バトラーズ・ウォーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バトラーズ・ウォーフの夜景

バトラーズ・ウォーフ (Butler's Wharf)はロンドンテムズ川南岸、タワーブリッジ東側にあるビル群である。以前は倉庫街が広がっていたが、テレンス・コンランが尽力した1980年代の再開発以降は隣接するタワーブリッジの人気と相俟って、レストラン街や高級ペントハウス街とショッピングストリートを備えた観光地となっている。ロンドン・デザイン博物館 (Design Museum)もこのバトラーズ・ウォーフにある。

周辺[編集]

バトラーズ・ウォーフ周辺はテムズ川観光の中心地である。バトラーズ・ウォーフから西は遊歩道が整備されており、ロンドン市庁舎やヘイズ・ガレリア (Hay's Galleria)、テート・モダンミレニアム・ブリッジがある。またバトラーズ・ウォーフの対岸はセント・キャサリン・ドッグ (St Katharine Docks)とロンドン塔でこちらもロンドンの主要観光地である。

沿革[編集]

  • 1873年 テムズ側沿岸最大の倉庫街として建設される
  • 1972年 倉庫街としての役目を終え、放置される
  • 1970年代中盤 デレク・ジャーマンなどの芸術家が倉庫街を利用する
  • 1980年代中盤 再開発が行われ、テレンス・コンランがレストランを出店
  • 1997年 トニー・ブレア英国首相とクリントンアメリカ合衆国大統領夫妻がバトラーズ・ウォーフで会食[1]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ London SE1 http://www.london-se1.co.uk/areas/butlers.html

外部リンク[編集]

建築マップ -Warehouses- http://homepage2.nifty.com/tskigawa/CRARCHLD1.htm

座標: 北緯51度30分13秒 西経0度04分27秒 / 北緯51.50361度 西経0.07417度 / 51.50361; -0.07417