バッファ理論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バッファ理論Buffer Theory)は、1950年代後半西ドイツフランスなど欧州諸国で実施された移住政策。マーシャルプランによる第二次世界大戦後の経済回復により、南地中海域、北アフリカからの移民を受け入れ。

ドイツ[編集]

  • 西ドイツでは若年男子が一人で経済移民として移住、概して労働環境及び賃金が国民より高くない状況で就業、1970年代まで続いた。
  • 1974年、西ドイツ政府は以降の経済移住者受け入れを停止。既にいた経済移住者の帰国を提案。
  • 1970-1980年代トルコ移民による家族再統合(Family reunification

関連項目[編集]


参照[編集]