バチバチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バチバチ
ジャンル 相撲漫画
漫画:バチバチ
作者 佐藤タカヒロ
出版社 秋田書店
掲載誌 週刊少年チャンピオン
レーベル 少年チャンピオン・コミックス
発表期間 2009年24号 - 2012年19号
巻数 全16巻
話数 全141話
漫画:バチバチ BURST
作者 佐藤タカヒロ
出版社 秋田書店
掲載誌 週刊少年チャンピオン
レーベル 少年チャンピオン・コミックス
発表期間 2012年25号 - 2014年36+37合併号
巻数 既刊11巻
テンプレート - ノート

バチバチ』は、佐藤タカヒロによる日本漫画作品。大相撲を題材としている。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて、2009年24号より連載。2012年19号で最終回を迎えた後、同年25号から『バチバチ BURST』(バチバチ バースト)と改題し連載再開され、2014年36+37号まで連載された。

あらすじ[編集]

鮫島鯉太郎は、横綱を狙う荒くれ大関・火竜の一人息子。彼は父の強さと格好良さを信じて疑わなかった。しかしそんなある日、火竜は酒の場の不祥事で複数人に重軽傷を負わせてしまい、相撲界を追放されてしまう。名大関火竜はそこで“死んでしまった”。それを期に周りの人々は火竜どころか鯉太郎にまで心無い中傷を投げかけてくるようになり、火竜は追放されたことを認められず酒に溺れる日々を送るようになる。そんな父の姿を見たくなかった鯉太郎は、体を張って勝負を挑み火竜を焚き付ける。鯉太郎によって目を覚ましたかに見えた火竜だったが、ある日大型車両に撥ねられて死んでしまう。“二度目の死”だった。その後、鯉太郎は火竜の友人の家に迎えられ、そこで育てられることになる。

成長した鯉太郎は、地方巡業の会場で素人ながら本職の力士をふっ飛ばし、周囲を沸かせる。主催者の虎城親方は単なるサービスと嘯き、それ以上やらせようとはしなかったが鯉太郎は力士数人がかりでしか取り押さえられず、挑発により観客を味方につけ幕下、猛虎との勝負を引き出す。血だらけになりながらも突進を続け、猛虎を土俵外へと追いやり勝利。それに目をつけた空流部屋の親方・空流が、鯉太郎をスカウトする。“死んで生きれるか”父の無念を晴らすため、或いは父の影を踏み越えるため…、鯉太郎の壮絶な相撲人生の始まりであった。

ライバル達との出会い、兄弟子達との交流と別れ…様々な経験を積んだ鯉太郎は幕下に昇進した。空流部屋に新弟子がやってきた年、鯉太郎に新たな試練が待ち受けていた。

登場人物[編集]

大海一門[編集]

空流部屋[編集]

所属力士は(物語開始時点で)4名しかいない弱小部屋。おかみの存命時は所属力士が20人いる比較的規模の大きい部屋だったが、おかみの没後は経営が悪化したため建物の半分は壊して駐車場にしており、鯉太郎を含めた5名が4畳半の「大部屋」で丸まって寝ている。阿形改メ仁王は十両昇進を勝ち取って個室を得るが、その部屋は元々は押入れで1畳しかないという代物である。他にも、自前の洗濯機が無く部屋の力士達の洗濯をコインランドリーで行うなど、設備面は大変に厳しい。第2部では所属力士が6人となり、部屋初の関取である仁王は入幕を果たし、学生横綱までスカウトするなど部屋経営が軌道に乗っている状況にあるが、2人の新弟子の扱いにやや困っている様子。

