順次購入する必要があり、一気に上位パーツを購入することはできない。また本作ではエンジン等パワーアップ系のパーツを最初に購入・装着すると加速性能が大幅にダウンするという弊害が現れる仕様にされており、適当にパーツを装着してはマシン性能に何らかの影響を及ぼす恐れがあるため注意が必要である。足回り系→ボディ・駆動系→エンジン・マフラー&冷却系の順番でチューニングしていくことが望ましい。

  • ブレーキ
    • ブレーキタイプ(ノーマル+3種類 段階購入)
  ブレーキ・制動力UPレベル1        50,000 BG
  ブレーキ・制動力UPレベル2       150,000 BG
  ブレーキ・制動力UPレベル3       250,000 BG
  • タイヤ
    • タイヤタイプ(ノーマル+6種類)
  スポーツ・ラジアルタイヤ          90,000 BG
  ハイグレード・ラジアルタイヤ       130,000 BG
  サーキットタイヤ・ハード         250,000 BG
  サーキットタイヤ・ミディアム       250,000 BG
  サーキットタイヤ・ソフト         250,000 BG
  ドリフトタイヤ               50,000 BG
    • インチアップ(ノーマル+1種類 ドレスアップのホイールタイプの標準のホイール以外と組み合わせる必要がある)
  インチアップ+ワイド化           40,000 BG
  フロントスタビライザー・ハード       
  フロントスタビライザー・スーパーハード   各種60,000 BG
  フロントスタビライザー・ウルトラハード   
  リアスタビライザー・ハード         
  リアスタビライザー・スーパーハード     各種60,000 BG
  リアスタビライザー・ウルトラハード     
  ローダウンサスと強化ショック        50,000 BG
  ストリート車高調キット          150,000 BG
  レーシング車高調キット          300,000 BG
  ラリー車高調キット            350,000 BG
  • ボディ
    • 軽量化&剛性UP(ノーマル+3種類 段階購入)
  ボディ・レベル1              80,000 BG
  ボディ・レベル2             120,000 BG
  ボディ・レベル3             200,000 BG
  • 駆動系
    • ギアボックス交換(一部の車種のみ 複数用意されている車種もある 一部ギアボックスはTunedのみで使用可能)
  オプションギアボックス          各種280,000 BG
    • ファイナルギア(ノーマル+3種類 TunedのみSUPER HIGHを含む4種類)
  LOW                  100,000 BG
  SUPER LOW            120,000 BG 
  HIGH                 120,000 BG 
  SUPER HIGH           120,000 BG
    • ドライブトレイン(ノーマル+3種類 段階購入)
  ドライブトレイン強化・レベル1      100,000 BG
  ドライブトレイン強化・レベル2      150,000 BG
  ドライブトレイン強化・レベル3      200,000 BG
  ストリート1               100,000 BG
  ストリート2               100,000 BG
  レーシング1               120,000 BG
  レーシング2              120,000 BG
  ラリー                  120,000 BG 
    • サイドパーツ(ノーマル+5種類)
  ストリート1                60,000 BG
  ストリート2                60,000 BG
  レーシング1                80,000 BG
  レーシング2                80,000 BG
  ラリー                   80,000 BG 
  ストリート1               100,000 BG
  ストリート2               100,000 BG
  レーシング1               120,000 BG
  レーシング2               120,000 BG
  ラリー                  120,000 BG 
    • ボンネット(ノーマル+5種類)
  ストリート1                80,000 BG
  ストリート2                80,000 BG
  レーシング1               110,000 BG
  レーシング2               110,000 BG
  ラリー                  110,000 BG 
  ストリート1                
  ストリート2                
  レーシング1                各種30,000 BG
  レーシング2                
  ラリー                   
    • ウイング(ノーマル+5種類 一部のノーマルでウイング付き車種のみウィングなしを含み6種類 一部上位パーツはダウンフォースのアジャスメント可)
  なし                    20,000 BG
  ストリート1               100,000 BG
  ストリート2               100,000 BG
  レーシング1               140,000 BG
  レーシング2               140,000 BG
  ラリー                  140,000 BG 
    • ルーフ(一部の車種のみ 複数用意されている車種もある)
  ルーフ                  各種200,000 BG
  • エンジン
    • エンジンタイプ(一部車種のみ 複数用意されている車種もある 過給器付き、上位グレード用、コンプリート等 コンプリートエンジンのパワーアップパーツはノーマルのみだが、その状態で既にエンジンがフルチューン済み 一部エンジンはTunedのみで使用可能)
  オプションエンジン            各種800,000 BG
    • パワーアップパーツ(ノーマル+4種類 段階購入 複数エンジンが用意されている場合、各エンジンごとに個別に装着する必要がある エンジンレベル3以上でNAエンジンならナイトラシステム、ターボエンジンならスクランブルブーストが使用できる ターボエンジンはチューニングレベル1以上でバルブ音の変更とブースト圧のアジャスメントが可能)
  チューニングレベル1           150,000 BG
  チューニングレベル2           250,000 BG
  チューニングレベル3           400,000 BG
  チューニングレベル4           600,000 BG
  • エンジン冷却系
    • 冷却効率アップ(ノーマル+3種類 段階購入)
  冷却力UPレベル1             100,000 BG
  冷却力UPレベル2             100,000 BG
  冷却力UPレベル3             150,000 BG3
  • マフラー
    • マフラータイプ(ノーマル+5種類)
  ストリート                 60,000 BG 
  スポーツ1                100,000 BG
  スポーツ2                100,000 BG
  レーシング1               120,000 BG
  レーシング2               120,000 BG

