バック・クレイトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Buck Clayton
BuckClayton.jpg
基本情報
出生 1911年11月12日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カンザス州パーソンズ
死没 1911年11月12日(満-81歳没)
ジャンル スウィング
メインストリーム・ジャズ
職業 トランペッター
担当楽器 トランペット

{{{Influences}}}

バック・クレイトンBuck Clayton、本名 Wilbur Dorsey Clayton1911年11月12日 - 1991年12月8日)はアメリカカンザス州パーソンズ出身のジャズトランペット奏者。

特にカウント・ベイシー在籍(1936-1943)の時代は、全音域で抜けの良い音と、渋さを出したフレーズで「スウィング期最高の知的なトランペット奏者」と称された。実際には中間派のスタイルと言われ、あらゆるジャズの演奏をこなす。数々のコンボにも参加している。

映画『ベニー・グッドマン物語』に出演した。

1964年、エディ・コンドン・オールスターズで来日公演した。

共演者[編集]


参考文献[編集]

  • 『JAZZトランペット』 ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2001年、68-69頁。ISBN 491555709X