鮫島 鯉太郎(さめじま こいたろう)
主人公。本名も同じ。山形県出身。番付は序の口二十二枚目⇒序二段七十五枚目⇒幕下。
人品に問題はありながら、その圧倒的実力のため横綱も近いと囁かれた名大関・火竜の息子。荒くれながら土俵上で誰よりも輝いて見えた父を心から尊敬していたが、その憧れの父はある夜一般人への暴行事件を起こし、あっけなく除名処分されてしまう。その後、酒に溺れ、かつてのファンにも軽蔑に満ちた視線を向けられるほど堕落した父の姿を見て激怒、もはや『偽物』と化した父に引導を渡すためぶちかまし勝負を挑むが、幼い少年の身では敵うはずもなく敗北、額に大きな傷を作る。火竜の死後、斎藤家に引き取られてからは、庭の樹にひたすらぶちかましを行う独自の稽古を日課としていたため、身体能力は高い。巡業のイベントで現役力士を吹き飛ばした際、空流親方に目を付けられ、その場でスカウトされる。
普段から負けず嫌いで直情的だが、幼少期の経験から、すさまじい怒りの感情を内に秘めており、亡き父や親しい人間が貶められると我を忘れて怒り狂うなど激発することも多かった。しかし空流部屋の面々と接するうちに様々なことを学び、落ち着きをみせるようになってゆく。野次の飛び交う場内を美しい柏手一つで静まらせるなど、父がついに最期まで会得することのできなかった品格が、既に備わり始めているような描写さえある。
父火竜の角界追放に前後したマスコミ報道の変貌ぶりを知っているため、マスコミそのものと、父を角界から追放するよう理事の中でもひときわ強く働きかけた虎城親方を不信・敵視している。一度悩むと思い詰めてしまう癖があり、稽古もオーバーワークになりがちなため兄弟子たちから心配されている。元ヤンキーであるため言葉遣いはなっていないがよくも悪くも素直な性格で、先輩や親方のアドバイスには真摯に耳を傾け実行するため、部屋内では新入りとして可愛がられていた。
相撲の型は押し相撲。幼少期に斉藤家に引き取られて以来毎日のように鍛え上げたぶちかましと張り手によっていつもバチバチに相手へとぶつかっていく。しかし体重の影響を受ける押し相撲を得意としながら太りにくいという、スタイルと矛盾した体質に悩み、吐くまで大量に食べて無理に身体を作ろうとしたことや、他方でオーバーワークで体型とスタイルを崩してしまったことがある。その強さや性格から教習所では恐れられながらも一目置かれる存在であったが、当初は組んだ際の脆さをつけこまれると弱いという弱点もあった。しかし、部屋の先輩力士の吽形との特訓で投げ技を身に付け、実戦を通して技を磨き上げていく。BURSTからは下手投げの他、吽形を彷彿とさせる技巧を見せており「空流で吽形の血をもっとも継いでいる」と評されている。
BURSTでは幕下に昇進。新弟子の大吉と常松の指導係を任されるが、2人との相撲に対する考え方の違いに悩んでいるが、少しずつ兄弟子としての成長も見られる。
王虎の挑発に乗って廃業を賭けた勝負を受け入れるが、取組では力及ばず敗北。空流部屋にまた迷惑をかけてしまう不安から廃業を考えるが、椿の励ましにより力士を続ける決意をする。その後の取り組みで偶然にも呼び戻しで相手を下し、現役時代呼び戻しが得意手だった空流親方に指導によって新たな技として身につけている。
空流 旭(くうりゅう あさひ)
空流部屋の親方。元小結春風。
人情味がありながらも何処かひょうひょうとした性格であまり感情的になることはないが、角界の現状や弟子の状態を冷静に認識できる男であり、アドバイスで鯉太郎を幾度となく心身ともに成長させている。失明しているのか、片目が白く描かれている(吽形の断髪式において失明に至る怪我を負った回想が描かれている)。大の酒好きのようで鼻を赤く染めていることが多い。鯉太郎のガッツを気に入りスカウトする。相撲をただのスポーツとは捉えず、神事としての相撲が忘れ去られようとしている現状に不満を持っている。現役時代は小結止まりだったが、呼び戻しを得意手とし、当時横綱だった虎城に最も多くの白星を上げ『虎城キラー』の異名を誇った。そのため虎城からは、部屋ごと目の敵にされている。
早くに妻を亡くしたことも影響しているのか一人娘の椿を溺愛しており、娘の恋愛に関する話題に動揺する一面もある。
本名は奥村旭。石川県出身で51歳。好きな酒は麦焼酎
阿形 剛平(あぎょう こうへい) / 仁王 剛平(におう こうへい)
空流部屋所属の力士で部屋頭。阿形は幕下時代までの四股名。番付は幕下(枚数不明)⇒幕下十五枚目⇒幕下三枚目⇒十両⇒前頭。
豪快かつ口が悪く猛々しい性格で、普段下品な面もあるが内面には鋭い冷静さを合わせ持つ。後輩・鯉太郎を度々暴言まじりのきつい言葉で叱咤し、時に拳も出るが結果的に励まし奮起させている。地道に鍛え込んだ技術もなかなかのものだが、彼の最大の武器は体格のはるかに勝る相手を土俵外まで投げ飛ばすほどの怪力である。しかし、その怪力ゆえに力任せで強引な相撲も度々見られ、格下との取組では圧倒的な相撲を見せながら勇み足で白星をフイにしてしまうことが多い。楽しみながら場所を越えていけるタイプの力士であり、取組の最中にも豪快に笑っている姿が度々見受けられる。その怪力は幼少期から持ち合わせていたものであるが、力加減が苦手であったため様々なスポーツで図らずと負傷者を出しては孤立に追いやられていた。吽形とは同期で、当初はいがみ合っていたが、やがて互いに自分を成長させてくれた恩人として認め合い、親友とさえ思うようになっており、彼が取り組み後に大鵠によって故意に怪我を負わされた際には、誰よりも静かに、そして誰よりも深く憤怒していた。
幕下全勝優勝をかけての吽形との同門対決に勝利し、十両に昇格した。取組後引退した吽形の名を共に背負う意味も込め、四股名を「仁王」に改める。
BURST開始時は十両だが既に幕内への昇格がほぼ決まっている。以前と比べてモミアゲが伸びている。表面上は自分のペースを貫き無関心に見えるが、弟弟子たちをひそかに気にかけている。
本名は高杉剛平。東京都出身で20歳。好きなタイプは叶姉妹。空流部屋では唯一四つ相撲を用いる。
吽形 亘孝(うんぎょう のぶたか)
空流部屋所属の力士。本名は吉田 亘孝(よしだ のぶたか)。番付は三段目幕下五十七枚目⇒幕下四枚目⇒引退。
基本的には温厚な性格だが、相撲に対しては妥協を許さず非常にストイックな面もある。入門前は進学校で勉学に励んでいたが既定路線を進むような生き方に疑問を覚え、突然学業を放棄して暴れ出すような経緯を経て高校を中退して勘当同然の形で上京して力士を志す。力士としてのプライドや思い入れは非常に強く、入門当初は阿形に勝るとも劣らないほどの荒っぽさを見せていた。自分で自分を追い込みやすい性分は鯉太郎と似ているため、自分の経験談を交えて諭し、自分のようにストイックになりすぎないようにとアドバイスするなど、阿形とはまた違ったやり方で彼を支え、成長させている。阿形よりも早く幕下まで登りつめたが、大鵠との一番で膝を故障し休場したため、番付を落としていた。後に大鵠とは再戦し、数々の反則で古傷をいたぶられながらも勝利している。
大鵠との再戦の後、再度膝を負傷したことで取組を続ければ二度と相撲が取れない身体になるとして医者から休場を勧められるものの、取組を続けることを選ぶ。幕下全勝優勝をかけての阿形との同門対決に臨むが敗北。この対決を最後の取組として引退した。
なお、普段温厚な性格とは裏腹に酒癖が非常に悪く、呑むと何をしでかすか分からなくなるほどの酒乱。部屋の仲間によれば、かつて居酒屋を半壊させたこともあるという。
現役時代の最高位は東幕下四枚目。 岩手県出身で20歳。好きな音楽はハードコアパンク。休場明けからしばらくは膝への負担を考慮して押し相撲に徹していたが、本来は四つ相撲を得意とする技巧派で、作中ではいくつもの決まり手を見せていた。父親は岩手県議会議員を務める地元の名士である。
川口 義則(かわぐち よしのり)
空流部屋所属の力士。番付は三段目(枚数不明)⇒三段目二十三枚目⇒三段目十枚目。
鯉太郎の兄弟子。通称「川さん」。一言も喋らず、全く表情が変化しないため、何を考えているか分からない謎の男。目を開けたまま眠り、常にカメラ目線で描かれる。座禅中の彼を見たものは宇宙を感じさせ、巣鴨では鳩や猫を従えて老人たちに拝まれるなど、謎のカリスマ性を持っている。一言も喋らないためその真意は伺えないが、弟弟子を思いやる優しさは持っている。また、センスは独特だがイベントごとに衣装を変えている。
好物がカニであること以外のプロフィールは謎で、川口義則という名前も仮名らしい。用いる相撲の型までもが不明だが、けたぐりで相手を転ばせる(例によって相手を見ずあらぬ方を向いている)など、不意を衝くような方法で白星を挙げている。
BURST開始時での番付は、前作同様、三段目のまま。
白水 英樹(しらみず ひでき)
空流部屋所属の力士。番付は序の口⇒序二段九十枚目⇒序二段百十枚目⇒幕下。初登場時は18歳。
一言多い性格のお調子者で、実力もまだまだ発展途上。いつも阿形に些細な悪態をついては小突かれているが、根は真面目で兄弟子たちを深く尊敬している(同時に嫌な相手と思って張り手を出せと言われて思い浮かべたのも阿形だが)。鯉太郎の兄弟子の中では一番下っ端のため、雑用なども彼が教えていた。鯉太郎の真面目すぎる性分を気に掛け、時には叱咤激励してやるなど良き兄弟子ではあるのだが、番付を追い抜かれることについては内心穏やかではない。好調な空流部屋の面々の中で唯一負け越す醜態を見せるなどうだつの上がらない印象だが、内に秘めた気骨は本物で、部屋の誇りのためなら自らが傷付くこともいとわない。宴会で念願の髷を結ってもらったが、酒に酔った吽形にバリカンで一部髪を刈られたことが原因で、髪を殿様カットにする羽目になる。さらにその後も、寝ている間に川口に髪を剃られ続けているため、髪が生え揃わず殿様カットのままでいる。
相撲の型は押し相撲。本番に弱い性分のようで、序二段になってからは緊張や気負いからくる凡ミスで黒星を喫すことが多い。190センチという長身で懐も深く、体格には恵まれながらも実績を残せずにいたが、鯉太郎に番付を抜かれたことで奮起。焦りのあまり疎かになっていた基礎を見つめ直し、必殺技「ゴリラ張り手」を身につけ、親方や吽形も早くから見抜いていた素質を開花させ始めた。
天雷との取組では土壇場で引いてしまい鯉太郎からの信頼と自信を失うが、吽形の励ましと椿からの叱咤により再度奮起。鯉太郎との序二段優勝決定戦にて大接戦の末に勝利する。
BURSTでは幕下に昇進。ナマズのようなヒゲを生やすようになる。常松や大吉の指導役として悩む鯉太郎を支える兄弟子としても成長が見られる。ゴリラ張り手は元十両を一撃で倒すほどで、鯉太郎には「まだ幕下にいるのがおかしい」と言われている。また身長は未だに伸びているということ。春場所の王虎との対決では、腕を折られながらも執念と気迫で委縮させて必殺の張り手を当てるが、朦朧とした王虎に髷を掴まれたことで反則勝ちを収める。取組後は、骨折の療養のために優勝を鯉太郎に託して入院。
本名は同じ。東京都出身で18歳。好きな俳優はユン・ピョウ
丸山 大吉(まるやま だいきち)
空流部屋所属。BURSTより登場した新弟子。17歳。
187センチ・139キロの巨漢で、その恵まれた体躯は鯉太郎から才能と呼ばれ羨まれるほどだが、性格は怠惰で自堕落なステレオタイプのオタクである。
空流部屋後援会の武川社長の甥で、引きこもりのオタクだったが、根性を鍛え直すために無理やり相撲取りにさせられる。そういった経緯もあり部屋での生活に馴染もうとせずプチ家出(ショートスカシ)を繰り返す。
あまりに身勝手な言動が指導係を任されている鯉太郎の逆鱗に触れ、扉ごと玄関先まで張り飛ばされたこともあり、その時の経緯を愚痴や自己弁護を織り交ぜマスコミに漏らしてしまい、それがひと騒動にまで発展した。しかしその際に鯉太郎の人となりに触れて反省し、事件解決後は鯉太郎を慕い、気の回らない性格はなかなか直らないものの、雑用はある程度怠けず行うようになる。記念すべき初土俵の一番では内容的に勝っていた取組を不浄負けでこぼしてしまう。
常松 洋一(つねまつ よういち)
空流部屋所属。BURSTより登場した新弟子。学生横綱。22歳。番付は幕下。
かつては虎城部屋によく出入りし王虎とも交流があった。右肩に大きなコブがあり、その右からのカチ上げと王虎も手本とした程の切れ味を持つ小手投げを得意とする。また事前に対戦相手のことを調べ上げ、傾向と対策を立てる相撲を取る。
幼少期に父・松明(後述)に相撲を教えられた洋一は父の蒸発後も相撲をやめることなく実力を伸ばし、中学2年生で中学横綱となったことで虎城に見込まれ虎城部屋の稽古に招待された。虎城部屋でさらに力を伸ばした洋一は学生横綱にまでなり幕下付出の権利を得るが、洋一は初対面で虎城に父を侮辱されたことを忘れておらず、虎城部屋とは犬猿の仲の空流部屋に入門する(表面上は鯉太郎より王虎を倒せば名が売れるためと答えている)。父を「カス」「クズ」と呼び蔑んでいるが、一方で現役時代の父と相撲で遊んでいたことを覚えており、また父を侮辱した虎城へ反感を抱いている。
入門後しばらくは大人しく従順な素振りを見せていたが、次第に身勝手な振る舞いが多くなり、自分の名前を売るための行動も目立ち始め、空流親方から叱責を受けてもあまり意に介していない様子だった。だがそうした振る舞いは序二段・三段目を行き来していた父への復讐として関取として名を上げて稼ぎ、母と妹を養うためでもあった。
鮫島が王虎に敗れた後、王虎を倒して鮫島の引退を帳消しにすることをマスコミの前で明言。取り組みでは善戦したが、自身の予想を大きく超える実力を手にしていた王虎を倒すには至らず小手投げをうけ敗北(その上王虎は会場を盛り上げるために手を抜いた取り組みをしていた)。予定が狂ったことから焦りを覚えて次第に余裕をなくし、その後の取り組みでも石川に張り手一発で瞬殺され、完全に自信を喪失してしまう。しかし空流親方たちに諭されたことからずっと隠していた本心を吐露し、改めて強くなることを決意した。さらに、王虎から勝利をもぎ取った白水の姿を目にしたことで、それまで軽視していた兄弟子たちに対して敬意を見せるようになる。
床上手(とこじょうず)
空流部屋所属の床山。階級は二等床山。
阿形曰く『化物』。男性であるが、女性的な口調でしゃべり、ショートボブの髪型にミニスカートをはいている。空流部屋では、昼食は床山が作ることになっている。体を触るだけで、力士の体質がある程度わかってしまう。
本名は山岡薫。神奈川県出身で24歳(自称)。好みのタイプは照英スティーブン・セガールスコット・スタイナーサモ・ハン・キンポーミスター・サスケ。嫌いなタイプはラルク・アン・シエル
奥村 椿(おくむら つばき)
空流親方の娘。16歳。気が強く、既に亡くなっている母に代わり部屋を切り盛りしている。料理が恐ろしく下手で、唐揚げが「油のカタマリ」になるほど。
稽古に励む部屋の力士たちを間近に見てきたことから彼らの苦労や成長をよく理解しており、廃業を考えていた白水や鯉太郎を叱咤し再起させるなど精神的な支えにもなっている。
普段は持ち前の気の強さで強面の力士達を引っ張っているが、恋愛面ではいたって純情。
好みのタイプは菅原文太、嫌いなタイプは石田純一

