バストネサイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バストネス石
バストネス石
ブルンジのバストネス石
分類 炭酸塩鉱物
化学式 (Ce,La,Y)CO3F
結晶系 六方晶系
へき開 不明瞭
断口 でこぼこ
モース硬度 4 - 5
光沢 ガラス質、すべすべ
条痕 白色
比重 4.95 - 5.0
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

バストネサイト(bastnäsite)あるいはバストネス石[1]は、炭酸塩鉱物であり、フッ化鉱物である。スウェーデンヴェストマンランド地方にあるバストネス鉱山Bastnäs)で発見され、同地にちなんで命名された。

組成式 (Ce, La)CO3F のセリウムバストネス石(bastnäsite-(Ce))、組成式 (La, Ce)CO3F のランタンバストネス石(bastnäsite-(La))、組成式 (Y, Ce)CO3F のイットリウムバストネス石(bastnäsite-(Y))の3種類存在する。ほとんどはセリウムバストネス石であり、セリウムはこの類の鉱物の中では、最も豊富に存在する希土類元素である。実際、セリウムはバストネス産の本鉱から発見されている。

バストネス石とリン酸塩鉱石モナズ石は最大の希土類元素の源である。

バストネス石は花崗岩閃長岩ペグマタイトカーボナタイトプロピライトなどに存在する[2][3][4][5]

バストネス石は炭酸塩であるが、希塩酸には溶けず熱濃塩酸に溶けるのが特徴。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]