バッテリー式電動輸送機器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ELCIDIS商品配達サービスのシトロエン・ベルランゴ・エレクトリック・バン。フランスのラ・ロシェル

バッテリー式電動輸送機器(バッテリーしきでんどうゆそうきき、Battery Electric Vehicle; BEV)は、電動輸送機器(EV)の一種であり、二次電池パックに蓄えられた化学的エネルギーを使用する。

他の電動輸送機器のように、BEVは内燃機関(ICE)の代わりに電動機モーターコントローラーを使用して推進する。

完全電動輸送機器はBEVとして言及されることがある(しかしまたプラグインハイブリッドもバッテリー式電動輸送機器である)。


完全電動とハイブリッド電動の輸送機器[編集]

電動機と内燃機関の両方を使用した輸送機器は、例えばハイブリッド式電動輸送機器英語版であり、またそれはcharge-sustainingモードで動作するため、純正(もしくは完全)EVとは見なされない。

  • 通常のハイブリッド式電動輸送機器は、外部からの充電ができない。
  • 内燃機関パワーとガソリン燃料から部分的または全体的に転換するための外部充電バッテリーを装備したハイブリッド式輸送機器は、プラグインハイブリッド式電動輸送機器(PHEV)と呼ばれ、またそれはcharge-depletingモードの間はBEVである。

完全な電動とプラグインハイブリッドはoff-vehicle charge capable (“OVCC” または pluginable)であり、それが意味するのは、輸送機器が駆動している間、それらのバッテリーは、輸送機器に接続または連結できないoff-vehicleの電気エネルギー源から充電が可能ということである[1](したがって、それは自律的である)。

各輸送機器[編集]

バッテリー式電動輸送機器の概念は、輸送機器が推進するために搭載されたバッテリー(electric vehicle battery)を、送電網を利用して充電することである。

バッテリー式電気自動車は新しいバッテリーテクノロジー(リチウムイオン)の発達に伴いますます人々の興味を喚起し、そのバッテリーテクノロジーはよりハイパワーで高いエネルギー密度(換言すると、より少量のバッテリーで、より大きな加速が可能であり、より広範囲である)を持ち、石油より高価である。[2]

BEVは自動車ライトトラックネイバーフッド・エレクトリック・ビークルなどを含む。

イングランドSt Helensのバッテリー式電動小型バス
Dairy Crest SmithのElizabethan milk float

電気バス[編集]

トラック[編集]

  • Drive Star[13]
  • セミトレーラートラック[14]
  • 電動トラクター: 1990年代以降に製造されている。[15][16][17]
  • 牛乳配達車(ミルクフロート、milk float[18]
  • ごみ収集トラック[19][20]
  • ピックアップトラック[21][22]

電気自動車[編集]

電気自動車(electric car)には、電動機で推進(ground propulsion)するプラグインのバッテリー電力による自動車(バッテリー式電気自動車、battery electric car)がある。

電気自動車はたいてい良好な加速をし、一般的に許容できるトップスピードになるが、炭素ベースの燃料に比べ、2010年に利用できるバッテリー生産による低い比エネルギーspecific energy)とは、電気自動車が車両質量のかなり大きな部分であるバッテリーを必要とすることを意味する。しかし概ねまだ相対的に充電の範囲は不足している。充電はまだ相当な時間がかかりうる。遠方への移動であるよりは、より近距離の通勤型の移動のために、電気自動車は実用的な交通手段であり、また夜の間に安価で充電できる。東京のようないくつかの試験的都市を通じてバッテリー交換ステーションのインフラストラクチャーを設置することで、より遠方への移動オプションは現在遂行されている。[23]

電気自動車はゼロ排気管排気により都市汚染を著しく削減する潜在性がある。[24][25][26] 輸送機器の温室効果ガス抑制はどのように発電されるかによる。現在のアメリカ合衆国のエネルギー構成(発電)では、電気自動車の利用は二酸化炭素排出量の30%を削減することになるであろうということである。[27][28][29][30] 他の国々の現在のエネルギー構成であれば、その排出量はイギリスで40%[31]、中国で19%[32]、ドイツでわずかに1%減少するであろうと予測されている。[33][34]

電気自動車は自動車産業への大きなインパクトが予期され[35][36]都市の汚染に対して有効であり、石油依存を減らし、ガソリン価格の上昇が予測されている。[37][38][39] 世界の各政府は電動輸送機器とその構成部品の開発の資金供給に何十億ドルもの約束をしている。アメリカ合衆国は電気自動車とバッテリー向けの連邦補助金にUS$24億を約束した。[40] 中国は電気自動車産業の開始にUS$150億を供給すると公表した。[41] 日産CEOカルロス・ゴーンは2020年までに世界中で10台の自動車のうち1台はバッテリー電力だけで走行すると予測している。[42] 加えて最近のあるレポートは2020年までに電気自動車と他の「グリーン」自動車が世界の自動車販売総数の3分の1を占めると主張している。[43]

鉄道[編集]

機関車[編集]

電動式の鉄道用トロリー[編集]

エレクトラソン[編集]

二輪[編集]

電動のオートバイとスクーター[編集]

電動アシスト自転車[編集]

テクノロジー[編集]

モーター[編集]

電気自動車は伝統的に直流整流子電動機(brushed DC electric motor)の一形式である直流直巻電動機(series wound DC motors)を使用してきた。最近の電動輸送機器は様々な交流電動機(AC motor)のタイプを使用し、これらはより簡単に製造でき、損傷しうるブラシ放電がない。通常これらは誘導電動機(induction motor)またはブラシレス交流電動機(brushless AC electric motor)であり、永久磁石を使用している。より簡単な駆動構成もしくはまたより低コストを提供する永久磁石電動機には、無整流子電動機(brushless DC electric motor)を含め、いくつかのバリエーションがある。