新寺部屋[編集]

石川大器らが所属する部屋。多くの関取がおり、大関も1人いる。

石川 大器(いしかわ だいき)
鯉太郎と同期の新弟子。鼻には傷があり、髪は茶色で型もきっちりとセットしており(ただし髪色は地毛である)、とても力士には見えない外見を持つ。誰が相手でも物怖じしない威勢の良い性格の不敵な男。
鯉太郎に引けを取らぬほどの熱くたぎる闘志を持ち、相撲教習所では鯉太郎と笑いながら2人とも気絶するまで張り手をかまし合った。それ以降、鯉太郎とは好敵手として親しい関係を築く。また、強い力士と相撲をとることを楽しんでいるようで、実戦で闘志を爆発させ本領を発揮するタイプ。
元は手の付けられない不良として神奈川中にその悪名を轟かせていたが、そんな彼の更生を諦めずに説教を浴びせ続けてきた1人の老教師に、新寺部屋の見学に誘われ出会った力士達と接するうちに、これまで『弱い者いじめ』しかしてこなかった自分の小ささを悟ることになる。それを機に暴力から足を洗い新寺部屋へ入門することとなるのだが、そのきっかけを作ってくれた老教師に対しては深い感謝と尊敬の念を持ち続けている。
BURSTでは幕下に昇進。相撲を始めてわずか1年と少しで幕下に上がっており、新寺親方には、王虎にも劣らぬ才能の塊であると評されている。幕下優勝決定戦では王虎と対戦、気迫で王虎を上回り一時は追いつめながら、カウンターの張り手を受け、最後には意識を失って膝から倒れ敗退。
神奈川県出身で16歳。相撲の型は押し相撲。強烈な張り手の乱打で押し勝つ猛攻を得意とする。BURSTからは正攻法の押し相撲に変わりつつある。18歳未満であるにもかかわらず入門当初からパチンコに造詣があり、前相撲の場所では支度部屋でパチンコ雑誌を読んでいた。好きなリーチ魚群
新寺 宗男(にいでら むねお)
新寺部屋の親方。大器の茶色い髪を容認し、冗談まじりに鯉太郎のことを自分の部屋にほしいと発言するなど懐が広いのと同時に茶目っ気のあるところも見せる人物。幕下に昇進した石川に対して張り手を多用しないように教える等、力士としての常識を身に付けさせる試みも欠かさない。空流親方と仲がいい。現役時代の四股名は天凱、最高位は大関。
天鳳(てんほう)
新寺部屋に所属する外国出身の大関
その姿を見た石川に一瞬で力量差を悟らせるなど、並々ならぬオーラを放つ新寺部屋の部屋頭。
飛天勇 豪士(ひてんゆう たけし)
新寺部屋所属の幕内力士
支度部屋で無礼を働いた仁王を注意した際、謝罪しようとしない仁王とそのまま喧嘩に発展して以来、仁王とは犬猿の仲。
同門ということもあり、空流部屋にも度々出稽古に訪れている。

次元一門[編集]

虎城部屋[編集]

物語開始当初では、複数の関取も所属し、やや大きい部屋だったが、虎城が息子の王虎を溺愛して太々しい態度を許しているため、上下関係をはじめ秩序が破綻しつつあった。第2部BURSTでは「十両2人が廃業し、部屋の勢いが衰えかけていた」という証言があるものの、幕内に昇進した猛虎が若い衆に大変厳しい稽古を課し、部屋頭として力強く力士達をまとめている。結果として王虎だけでなく田上も著しい成長を遂げている。

