バタフライ・エフェクト2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バタフライ・エフェクト2
The Butterfly Effect 2
監督 ジョン・R・レオネッティ
脚本 マイケル・D・ウェイス
製作 クリス・ベンダー
A・J・ディックス
アンソニー・ルーレン
J・C・スピンク
製作総指揮 ケイル・ボイター
リチャード・ブレナー
トビー・エメリッヒ
ジェイソン・ゴールドバーグ
デヴィッド・クリンツマン
アシュトン・カッチャー
ウィリアム・シヴリー
出演者 エリック・ライヴリー
音楽 マイケル・サビー
撮影 ブライアン・ピアソン
編集 ジャクリーン・カンバス
配給 日本の旗 アートポート
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年10月10日
日本の旗 2007年10月13日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 バタフライ・エフェクト
次作 バタフライ・エフェクト3/最後の選択
テンプレートを表示

バタフライ・エフェクト2』(原題: The Butterfly Effect 2)は、2006年に公開されたアメリカ映画。日本では2007年10月に公開された。

あらすじ[編集]

主人公ニック・ラーソンは、写真家で恋人のジュリーの誕生日を祝うため、友人たちと4人でドライブに出かけていた。そんな中、会社からの急な出社要請を受け、帰る羽目になる。道中、タイヤが突然パンクし、スピンしているところへ大型トレーラーが衝突。ニック以外が全員他界してしまう惨事となった。
事故から一年、ニックは未だ立ち直れないでいた。そんなある日、ジュリーたちとの思い出の写真を見ていたところ、突如発作に襲われる。激しい頭痛や眩暈を過ぎると、ニックはジープの運転席にいた。あの事故の数分前にタイムスリップしたのだった。とっさにハンドルを切り、大型トレーラーとの激突を免れたニックは、過去を変えることに成功した。運命を自らの手で変えてしまったことにより、現実は彼の想像を超え、様々な変化を見せはじめる。たったひとつの運命の変化が、その後、幾度も過去へ戻らざるをえないことになろうとは、その時のニックは知る由もなかった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ニック エリック・ライヴリー 竹若拓磨
ジュリー エリカ・デュランス 斎藤恵理
トレバー ダスティン・ミリガン 細谷佳正
アマンダ ジーナ・ホールデン 田代有紀
デイヴ デヴィッド・ルイス 前島貴志
ロン アンドリュー・エアリー

スタッフ[編集]

  • 監督:ジョン・R・レオネッティ
  • 脚本:マイケル・ウェイス
  • 製作:クリス・ベンダー 他
  • 製作総指揮:ケヴィン・ケイシャ 他
  • 音楽:マイケル・サビー
  • 撮影:ブライアン・ピアソン
  • 編集:ジャクリーン・カンバス

外部リンク[編集]