バット・プラチャーチョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バット・プラチャーチョンとはタイ身分証明書のことである。

一般にバット・プラチャーチョン(直訳:市民カード)の呼称で知られ、正式名称としてバット・プラチャムトゥワバットプラチャーチョン(直訳:携行市民カード、บัตรประจำตัวบัตรประชาชน)と呼ばれるカードは、内務省 (タイ)が15歳以上のタイ国民に対して発行する身分証明書。

日本語においては「IDカード」という訳語が一般的に使われるが、この語はタイ語の訳語ではなく、きわめて一般性の高い語であるためこの項目では項目名としては採用しない。

カード[編集]

緑がかった水色のテレカサイズの物である。以前は紙製であったが、2005年の時点でもっとも流布している形式はプラスティック製。表面には偽造防止のためホログラムが張ってある。

2003年以降、新規交付および再交付に対してICカード型の物が交付されており、将来的にはこれに運転免許証健康保険証クレジットカード機能、ATM機能などを組み込むとしている。

性格[編集]

日本における住基カードの様に国民の便利を向上させるために成立したものではなく、タイ人かそうでないかを官吏が判断するためのものと言う性格が強いため、建前上、半ば国民の義務としての性格を持つ。このため、バット・プラチャーチョンは強制的に発行され、かつ国民は常に携帯する義務を持っており、警察等の要求に対して、バット・プラチャーチョンを提示できない場合は警察はその人の身柄を拘束することもできる(僧侶以外)。

なお、永住権を持っている外国人に対してはタイ国に居る権利があるかどうかの判断のため、同様のカードが配給される。僧侶に関しては、宗教局から証明書が発行され、出家時はそれがバット・プラチャーチョンの代わりとなる。

バット・プラチャーチョンの提示に関してであるが、外国人には正当にタイに滞在しているかの判断のためパスポートの携帯が義務づけられている(公的には、コピーは証明とならないとされている)。ただし、非永住ビザを持っていないと発行されないようなタイの公的機関が発行する身分証明書(運転免許証、就労許可証等)を携帯して居れば問題ないとされている。つまり、これらのどれかを携帯していれば警察等から身柄を拘束されない。

上記の外国人のパスポート携帯義務はタイ人のバット・プラチャーチョンの携帯義務を置き換えたものであり、警察を中心にこの考え型が主流であるが、法的に根拠がないという指摘もある。ただ、バット・プラチャーチョンやパスポートの確認は主に国境付近などで行われ、大都市ではあまり行われない上、警察側でも徹底していないため、パスポートのコピーなどで黙認されることもあり、この問題はうやむやなままで終わっている。

一般の反応[編集]

国の便利のために作られたカードではあるが、実際には、大きな契約からレンタルビデオ屋の会員登録に至るまで多数の場面で身分証明書として使われ、むしろ一般生活に対する役割が大きい。

15歳になると与えられ、それと同時に称号が(一般人であるなら)デックチャーイからナーイに(男の場合)、デックインからナーンサーオ(女の場合)に変わり、それから後、ある程度の法的行為も認められるようになることから、バット・プラチャーチョンのはじめての交付を一種の「通過儀礼」ととらえられる向きもある。

タイ人にのみ与えられることから、タイ人はバット・プラチャーチョンを保有していることにタイ人としてのアイデンティティーを見いだすことがある。例として、市井の言葉ではあるが「バット・プラチャーチョンを持っている」「バット・プラチャーチョンをもらう」と言う言い回しはそれぞれ「タイ人である」「タイ人に帰化する」という慣用句として使われているなどが、ある。

関連項目[編集]