虎城 昇(こじょう のぼる)
現役時は天城部屋所属であった元横綱。引退後は一代年寄「虎城」を襲名、虎城部屋を興し、相撲協会理事も務める。左耳の上半分が欠けている。
現役時は火竜が弟弟子であった。谷町やマスコミの前では紳士的に振舞っているが、裏表が激しく、こと火竜の話になると目の色を変えうろたえることが多く、鯉太郎に火竜の幻影を見た際には周囲が心配するほどに強烈な吐き気をもよおす程である。力士としての晩年は外で堂々と振る舞いながらも、家では横綱の土俵に対する重責に苦しみ敗北に怯える生活を送っている様が王虎の回想で描かれており、王虎は父のその脆さの部分を陰で見ては「偽者」と心底で軽蔑し、後の「負けは死に等しい」という極端な信念を抱く遠因となった。
現役当時自分に一番多く黒星を与えた空流とは犬猿の仲で、引退を決意した竹虎に、次の働き先を紹介したことをネタに吽形潰しを命令するなど陰湿な行為も見せる。また、数多くの有望な新人をスカウトしてはいるが、兄弟子の弟弟子への理不尽な横暴がまかり通るなど部屋の空気は劣悪。彼自身が稽古をつけることはまずなく、理論立てではなく感覚で技術を説く傾向があり、理解できなければ怒鳴り散らすため、指導力があるとは言い難い。そのため部屋の一部の力士は、現役時代の彼への憧れと現状とのギャップに失望しており、息子の王虎すらその狭量さを軽蔑している。
一方で吽形の最後の相撲を「見事」と人知れず賞賛し、空流部屋の力士たちの厳しい稽古に裏付けられた実力も認めているなど、その眼は確かである。BURST以降は自身の経験もあり、息子が精神的に危うくいつかは破綻することを予見しているが、それ以上に父親である自分でも止められないことも理解してしまっているため苦悩の日々を送っている。
現役時代には天才力士として名を馳せ、強さだけではなく人格者としても知られており、土俵上で火竜に対しても兄弟子としての姿を見せつける等、後の腹黒さは皆無であった。また火竜のことは態度はともかくストイックな面は評価しており、付き人に登用して誰にも見せなかった怪我を隠さず接するなど仲は悪くなく、むしろ気が置けない友人ともいえる間柄であった。横綱昇進を決定づけた場所の優勝パレードで火竜と肩を並べて写った写真を額に入れて飾ってもいるが、横綱昇進後の虎城の変貌が原因で、火竜とは本格的に対立してしまう。
火竜と邂逅した当時の番付は幕内。三役以下の時点ですでに横綱の風格を持っているとも評されており、大関昇進後にも当時の横綱相手に電車道をきめ優勝、横綱に昇進したほどである。しかし横綱昇進後、周囲からの過大な期待によるプレッシャーで次第に歪んでいき、「神(横綱)の地位こそ自分の全てであり、あとはそれを守ればいい」という考えを持つようになる。出稽古で有力な力士の部屋を回り圧倒的な実力差を見せ付け、暗に八百長を強要するかのような脅迫染みた態度を取るようになる。かつての自分を彷彿させる相撲を取る火竜に対しては苛立ちが募っていくようになり、火竜の涙ながらの説得も自身も涙を流しながら拒絶してしまい、決別の証として自ら左耳の一部をちぎり取り、その後は「あらゆる力」を駆使して無敵の横綱を演じ君臨し続けた。
しかし引退後、自分とは違い変わることなく一本気な相撲を取り続ける火竜を見て羨望と嫉妬を同時に感じるようになり、火竜が綱取り目前まで迫ると自分の人生を否定されるかもしれないという強迫観念と劣等感に苛まれることになる。火竜が暴力事件を起こしたという連絡を受けた際には火竜を救うために動こうとするも、火竜を目障りと思っていた後援会の会長に劣等感を煽られ、唆された挙句、結果火竜を見捨ててしまった。虎城自身は知らなかったが、現場となった居酒屋には虎城の名を使った何者かが火竜を呼び出し、陥れるための罠を張っていた。
火竜の死後、彼の墓前で、憎まれ口をたたきながらも、彼の死を悲しんでいた。
本名は後藤昇。青森県出身で55歳。現役時代は優勝25回、殊勲賞3回、敢闘賞3回という大記録を残している。
王虎 剣市(おうこ けんいち)
虎城親方の愛息子で、本名も剣市。元・高校横綱。入門時は身長195センチメートル、体重120キログラム。
自分を特別な存在だと信じ込み、他人は虫けらか、自分が利用する道具ほどにしか思っていないという、極めて尊大な性格の持ち主である上、マスコミの前では謙虚で器の大きい人間として振る舞い、計算ずくで鯉太郎に殴られ怪我をした振りをするなど、父・虎城以上に腹黒く、自己演出に長けている。そして尊大な性格に見合うだけの圧倒的実力を持ち合わせ、頭も切れる。父のことを「パパ」と呼び、新弟子ながら部屋の中でも太々しい態度を取るため、同部屋の関取らから敬遠される。
しかし、後述の鯉太郎との取組による敗北後の引きこもり、周囲を煽って自身を過剰なまでに精神的に追い込んでのモチベーションの維持、自身の予想を遥かに上回る取組相手の奮闘や気迫にうろたえ飲まれるてしまうなど、精神面においては父親の虎城親方や宿敵・鯉太郎の師である空流親方にも危ぶまれており、田上からは「誰よりも繊細で臆病」とまで言われている。
鯉太郎のことは「おいしい奴」と考え、自分がヒーローとして祭り上げられるために最大限利用する腹積もりであったが、彼との初の取り組みで敗北。その後は鯉太郎に対する恨みと屈辱から個室に引きこもり、鯉太郎との取り組みで怪我をした腕の傷みから暴れだすなど荒んでいた。しかし猛虎が十両に昇進したため虎城との約束どおり付き人にするために叱責され、共に喰うか喰われるかという歪な関係ということを承知しながらも付き人になることを了承し、復帰した。
第一部の最終話にて、2期遅れで相撲教習所へと顔を出し、蒼希狼と石川を稽古場であっさり倒した後、本場所で惨敗を喫した鯉太郎にすら圧勝し、本場所での雪辱戦に至るまで無敗で勝ち上がることを宣言、BURSTでそれを実現し再戦することとなる。
BURSTでは序の口から三場所連続全勝を記録してファンやマスコミの人気を取り戻す中、狂気と凶暴性を内面に孕み、数々の負傷力士を生み出し、「壊し屋」の悪評が力士の間に定着している。一方で相撲を侮辱しすぎた大鵠に激怒し、廃業を強要させるなど、相撲への思い入れが一層強くなっている。小手投げの技術などはかつて虎城部屋に稽古に来ていた常松洋一のものを参考にしていることが明かされた。鯉太郎と本場所で取り組みを行った時に、突き押しに動じず投げ合いも制するなど強さを見せつけ、鯉太郎からの白星を得た直後は新弟子時代以来の笑顔が戻った。しかし続く白水との取組では、白水の気迫に押されて焦りを見せ、髷を掴んだことによる反則負けで連勝記録もストップする。この敗戦の内容と白水の腕を負傷させたことを受けて、マスコミは王虎を一転してヒール扱いするようになり、石川との取組で焦りから観客の前でも本性を露呈してしまい、罵倒されるようになる。
相撲を始めた動機は幼少期の王虎にとって陰で敗北に怯えるだけの「偽者」にしか見えなかった父・虎城の影を払拭する(因みに王虎は全盛期の虎城を知らない)ためであり、相撲自体は寧ろ嫌いであった。初めは父の名声を箔付けとして番付を駆け上がりつつ最後には「本物」であることを示すつもりであった。
本名は後藤剣市。東京都出身で17歳。相撲の型は四つ相撲。得意技は小手投げ。好きな映画は『ゴッドファーザー』。
猛虎 哮(もうこ たける)
虎城部屋の力士。番付は幕下(枚数不明)⇒幕下十一枚目⇒十両⇒幕内
元学生横綱。幕下の頃から当たりの強さだけなら関取クラスと空流に評される程の逸材だが、地方巡業で鯉太郎に負けたことで、虎城から冷遇される。しかし王虎の横暴な振る舞いを親方の前でも恐れずたしなめ、同門の後輩に鯉太郎の強さを忠告し、同部屋の関取からは馬鹿にされている竹虎のことも先輩として敬うなど非常に芯が強くストイックな性格。引退を決めた場所で優勝決定に食い込むほどの活躍を見せた竹虎をまだ引退は早いと励ましながらも、彼の意思が固いことを知るとその力士としての最期を大銀杏を結って見送った。虎城部屋の現状を変えたいと思っており、後輩からの人望はとても篤いが、関取衆などの先輩からは生意気な奴だと思われている。
「十両に昇進したら王虎を付け人にしてほしい」と虎城に申し出、言葉通りに阿形との幕下優勝決定戦に勝利し十両昇進となる。十両昇進後は、約束どおり王虎を復帰させた上で付き人にした。これは、腐っている上の人間やまだまだ実力の無い下の人間との稽古では力がつかないため、才覚溢れる王虎と稽古して力をつけようとする目論見があったと王虎に指摘されるが、猛虎はそれを否定しなかった。
BURSTでは幕内に昇進し、虎城部屋の部屋頭となっている。王虎や田上をはじめとする部屋中の力士を苛烈極まりない稽古でシゴいているが、単に厳しいだけではなく後輩の面倒見も良く、才能が無い等と言われながらも自分のシゴキに付いてきている田上を目にかけている。虎城からも再評価されており、空流の勢いを止める若手として期待されている。
本名は小林哮。熊本県出身で24歳。相撲の型は押し相撲。好きな音楽は演歌。
田上 大(たうえ まさる)
虎城部屋の新弟子で鯉太郎とは同期。良心的な好人物で、全日本相撲選手権大会でベスト8の実績を持っている。前相撲初戦にて鯉太郎と対戦した際の経緯により、虎城部屋に所属する力士でありながらも鯉太郎とも親しい関係にある。同期の間では年長のため解説やまとめ役をこなすことも多い。名古屋場所では剛毛の直毛という髪質でありに櫛が通らないためザンバラ髪がオールバックにならず広く高く逆立つ様子が描写され、白水と対戦した際は共に「面白頭」として扱われた。しかしBURSTできちんと髷を結えるようになった。
BURSTでは幕下まで昇進しているが自らの力の限界を感じ始める。苛烈極まる稽古に耐え実力を上げながらも虎城から手厳しく罵倒され、半ば王虎に唆される形でバンテージで硬度を増した張り手を立合い前に使ってつっかける卑劣な相撲に手を染めてしまう。鯉太郎にも同じような張り手を繰り出し善戦するが、図らずも鯉太郎の左手人差し指を張り手で折ってしまい、その動揺もあって最後は下手投げに均衡を破られる形で負ける。敗戦の無念さと力の限界から引退も考えるが、猛稽古の効果から鯉太郎の突き押しに動じない肉体が出来上がっており、猛虎からも「今より弱くはならない」と励まされ、立ち直る。
猛虎の激しい稽古に共に耐えていることから、他の力士からは嫌われている王虎が決して才能だけの人間ではないことを理解しており、同部屋では物怖じせずに王虎と話すことが出来る数少ない1人。
本名は同じ。北海道出身で物語開始当初は22歳(第二部では23歳)。相撲の型は押し相撲。好きな武将は上杉謙信
竹虎 昌雄(たけとら まさお)
虎城部屋のキャリア15年の古参の幕下力士。幕下五十二枚目。
相撲教習所にて虎城部屋からの指導員として派遣されていた。虎城親方の命令で、空流部屋と鯉太郎を叩き潰すために、執拗な嫌がらせをして鯉太郎を暴れさせようとしたものの、逆に鯉太郎と自分との貫目の違いを思い知らされる。結果、虎城親方の怒りを買い廃業することとなったが、自分には上がり目のないことも自覚しており、廃業も吹っ切れたように受け入れていた。
廃業の覚悟を決めた名古屋場所では、吽形と優勝を争う大一番まで食い込む。虎城から取り組みの際に吽形を潰すよう恫喝されるが、膝を負傷しながらも決死の四股を踏む吽形の姿を見て気持ちを改め、自身の相撲で吽形に挑み敗れ去る。最後まで虎城からは冷遇されていたが、そんな彼の理不尽を「天才であるが故に俺達より色々なものが見えているから」と評し敬意を失うことはなかった。最後の取組は完敗でありながらも関取である猛虎から「一歩も引かない素晴らしい相撲だった」と評された。
鯉太郎世代の王虎と天雷を「とんでもない怪物」と評していた。

