バトゥール山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バトゥール山
西側外輪山から望む
西側外輪山から望む
標高 1,717 m
所在地 インドネシアの旗 インドネシア
バリ州バンリ県
位置 南緯8度14分31.2秒
東経115度22分30.0秒
座標: 南緯8度14分31.2秒 東経115度22分30.0秒
バトゥール山の位置(バリ島内)
バトゥール山
バトゥール山
バトゥール山の位置(バリ島
バトゥール山の位置(インドネシア内)
バトゥール山
バトゥール山
バトゥール山の位置(インドネシア
テンプレートを表示
バトゥール山と湖

バトゥール山インドネシア語: Gunung Batur)は、インドネシア共和国バリ島北東部、バリ州バンリ県キンタマーニ郡活火山である。1917年1926年噴火を起こしている。

概要[編集]

バトゥール山はキンタマーニ高原の中心であり、その山頂の標高は1717m。火山岩で覆われたこの山の広大な火口原には、火口湖バトゥール湖をたたえ。火口原の外側に外輪山を持ち、外輪山東部のアバン山は、標高が2,151mでバトゥール山よりも高い。外輪山西部にプヌリサン山が存在する。

なお、西側外輪山の尾根づたいとバトゥール湖湖畔には観光施設が設けられている。

関連項目[編集]