バッシング (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バッシング
監督 小林政広
脚本 小林政広
製作 小林政広、岡村直子
出演者 占部房子
田中隆三
大塚寧々
香川照之
主題歌 林ヒロシ「寒かったころ」
撮影 斉藤幸一
編集 金子尚樹
配給 バイオタイド
公開 フランスの旗 2005年5月12日CIFF
日本の旗 2006年6月3日
上映時間 82分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

バッシング』 は、小林政広監督の2005年の映画占部房子主演。イラク日本人人質事件をモチーフに製作された。

第58回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映された。

ストーリー[編集]

中東の某国で武装グループに人質にされた後、解放された主人公の女性である高井有子が、帰国後、北海道のとある海辺の町で暮らす家族ともどもマスコミや周囲から激しい国民的なバッシングに遭う。そのため、高井有子の父である高井孝司は、30年間勤務し続けた工場から退職するよう強いられた。そのため、父である高井孝司は退職後自宅で昼から大量の酒を飲むようになり、高井有子が激しい国民的批判を受け続けていることへの強いストレスのため、ある日マンションベランダから飛び降りて自殺した。そして、高井有子に寄り添ってきた母の高井典子は、父の自殺によって高井有子に対して業を煮やし、父である高井孝司の葬儀の後に「あの人を返してよ!」と繰り返し訴えた。しかしながら、それでも高井有子は中東への渡航の意思を変えることなく中東へ渡航した。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]