バス174

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バス174
Ônibus 174
監督 ジョゼ・パジーリャ
脚本 ジョゼ・パジーリャ
製作 ジョゼ・パジーリャ
Rodrigo Pimentel
Marcos Prado
出演者 Sandro Rosa do Nascimento
編集 フェリペ・ラセルダ
配給 日本の旗 アニープラネット
公開 ブラジルの旗 2002年12月6日
日本の旗 2005年6月4日
上映時間 111分
製作国 ブラジルの旗 ブラジル
言語 ブラジルポルトガル語
テンプレートを表示

バス174』(ポルトガル語: Ônibus 174英語: Bus 174)は、ブラジルドキュメンタリー映画。監督ジョゼ・パジーリャと、共同監督フェリペ・ラセルダ(Felipe Lacerda)のデビュー作。

概要[編集]

2000年6月12日リオデジャネイロで起こったバスハイジャック事件を扱う。貧しい環境で育った若者、サンドロ・ド・ナシメント(Sandro do Nascimento)は強盗を企てるが失敗し、その後4時間にわたりバス乗客を人質に取る。事件はテレビ生中継された。

映画のテーマは、この事件の調査に加え、リオデジャネイロ貧民街(favela、ファベーラ)・スラムの実態、ブラジルの刑事司法制度がどのように貧困層を扱うかも取り上げている。

なお、この作品で警察の内情を語った元リオ州軍警察特殊部隊BOPE大尉のロドリゴ・ピメンタル、バスジャック事件の際に人質交渉官として事件に関わったアンドレ・バチスタ警部はジョゼ・パジーリャ監督の2作目の作品であり、ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した『エリート・スクワッド』の登場人物の主役級クラスのキャラクターのモデルとなっており、主役の名前がナシメントであるところから、バスジャック事件の犯人であるサンドロの苗字からとったと思われる。

影響[編集]

映画祭上映[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]