十文字部屋[編集]

大鵠 弘巳(たいこう ひろみ)
階級は幕下。最高位は十両。阿形・吽形とは同期。本名は林田弘巳。
陰湿な卑劣漢であるが、一度は十両に上がっただけあり実力は並の物ではない。相撲の型は突き押しと寄り、反則行為。目障りな相手を故意に負傷させる壊し屋で、吽形の膝を壊し、彼らと親しかった村神裕也を廃業に追い込んだため、阿形・吽形からは嫌悪され、特に阿形からは「ブタフグ」と陰口を叩かれている。自身を「地獄を見てきた男」と反則行為の正当性を主張しているが、周囲からは己の度量の狭さを悟っていない小人物と低く評価されている。
吽形との再戦において反則まじりの取組を展開するが敗退。その後脳震盪を装い、吽形の膝の上にわざと倒れこみ再び負傷させる。さらには十両昇格がすでに決まっていたことから吽形との取り組みそのものを侮辱。そのことに激怒した阿形と立会い、卑劣な手段を用いつつ廻しを取らせずに土俵際まで追い詰めながら、逆に頭を叩きつけんばかりの徳利投げを受け敗退、死の恐怖を味わう。取組後に見苦しい言い訳を繰り返し、陰湿な報復を目論む器の小ささを見せて付き人にも見放されたうえ、苦し紛れの挑発も優勝決定戦を目前にした吽形には全く相手にされず、力なくその場を立ち尽くすのみであった。
BURSTでは再び幕下へ転落。阿形へのトラウマと空流部屋への復讐心から、恨み言を呟きながら醜悪な形相を見せることが多くなる。稽古をまともにしていないため筋力が衰えはじめ全身が弛んでおり、かつての実力は見る影もなく、他の力士たちからはその見苦しい体型から陰で豚と呼ばれている。自分の同類であるかのように王虎に馴れ馴れしくしていたが、当の王虎からは完全に見下されている。
鯉太郎との取組で、鯉太郎を壊すことで阿形への復讐を果たそうと卑怯な手段を使うが、反則行為も自慢の武器の寄りも稽古不足で鯉太郎には通じず、逆に吽形から受け継いだ技巧と空流親方から伝授された仏壇返しで場外まで投げられ敗北した。取組後、敗北と阿形へのトラウマで精神に破綻をきたして一気に老け込んだ上に、勝利することを軽視する発言に激怒した王虎から廃業を強要され、その場にへたり込んで失禁、精神崩壊した。
十文字 正嗣(じゅうもんじ まさつぐ)
十文字部屋の親方。
同じ次元一門ということもあり、元大横綱である虎城を信頼している。反則ギリギリの取組ばかりを行う大鵠に何の指導も行わないなど、部屋の育成方針は虎城部屋と同じく放任主義。時には虎城の依頼で部屋の力士を王虎の稽古に貸し出し、故障者も出している。

戸部一門[編集]

北里部屋[編集]

渡部 仁(わたなべ じん)
鯉太郎と同期の新弟子。家族は9人兄弟で、早く上に行きたいと願っている。
先輩一人一人の名前と所属を覚えて丁寧に挨拶する他、同期である鯉太郎達にもやたらと腰が低い。しかし、鯉太郎の相撲を研究し尽くして、彼に初めて土をつけた人物である。両目の視力は2.0で、それを活かして相手を研究するスタイルだが、部屋では稽古熱心と評価も高く、わかっていても容易に返せない鯉太郎のぶちかましに対応するなど、決して策だけの人間ではない。同期の石川からドングリというあだ名を付けられ、以後教習所内で浸透している。実家では兄弟が多いために食事の取り合い状態だったが、相撲部屋では思う存分に食べることが出来る(むしろ食べることが仕事)ため、鯉太郎との初取組の後、体重を大幅に増やした。大型化した体に似合わぬ身軽な動きができるが、巨体を使いこなす持久力は身に着いておらず、鯉太郎との2度目の取組では四つ相撲で疲弊し、最後には握力に任せた強引な下手投げで敗れる。
千葉県出身で16歳。相撲の型は四つ相撲。好きな諺は「石橋を叩いて渡る」。
BURSTでの番付は三段目。同期の中では自分だけ遅れていると語る。

