バスレフ型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バス・レフレックス型スピーカーの基本構造図

バスレフ型(バスレフがた、バス・レフレックス、: bass reflex)は、スピーカーの一形式(エンクロージャーの一形式)である。

概要[編集]

スピーカーユニット単体の周波数特性
バス・レフレックス管部の共鳴特性
バス・レフレックス管部の共鳴効果による周波数特性の変化
最適なバス・レフレックス管部の特性とスピーカーユニットの特性からの合成で得られる周波数特性

スピーカーユニット後面から発生するの低音域をヘルムホルツ共鳴によって増幅する方式である。別名で位相反転型とも言い、スピーカーユニット後面から発生する低音の位相を反転させて、ダクトから前面に放出するシステムと説明される事もある。位相の反転が起きているのは事実だが、ヘルムホルツ共鳴による結果であり、低音増強の原理としては正しい説明とは言い難い。単に反転させるだけなら、ユニット前面の音と同音量になるはずだが、実際には設計によってヘルムホルツ共鳴の効果を上下させ、ユニット前面の音よりも音量の増減が可能である。

密閉型との比較においては、キャビネットの背圧の影響が小さく、伸び伸びと鳴るのが特徴とされる。ただしこの特徴は、バックロードホーン型、あるいは平面バッフルにおいての方が著しいため、これらとの比較においては、むしろ背圧の影響が大きいとされる。また、内容積が大きな密閉型と内容積が小さなバスレフを比較すれば、背圧の影響は逆転する場合もある。

密閉型よりも能率よく低音を再生する一方、ヘルムホルツ共鳴周波数より低い音圧出力は急激に減衰するため、低音再生の帯域には限界がある。その一方、バックロードホーン型よりは低音再生の能率は悪いが、低い帯域まで低音を再生する(バックロードホーン型でバスレフ型より低い帯域まで再生するためには、ホーンが長大になるため、実用性が無くなる)。

バリエーション[編集]

バリエーションとして、ダンプドバスレフ型がある。これはヘルムホルツ共鳴を制動(ダンプ)しQ値を小さくしたものである。特性は密閉型とバスレフ型の中間的なものになる(ただしバスレフ型とダンプドバスレフ型について、定義づけによる境界は存在せず、区別は曖昧である)。

またダブルバスレフ型がある。これはバスレフ型を二重にしたものであり、ヘルムホルツ共鳴が二重になるため、より低い帯域まで効率よく低音を再生する。ただし共鳴周波数のチューニングが困難であり、音域のピークやディップを生じやすいのが欠点であり、最適な設計は困難である。

またASW型というのも存在する。ユニット後方のみならず前面をもバスレフ型の箱を取り付ける、あるいは前面は密閉型の箱を取り付ける事によって、低音のみを再生するものであり、サブウーファーに用いられる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]