バチカン写本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バチカン写本。2テサロニケ3章11節から18節(左カラム)、ヘブライ1:1-2:2(中および右カラム)。ヘブライ書冒頭のΠが大きく欄外に出ている。

バチカン写本(バチカンしゃほん、la. Codex Vaticanus, バチカン図書館 gr. 1209; B/03)は聖書写本のひとつである。4世紀に作られた旧約聖書新約聖書ギリシア語写本で、羊皮紙アンシャル体(大文字)を使って書かれており、759葉からなる冊子本(コデックス)の体裁になっている。分類記号はBである。

バチカン写本は、シナイ写本アレクサンドリア写本と並び現存する三大ギリシャ語写本の一つである。

マカバイ記第1から第4およびマナセの祈りを除く七十人訳聖書全巻と、4福音書使徒行伝、一部のパウロ書簡ヘブライ人への手紙の途中まで(9:14 καθαριειまで)を含み、公同書簡フィレモンへの手紙を欠く。またヨハネの黙示録も収録されていない。原写本にない箇所は、15世紀の写本で補われている。

新約聖書写本の型としてはアレクサンドリア型の最古層かつ代表的なものである。また旧約部分も、七十人訳聖書の現存する写本としては極めて古い。このため本文批評において、極めて重要な意義をもっている。

1475年以来、バチカン図書館に蔵書目録に記録されており、写本の名はこれにちなむ。