田ノ中部屋[編集]

寺井(てらい)
鯉太郎達とは一場所違いの序二段力士。当初は後輩力士である鯉太郎たちを教習所でいじめるが、鯉太郎の根性の凄さを目の当たりにして避けるようになる。
九月場所の初戦で鯉太郎と対戦、教習所で投げの練習に没頭する鯉太郎が負け続けだったことから軽く見てかかるが、ぶちかましで瞬殺された。相撲の型は四つ相撲。
村田(むらた)、月(つき)
寺井の取り巻きをしている序ノ口力士たち。

山獄一門[編集]

若竹部屋[編集]

天雷 凛太郎(てんらい りんたろう)
鯉太郎と同期の新弟子。入門当初は目が隠れるほど前髪が長く伸びており、石川からはその髪型からクラゲと呼ばれていた。幕下最重量である大森山を軽々と持ち上げる怪力の持ち主で、先輩力士達から「貫禄は関取クラス」とまで評されるほどの実力者。
優秀な兄・裕也に遠慮していたため相撲経験は殆どなかったが、その後周囲から華々しく送り出された兄が、入門から数年もしないうちに部屋から脱走、そのまま廃業してしまったことにショックを受け、地元の相撲教室で稽古を始める。丁度成長期とも重なったのか才能はすぐに開花し、わずか数年で見違えるように大きな身体を手に入れる。高校卒業後、親の反対を押しきり、兄を追う形で同じ若竹部屋に入門。廃業の知らせを聞いた途端、掌を返し兄を罵倒する親や周囲の人々に失望していたこともあり、他人との関わりを極端に嫌う冷めた性格になってしまった。
入門後はその圧倒的な体躯と怪力で同期の中ではほぼ敵なしの存在となっていたが、序の口優勝のかかった本場所の一番で、自分より遥かに格下と目されていた鯉太郎に力士として生きる決意と執念を見せつけられ敗北。客観的に見ても負けるはずのない相手に完全な敗北を喫したことでしばらく放心していたが、その後吽形から兄が怪我を言い訳にせず、最後まで力士としての矜持を貫いて辞めていった事実を聞かされて長年の疑問と不信が氷解。目に光を取り戻し、兄の四股名「天雷」を受け継ぐことを決意し、次の場所から改名した。
同期の力士と馴れ合わず関わろうともしなかったが、天雷を名乗るようになってからは髪型も変え、表情も明るくなり、石川をからかうかのように「山本」「山田」などと呼ぶようになる。かつて長い前髪に隠れていた素顔は、兄によく似た美丈夫だった。強い闘志を持ちながらも温厚な人格者として成長し、後輩力士からも慕われている様子。
BURSTでは幕下に昇進。王虎との取り組みでは、前評判通り力では王虎を上回り彼を追い詰めるが、本気を出した王虎に肩の関節を外されてから小手投げを受けて敗北。実力の差を痛感する。優勝決定戦では闘海丸と闘い、自身を勘当した両親が国技館で見届けていた中で奮戦するも、闘海丸がまさかの体勢からうっちゃりを放ったことで敗れる。
本名は村神凛太郎。 愛媛県出身で18歳。相撲の型は四つ相撲。趣味は釣り
若竹 哲広(わかたけ てつひろ)
若竹部屋の親方。元前頭三枚目。
アマチュア時代に何の実績もなかった凛太郎を、かつて実兄を指導していた縁から受け入れるが、入門していきなり発揮した思わぬポテンシャルの高さに驚いている。
大刀力 一(だいとうりき はじめ)
若竹部屋の十両。天雷の先輩であると同時に、彼の兄・裕也の後輩でもある。
天雷の様子の変化に気付き相談に乗ろうとする等、後輩の面倒見の良い性格。裕也のことを尊敬していたようで、彼が土俵を去る原因を作った大鵠を「ゲス野郎」と嫌悪している。

月山一門[編集]

柳川部屋[編集]

大森山 太一(おおもりやま たいち)
階級は幕下⇒三段目。身長198センチ、体重230キロの体躯を誇り、幕下以下で最大の巨体を持つ。その見た目が物語る通り、支給金の殆どが食費に消えるという桁外れな大飯喰らいである。並の新弟子相手にぶつかり稽古で胸を出す分には漫然と立っているだけでもびくともしない腰の重さも持ち合わせている。
駅弁を買い占めた挙句、誰にも譲らないなど食に対しての執着は並々ならぬものがあるが、悪印象を持っていた空流部屋の新弟子をしごくチャンスが訪れても何もしないなど、それ以外の事柄についてはかなりあっさりした性格。
BURSTでは三段目に陥落。因縁の空流部屋との対決ということもあり、空流の常松と弟・太二の対戦時に応援に来ている姿が描かれる。
本名は大森太一。栃木県出身の23歳。相撲の型は押し相撲。好みのタイプはこってり、嫌いなタイプはあっさり。日本人力士最重量、大森海太二の双子の兄。

川柳部屋[編集]

大森海 太二(おおもりうみ たいじ)
階級は十両⇒幕下。体重は日本人力士最重量の240キロ⇒260キロ。大森山太一の双子の弟。兄と同様の大食漢であり、十両時代にはレストランで「メニュー全部」を注文する食生活を送っていた。
巨体でありながら動ける故に十両にまで昇進したが、それからは遊ぶことにかまけた自堕落な生活をするようになり負けが込んでいる。
BURSTでは幕下に陥落。十両返り咲きを目指し20キロの増量を果たして挑むが、幕下付け出しの学生横綱常松に敗北を喫し、彼の初土俵を彩る引き立て役に甘んじてしまう。
本名は大森太二。栃木県出身の23歳。得意技は泉川

飛島部屋[編集]

飛丸 三郎(とびまる さぶろう)
階級は序二段。25歳にしてハゲているため、殿様カットの白水に親近感を覚える。

その他の一門[編集]

山ノ上部屋[編集]

蒼希狼(あおきろう)[1]
鯉太郎と同期の新弟子。名古屋場所では全勝同士だった渡部を下し優勝した。
モンゴル出身で、本名はバットバートル・ムンフバイヤル。故郷での愛称は「バーキ」。朝一の教習所で練習していた時に、鯉太郎に勝負を挑むも返り討ちに遭うが凄まじい根性で何度も立ち向かい、最終的に鮫島や天雷などの実力力士を投げ飛ばしたことからダークホースとして警戒されることとなった。
元はウランバートルの貧しい「マンホールチルドレン」で、同じ境遇の孤児達と縄張り争いを繰り返していた。しかし負けた人間から奪うという事実に苦しむ優しい性格の持ち主でもあり、勝っても負けても変わらない現状に憤る中、モンゴル相撲で優勝すれば日本へ行けると聞き、敵対していたメンバーも含めた孤児の仲間達を貧しい境遇から救うため国家ナーダムへの参加を決意する。しかし身分が不確かなバーキの参加は許されず、会場から叩き出そうとする警備員に抵抗して乱闘となる中、モンゴル相撲のアルスラン(大会優勝者)を投げ飛ばし、新弟子獲得のためモンゴルへ来ていた山ノ上親方の胸倉を血まみれの鬼気迫る形相で掴みそこで力尽きる。この一件で親方に見込まれ、山ノ上部屋への入門が決定した。
過酷な生活で培った強靭な肉体と精神力を持ち、鋭い勝負勘からの投げ合いを得意とする。他の力士たちに対しては挑発的な態度を取るが、親方にだけは従順。勝利することに異常とも思える執着を見せていたが、これは「本場所での敗北=部屋からの即追放」と思い込んでいたためである。来日してまだ日が浅いため日本語は殆ど話せないが、山ノ上親方の口癖である「バカ〜」を自身もよく口にする。呼出に名前を読み上げられる前に土俵に上っては四股を踏むなど所作もあまり理解していなかった。
山ノ上 大五郎(やまのうえ だいごろう)
山ノ上部屋の親方。額から頭頂まで禿げ上がり、腹がせり出た初老の男性。投げ一本槍の蒼希狼には得意を生かせとばかりに投げの指導を積極的に行っている。口癖は「バカ〜」。片言だがモンゴル語を話すことができる。現役時代の四股名は大山狼で最高位は関脇。
大山道 豊(おおやまどう ゆたか)
山ノ上部屋の十両力士。面倒見のいい性格で、孤立しがちな蒼希狼にも自ら進んで胸を貸すなど目をかけてやっている。蒼希狼からも強者として認識されており、彼が稽古を付けてくれると知ると目を輝かせていた。