モーターコントローラー[編集]

モーターコントローラーはモーターへの電力を調整し、DCまたはACのモーターのタイプに応じてvariable pulse width DCまたはvariable frequency variable amplitude ACを供給する。

バッテリー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.arb.ca.gov/msprog/zevprog/hevtest/071608aftermarketpartsdraftrev.pdf
  2. ^ ,2008
  3. ^ Downtown Electric Shuttle. 2008年8月18日閲覧。
  4. ^ Success Stories. 2008年8月18日閲覧。
  5. ^ Solectria Develops an All Electric Version of the Blue Bird TC2000. 2008年8月18日閲覧。
  6. ^ Electric School Bus. 2008年8月18日閲覧。
  7. ^ UNDP donates electric buses to Beijing Olympic Games. 2008年8月15日閲覧。
  8. ^ BIT Attends the Delivery Ceremony of the 2008 Olympic Games Alternative Fuel Vehicles with its Pure Electric Bus. 2008年8月15日閲覧。
  9. ^ Thunder Sky website
  10. ^ Valence Technology to Provide Lithium Phosphate Battery Packs to The Tanfield Group
  11. ^ Designline
  12. ^ All-Electric, Solar-Powered, Free Bus!!!
  13. ^ http://www.calcars.org/calcars-news/1103.html
  14. ^ Theresa Adams Lopez (2008年). “Electric Truck Demonstration Project Fact Sheet (PDF)”. Port of Los Angeles. 2009年1月4日閲覧。
  15. ^ Electric tractors
  16. ^ Steve Heckeroth's tractors
  17. ^ Yanmar tractor conversion
  18. ^ Escaping Lock-in: the Case of the Electric Vehicle
  19. ^ Electric Drive Garbage Trucks in Beijing
  20. ^ Advanced Battery Technologies, Inc. Signs Contract to Supply PLI Battery Cells for Electric Sanitation Trucks for 2008 Olympics
  21. ^ Miles Electric Vehicles”. Miles Electric Vehicles. 2010年11月29日閲覧。
  22. ^ www.electrux.net
  23. ^ Better Places debuts EV fleet of taxis and opening of battery swap stations”. ベタープレイス. 2010年6月28日閲覧。
  24. ^ Should Pollution Factor Into Electric Car Rollout Plans?”. Earth2tech (2010年3月17日). 2010年4月18日閲覧。
  25. ^ Electro Automotive: FAQ on Electric Car Efficiency & Pollution”. Electroauto.com. 2010年4月18日閲覧。
  26. ^ http://www.cleanairnet.org/baq2003/1496/articles-58076_resource_1.doc
  27. ^ Plug-in Hybrid Cars: Chart of CO2 Emissions Ranked by Power Source”. TreeHugger. 2010年4月18日閲覧。
  28. ^ D:\MYDOCS\WPDOCS\1605B\EFACTO~1.WPD (PDF)”. 2010年7月16日閲覧。
  29. ^ Electric Power Monthly - Table 1.1. Net Generation by Energy Source”. U.S. Energy Information Administration. 2010年4月18日閲覧。
  30. ^ en:United_States_emission_standards#Electricity_generation
  31. ^ Less CO2”. My Electric Car. 2010年4月18日閲覧。
  32. ^ http://www.mckinsey.com/locations/greaterchina/mckonchina/pdfs/China_Charges_Up.pdf
  33. ^ ...この研究で分析された4台の電気輸送機器はおよそ 1.7倍未満の一次エネルギーを消費し、トヨタ・プリウスのCO2の半分未満の生成をする... http://www.going-electric.org/docs/studies/CO2-energy-electric-vehicles.pdf
  34. ^ Palm, Erik (2009年5月1日). “Study: Electric cars not as green as you think | Green Tech - CNET News”. CNET. 2010年4月18日閲覧。
  35. ^ Ford says auto future hinges on electric car | freep.com | Detroit Free Press”. Detroit Free Press. 2010年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月18日閲覧。
  36. ^ By Martin LaMonica (2009年2月2日). “Plotting the long road to one million electric cars”. CNN. http://www.cnn.com/2009/TECH/02/02/electric.vehicles/index.html 2010年4月18日閲覧。 
  37. ^ Terry Macalister (2010年4月11日). “US military warns oil output may dip causing massive shortages by 2015 | Business”. London: ガーディアン. http://www.guardian.co.uk/business/2010/apr/11/peak-oil-production-supply 2010年4月18日閲覧。 
  38. ^ Terry Macalister (2010年2月7日). “Branson warns of oil crunch within five years | Business”. London: ガーディアン. http://www.guardian.co.uk/business/2010/feb/07/branson-warns-peak-oil-close 2010年4月18日閲覧。 
  39. ^ Loveday, Eric (2010年6月8日). “ALG predicts gas at $4.13 by 2013; residual values for compacts, hybrids to climb — Autoblog Green”. Autoblog. 2010年7月16日閲覧。
  40. ^ “Obama pushes electric cars, battery power this week”. USAトゥデイ. (2010年7月14日). http://content.usatoday.com/communities/driveon/post/2010/07/obama-pushes-electric-cars-battery-power-this-week-/1 
  41. ^ Freidman OpEd: China's 'Moon Shot' Versus America's”. 2010年11月29日閲覧。
  42. ^ / Reports - Electric and hybrid: Sales feed off hype and subsidy”. フィナンシャル・タイムズ (2010年10月1日). 2010年10月15日閲覧。
  43. ^ Electric Vehicles to represent a third of global sales by 2020: Deloitte”. 2010年11月29日閲覧。

外部リンク[編集]