バッタ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バッタ科 Acrididae
ヒメバッタのメス
ヒメバッタのメス (Omocestus rufipes
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: バッタ目(直翅目) Orthoptera
亜目 : バッタ亜目(雑弁亜目) Caelifera
下目 : バッタ下目 Acrididea
上科 : バッタ上科 Acridoidea
: バッタ科 Acrididae
学名
Acrididae MacLeay, 1819
和名
バッタ科
亜科

バッタ科(バッタか、Acrididae)は昆虫綱バッタ目バッタ亜目の下にあるであり、1万余りが知られている。バッタ目の中でも中心を占める科である。群生して蝗害をもたらすバッタの全てがバッタ科に属する(ただし、全てのバッタ科が群生行動するわけではない)。バッタ科のバッタは比較的短くて太い触角を持ち、鼓膜 (Tympanal organが腹部の両脇にある。

トノサマバッタ亜科 (Oedipodinaeは、Acrididae超科の下として、独立した科として扱われることもある。

亜科と属[編集]

属するは多く、ITIS "Catalogue of Life: 2008 Annual Checklist"には1376属が登録されている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]