チューニングのセッティング枠は初期は1つしか保存できないが、必要BGを消費することで最大6つまで増やすことができる。セッティング枠の追加に必要なBGは以下の通りである。

  セッティング枠2つ目           100,000 BG
  セッティング枠3つ目           200,000 BG
  セッティング枠4つ目           300,000 BG
  セッティング枠5つ目           400,000 BG
  セッティング枠6つ目           500,000 BG

ドレスアップパーツ[編集]

ドレスアップパーツは装備しても車や運転席の見た目が変わるだけであり、走行性能には直接影響しない。ドレスアップはセッティング枠やノーマル、チューンドクラスに関係なく、すべてのモードに反映される。装着できるパーツと必要BGは以下の通りである。外部装飾品のホイールカラーおよびリムカラーとチューニングパーツのインチアップ+ワイド化はホイールタイプで標準のホイール以外を装着していないと変更できない。なお、内部装飾系それぞれに用意されているパーツの違いは色のみである。1が白地に青文字、2が黒地にオレンジ文字、3が白地に緑文字、4が黒地に赤文字となっている。

  • 内部装飾品
    • 水温計(ノーマル+4種類)
  水温計1                  
  水温計2                  
  水温計3                  各種50,000 BG
  水温計4                  
    • 油温計(ノーマル+4種類)
  油温計1                  
  油温計2                  
  油温計3                  各種50,000 BG
  油温計4                  
    • 油圧計(ノーマル+4種類)
  油圧計1                  
  油圧計2                  
  油圧計3                  各種40,000 BG
  油圧計4                  
  タコメーター1               
  タコメーター2               
  タコメーター3               各種90,000 BG
  タコメーター4               
    • ブースト計(ノーマル+4種類、S/C車でも使える。ターボ、S/Cが無い場合、ブーストメーターの指針は0以上に上がらない)
  ブースト計1                
  ブースト計2                
  ブースト計3                各種60,000 BG
  ブースト計4                
    • 時計(ノーマル+4種類 実際の時間に連動)
  時計1                   
  時計2                   
  時計3                   各種20,000 BG
  時計4                   
  • 外部装飾品
    • ボディカラー(カタログカラーは初期からすべて所持 BG4オリジナルカラーは車種によって用意されている色、および色数は異なる)
  BG4オリジナルボディカラー       各種250,000 BG
    • ウインドウカラー(ノーマル+3種類)
  ブロンズ                 
  ブラック                 各種180,000 BG
  ダークブルー               
    • ライトカラー(ノーマル+3種類)
  ホワイト                 
  ブルー                  各種160,000 BG
  バイオレット               
    • マッドフラップ(各色用意されている車種もある)
  マッドフラップ               各種20,000 BG
    • アクセサリ(アイライン、ヘッドライトカバー、リアライトカバー、ヘッドライトテーピング、フック、オーバーフェンダー、ベンチレーター、アンテナ、エアインテーク、サイドエアインテーク、フーエルリッドカバー、フロントグリル、エアダクト、ダミーインダクションポッド、エンジンフード、リアガーニッシュ、フーエルリッドガーニッシュ、クォーターウインドウガーニッシュ、ダミーカメラ、ドアモールディング、ボルテックスジェネレーター、ルーフキャリアー、タイトーデコレーションなど 車種によって用意されているアクセサリは異なる 複数用意されている車種もある)
  アクセサリ                各種130,000 BG
  5×1ストリート             
  5×1ラリー               
  6×1GT                
  7×1レーシング             
  7×1ラリー               各種160,000 BG
  6×2レーシング             
  6×2GT                
  8×1プレミアム             
  10×2ストリート            
  16×1ストリート            
  5×1プレミアム             
    • ホイールカラー(16種類 ホイールタイプの標準のホイール以外と組み合わせる必要がある また、このパーツのみ初期からすべてのカラーを所持している)
    • リムカラー(ノーマル+7種類 ホイールタイプの標準のホイール以外と組み合わせる必要がある)
  レッド                   
  ブルー                   
  イエロー                  
  シルバー                  各種40,000 BG
  ゴールド                  
  ネイビー                  
  ダークシルバー              

脚注[編集]

  1. ^ Tunedからはモーションブラーがかかるようになった。
  2. ^ 解像度の上昇により、3Dモデルやメーターの粗が目立つ事もある。
  3. ^ 但し、「バトギ夏の陣!」のみ期間中何度でも参加可能となっていた。
  4. ^ チューンドで追加された最終減速比「SuperHigh」はこのコースの為だと思われる。
  5. ^ 著作権に触れるもの(痛車等)、不適切な表現が含まれたもの(性的・暴力的な内容、特定人物・団体への侮辱名誉毀損)は削除され、当分機能が停止される。代わりに「ペナルティ期間中」と書かれた何とも恥ずかしいステッカーを貼られてしまう。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]