宮野浦部屋[編集]

岩の藤 要(いわのふじ かなめ)
宮野浦部屋所属の幕下力士。春場所の幕下優勝決定戦に進出した6人のうちの1人。
ぶちかましの稽古でできた額の瘤と「○○じゃないの〜?」「OK!」という口癖が特徴の人物で、宮ノ藤親方を「親方様」、鯉太郎を「鮫太郎」と呼ぶ。常に飄々とした態度を取っているが、その裏では8年間も芽が出なかったことに対する反骨心と愚直さを持つ。通常のぶちかましの他、助走できない近い距離からでも半身から体を捻って横殴りにするように打つ特殊なぶちかましも扱う。後者は上体の柔軟性とぶれない体軸によって成り立つ岩の藤ならではの特技である。
入門から4年経過した時点では序ノ口が主戦場であり間の抜けたところと線の細さから先代宮野浦親方から相手にされず、当代の親方からもろくに期待されていない弟子であった。ところが暁親方からの皮肉まじりの助言をもらって以降、4年間に渡って一心不乱に鉄砲柱に向かってぶちかまし稽古を行った結果、力士に相応しい屈強な肉体を手に入れ、空流親方にも一目置かれるほどの実力を発揮するようになった。何故か敬語を使わずに話すが、自分を認めてくれた暁親方に対しては深い恩義と尊敬を抱いている。
鯉太郎との取組では互いにぶちかまし合う展開を繰り広げたが、捻りを活かした岩の藤のぶちかましからヒントを得た鯉太郎が取組中にぶちかましを進化させたこともあって、最終的に敗れるが両者笑顔で再戦を誓った。
暁 秀則(あかつき ひでのり)
宮野浦部屋の親方。先代が急逝したことで部屋を継いだが、現役時代は最高位が十両どまりであったため弟子たちに侮られ、稽古を促しても舌打ちを返されるほど威厳に欠けていた。そのため部屋の勢いが薄れ、何人も弟子が辞めていき、自信と気力を無くしていった中、当時一際期待薄だった弟子の岩の藤が、自分の投げやりな助言に従って鉄砲柱がへこみ血に染まるほどの猛稽古を繰り返していたことを知り、「絶対に関取にしてやる」と心に誓い、それ以降岩の藤に対して熱心な指導を行うようになった。その経緯から、岩の藤に報われて欲しいという想いが強く、彼の取組では応援に力を入れては一喜一憂する。岩の藤の敗北後も、消沈することなく彼の頑張りを称えていた。

鏡川部屋[編集]

闘海丸 つよし(とうかいまる つよし)
BURSTで初登場。春場所の幕下優勝決定戦に進出した6人のうちの1人。本名は国丸つよし。静岡県出身。非常に強い右の腕力(かいなぢから)を武器とする。
ふてぶてしい顔をしたアンコ体型の力士であり、決定戦を前に自身を主役と称して憚らない自信家だが、同部屋の力士の細川からは人相の悪さをからかわれており、どうやらモテない男のようでもある。学生時代から腕っぷしが強く、また人から頼られると見捨てられない気の優しい人柄の持ち主。高校相撲の団体予選の助っ人を細川から頼まれ、晴れて5人そろった相撲部に勝利をもたらすが、静岡県大会決勝戦で極度のプレッシャーに負けて自滅してしまう。この直後に才能を見込んだ鏡川親方にスカウトされ、これが大相撲入門への契機となったが、この時の経験がトラウマになり、気負いが過ぎて凡ミスを犯す悪癖ができてしまい、以来ここ一番での勝負弱さが付きまとう。鏡川親方からも指摘され、自身でも気づいている通り他人のためなら難なく物事を進めることができるが、自分のために戦うことができなかった。そのため一度は廃業まで考えるも、友人である細川から叱咤され幕下優勝に絡むまで成績を伸ばした。
天雷との取組で遂にトラウマを払拭し、関取レベルとも称される天雷の馬力と拮抗するほどの力を発揮する。鯉太郎との取組では呼び戻しを耐えて背面からの外無双で返す思い切りの良さを見せるなどさらに一皮むけ、最終的に敗れはしたが勝負の楽しさを覚えた様子だった。
細川 将太(ほそかわ しょうた)
BURSTで初登場。闘海丸と同じく静岡県出身で、高校も同じ。闘海丸をいつもからかっているが、友人としても深く信頼している。小柄で細身ながらも実力はあり、高校時代は相撲部の主将を務める。
人をからかう悪い癖があり一言多い部分もある上、女子をサクラにして国丸を焚き付けるなど悪賢い面も持っているが、相撲に対する熱意は本物であり、国丸が相撲部の助っ人を承知したのもこの細川の熱意に打たれたことが一因であった。
親方からは技能を評価されていたが、当人は才能の限界を感じているため、闘海丸が関取になることに夢と野望を託している。
鏡川 一平(かがみがわ いっぺい)
鏡川部屋の親方。パンチパーマにサングラスというヤクザのような外見の男性で、稽古中にも激怒すると日本刀を振り回そうとするなどガラが悪い。
現役時代は火竜に一度も勝利できず、その強さを賞賛している。サングラスの下はつぶらな瞳。

その他の部屋[編集]

せいろう
漢字表記および所属部屋は不明。元三段目力士だが、怪我で休場し番付を落とし、前相撲から始めることに。王虎との立会いで怪我をしていた右腕を故意に再び折られる。
露巌山(ろがんざん)
所属部屋不明。序二段のロシア人力士。四股名の通り岩山のような体躯を持つが、技術的にはまだまだのようでアッサリ蒼希狼に投げられてしまう。得意技は突き押し
爛摩(らんま)
所属部屋不明。幕下の外国人力士。春場所で優勝争いに絡むなど、幕下ではかなりの実力者として知られている。しかし次の場所では王虎と鮫島にそれぞれ負けて2敗。稀に見る混戦となった夏場所の優勝争いには絡めなかった。尚、爛摩は鯉太郎が初めて呼び戻しを決めた相手である。

その他の人物[編集]

