バット★21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バット★21
Bat*21
監督 ピーター・マークル
脚本 ウィリアム・チャールズ・アンダーソン
ジョージ・ゴードン
原作 ウィリアム・チャールズ・アンダーソン
製作 マイケル・バルソン
デヴィッド・フィッシャー
ゲイリー・A・ニール
製作総指揮 ジェリー・リード
出演者 ジーン・ハックマン
ダニー・グローヴァー
音楽 クリストファー・ヤング
撮影 マーク・アーウィン
編集 スティーヴン・E・リフキン
製作会社 トライスター・ピクチャーズ
配給 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年10月21日
日本の旗 1989年3月25日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗$3,184,348[1]
テンプレートを表示

バット★21』(原題:Bat*21)は、1988年制作のアメリカ合衆国の映画

ベトナム戦争中、実際に起きた遭難米兵の救出作戦(Rescue of Bat 21 Bravo)をまとめたウィリアム・チャールズ・アンダーソンノンフィクションの映画化。

あらすじ[編集]

1972年3月アメリカ空軍爆撃機EB-66が敵の攻撃を受け墜落、生存者は“バット21”のコードネームで呼ばれるアイシール・ハンブルトン中佐のみ。

米軍は彼の救出作戦を決行しようとするが、敵の攻撃に阻まれ思うように進まない。しかも明朝にはその地域一帯に大規模な一斉攻撃がかけられるというのだ。

そんな中、航空管制官のクラーク大尉は無線でハンブルトンを励まし続け、2人の間には厚い友情が芽生えてくる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
VHS版 TBS
アイシール・ハンブルトン中佐 ジーン・ハックマン 黒沢良
バーソロミュー・クラーク大尉 ダニー・グローヴァー 池田勝 樋浦勉
ジョージ・ウォーカー大佐 ジェリー・リード 山内雅人 小林清志
ロス・カーヴァー デヴィッド・マーシャル・グラント 安原義人 小室正幸
ハーリー・ランボー軍曹 クレイトン・ローナー 中尾隆聖
ジェイク・スコット少佐 エリック・アンダーソン 小室正幸
ダグラス大佐 ジョー・ドーシー 中庸助

脚注[編集]

外部リンク[編集]