火竜(かりゅう)
鯉太郎の父で、物語開始時点では既に故人。本名は鮫島太郎。所属部屋は天城部屋(生え抜きではなく後述する黒森部屋からの預かり弟子)。現役最高位は大関。常に態度が悪く人格に問題はあるが、実力は本物であり、横綱を狙えるのではと言われていたほどであった。その人格ゆえに敵も少なからずいたが、豪快な性分と純粋に相撲を楽しむ姿に惹かれたファンは多く、また同期や同部屋の力士など近しい相手からは慕われていた。没後も、親方衆の中には火竜の隠れファンが多い。
しかしながらある日暴力事件を起こしてしまい、相撲界を除名・追放処分され、妻にも逃げられた。それ以降、周囲は手の平を返したように冷たくなり、また火竜本人も処分を認められず、酒に溺れるようになる。それを見かねた鯉太郎の必死の決意により目を覚ますが、ある日泥酔した挙句、大型トレーラーにぶちかましをしようと道路に飛び出し、そのまま撥ねられて死んでしまう。「4トン(トラック)なら勝てたのに……」が最後の言葉となってしまった。親しい者からは好かれていたようで、葬儀においてその死に涙を流す者もいた。
黒森部屋所属であった若手時代は寧ろ期待薄の弟子であり、詰めの甘さ(天城親方は頭が足りないと指摘)から有り余る力を相撲に生かせず序二段で停滞していた。一方で手の付けられない暴れん坊ぶりは当時からであり、序二段時代には判定に腹を立てて行司に掴みかかった罰として1場所出場停止を受けたこともある。その火竜の悪童ぶりに兄弟弟子のみならず部屋付きの年寄や女将までもが脱走したことに加えて後援会も全て撤退し、最後には部屋に黒森親方と自身の2人しか残らない状況を招いた。
その後黒森親方の急逝による部屋閉鎖を受けて天城部屋に移籍し、当時すでに幕内力士であった虎城と邂逅。虎城に一方的に突っかかりつつも稽古を付けられた結果、序二段・三段目連続優勝を果たし、順調に段位を上げていった。感覚で説いてしまう天才肌な虎城の助言を唯一理解できており、虎城も火竜に対しては苦言を呈しながらもストイックな面は評価しており、その性格から部屋の中でも孤立していた火竜を付き人に登用し、火竜も陰では虎城の横綱昇進を喜ぶなど友人と呼べる関係であった。しかし横綱昇進後に八百長を行うほどまでに変わってしまった虎城に反感を抱くようになり、付き人からも外される。一方で変わり果てた虎城に元に戻って欲しいという思いは強く稽古を通して説得するも、結局届くことはなかった。同時に大衆が求める横綱を演じるがために己の全てを捨てた虎城の覚悟を誰よりも理解しており、チンピラに虎城の生き方を酷く侮辱された際には我を忘れ暴れまわり、前述の暴力事件へと発展。その結果綱取り目前で除名・追放処分という前代未聞の不祥事となってしまう。
落ちぶれた後は当時の精彩は見る影もなく酒浸りの生活に陥るも、鯉太郎の必死の決意から虎城の目を覚まそうとしていた過去の自分を思い出し、本人の前では厳しく接していたが、実際には「鯉太郎は自分の生き方を受け継ぎ、必ず自分を超えてくれる」と最後まで信じていた。
当時は「相撲は殺し合い」「勝つか負けるかそれだけ」という極端な考え方を持っており、天城親方や虎城からは「軽い相撲」と指摘されていた。晩年、息子・鯉太郎には「土俵は力士の生き様のぶつけ合い」という考えを説いていたが、火竜にこれを教えたのは皮肉にも後に決別してしまう、当時大関だった虎城であり、火竜自身も「テメー(虎城)が俺に刻んだ生き様」と称している。
斎藤 正一(さいとう しょういち)
火竜の死後、親戚からも避けられ引き取り手のいなかった鯉太郎を引き取り、息子同然に育てる。
火竜からは「正ちゃん」と呼ばれ、気のおけない友人だったようだが、いつからの付き合いなのかは不明。
山形県在住で42歳。職業は公務員で趣味は空手
斎藤 真琴(さいとう まこと)
通称・マコ姉。18歳[2]。正一の娘で、年下の鯉太郎の面倒を良くみていた。
気が強く鯉太郎にとっては頭の上がらない存在で、危なっかしい鯉太郎をいつも心配している。心配の裏返しで、言葉を交わせばいつもキツく当たってしまうのだが、本人もそれを悔いている描写がある。
BURSTでは都内の大学に進学し上京。度々本場所を観戦したり空流部屋に鯉太郎の様子を見に来たりするなど、これまで以上に部屋との関わりが深くなった。
好みのタイプは岸部一徳、嫌いなタイプは岸部シロー
畑 文太(はたけ ぶんた)
月刊『力士』記者で、最古参の相撲記者。「教えのハブさん」の異名を持ち、時に横綱にまで技術論を説く。彼の評価はかなり辛口。扇動的な記事ばかり載せる専門外のメディアを嫌悪している。鯉太郎ら空流の面々を買っている。
山崎 光(やまざき ひかり)
『日刊トップ』記者。畑と同じく鯉太郎たちを買っている。一方で、王虎の本性には早期から気づいていた。
虎城の現役時代、火竜がまだ序二段だった頃に新人記者であった人物で、当時から天城部屋を取材していたため、火竜と虎城の確執についても詳しい。特に火竜とはプライベートでも親交があり、顔の傷は火竜を酔っ払いの暴行から庇った際に付いたものである。火竜と虎城が角界を変える偉大な力士になると本気で信じていた。
火竜と虎城の決別の瞬間に立ち会い、同時に互いの生き様をこれから見届け、記事にすることを目標としていたが、火竜が暴力事件を起こしたことによってそれは叶わなかった。火竜と再会した際に自分が取材の結果知った事件の真実を記事にしようとするが、火竜によって止められ、以降鯉太郎を陰から見守っていた。
斉尚(せいしょう)
名古屋場所で空流部屋が宿舎としている寺の住職。
バイクを乗り回し、鼻ピアスにサングラスというスタイルのかなりぶっ飛んだ坊さんである。空流部屋の歓迎の集会には彼と似たり寄ったりの仲間も大勢集まり、さながら不良老人の溜まり場と化す。
村神 裕也(むらかみ ゆうや)
凛太郎の兄で、元序二段・天雷。インターハイ制覇の実績を持つ。
地元の期待を背負って相撲部屋に入門するが、後輩の大鵠を叱責したことを逆恨みされ故意に怪我を負わされ、それでもまだ上に行ける実力はあったものの、この負傷により取り組みが妥協的になったことを悟り廃業した。その際、親しかった阿形・吽形だけにそのことを伝えたが、他の関係者には無断で部屋を出たため実家から勘当された。かつて教習所で大鵠に痛めつけられてもなお稽古に励む阿形と吽形を、阿吽の喩え話を用いて激励し、それは彼等の四股名に受け継がれている。土俵を去った後も阿形と吽形からの敬意は変わらず、彼等が大鵠を憎む大きな理由の1つとなっている。
失踪後の消息は不明だったが、後に運送会社の社長を務め弟の取組を見届ける姿が描かれる。BURSTでも弟の取組を直接観戦しており、弟の取組を通して両親と和解した。
大地狼(だいちろう)
元・山ノ上部屋の幕内前頭十枚目。引退後は、故郷のモンゴルで国会議員をしている。
松明(たいまつ)
元・天城部屋の序二段。常松洋一の父親。火竜、虎城の弟弟子にあたる。
序二段と三段目を行き来する「エレベーター力士」であり、実力がない上に稽古も手を抜いていたため、火竜にはよく怒鳴られていた。一方、人あたりだけはいいので虎城には「男芸者」として重宝され、虎城の御零れを預かっていたが、その虎城も相撲取りとしては松明を見下していた。虎城の引退後にすぐ廃業するが、紹介された仕事を次々と投げ出すばかりでなく、狂った金銭感覚から借金を重ね、妻と2人の子供(洋一と妹の由佳)を残し蒸発した。洋一の過去の回想では、現役時代は息子と仲良く自分が教えた相撲で遊びながら鍛える子供には優しい父親であったが、廃業後は荒んでいき、洋一に暴力を振るい、自嘲するかのように暴言を吐くほど落ちぶれる様が描かれていた。
天城 源吾(あまぎ げんご)
当時虎城と火竜が所属していた天城部屋の親方。火竜からは「ハゲ」「タコ」と呼ばれていた。現役最高位は関脇。
指導自体は的確かつ理論立てているが火竜には通じず、稽古の度に怒鳴りあうのは後年の天城部屋ではもはや名物と化しており、そのせいで喉が潰れてしまっている。虎城も敬意を払っていたが、横綱昇進後には変貌していく虎城を抑えることができず疎遠となった。
火竜とは怒鳴りあっていたものの同時に大きな期待も寄せており、火竜も自分を引き受けてくれた恩義を感じていたため、親子のような信頼関係であった。その分暴力事件が起きた際にはショックを隠せずにいた。火竜の暴力事件が原因でクビになり、天城部屋も解体されてしまう。

単行本[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本誌2011年7号451頁の次回予告には「序ノ口優勝者のモンゴル人力士、岩ノ山。果たして実力は!?」と実際の四股名と全く異なるコピーが出ていた。
  2. ^ 単行本4巻(初版)では16歳となっているが、『週刊少年チャンピオン』2010年21+22合併号の作者コメントにて誤植であることが明言されている。