バスケットボールニュージーランド代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 Basketball pictogram.svgバスケットボールニュージーランド代表
国または地域 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
協会 ニュージーランドバスケットボール連盟
FIBAランキング 21位(2014年9月14日版)
オリンピック
出場回数 2回
初出場 2000 シドニー
最高成績 9位(2004)
ワールドカップ (男子) / 女子世界選手権
出場回数 3回
初出場 1986 世界選手権
最高成績 4位(2002)
オセアニア選手権
最高成績 優勝
ユニフォーム
Kit body thinblacksides.png
ホームジャージ
チームカラー
ホーム
Kit body thingreysides.png
アウェイジャージ
チームカラー
アウェイ
テンプレートを表示

バスケットボールニュージーランド代表(New Zealand national basketball team)は、男子バスケットボールニュージーランドナショナルチームである。ラグビー代表の愛称である「オールブラックス」と同じようにニュージーランド国民に親しまれるように「トールブラックス(Tall Blacks)」と付けられた。バーガーキングスポンサーになっているため、バーガーキング・トールブラックスと呼ばれる。


歴史[編集]

2000年に行われたシドニーオリンピックに出場したが、プレイオフでアンゴラを相手に1勝を挙げるのがやっとであり、1勝5敗、11位におわった。

2001年、トールブラックスはオーストラリアと翌2002年インディアナポリス市で行われるFIBA世界選手権への出場権をかけて、先に2勝したほうが出場権を得るという条件で国際試合を行った。チームはこれを勝ち抜き、出場権を獲得した。大会でプエルトリコを破って準決勝に進出したが、ユーゴスラビアドイツに敗北し、4位となった。トールブラックスのキャプテンを務めた、ペロ・キャメロンは大会に参加した唯一の非NBA出身者であった。

トールブラックスは2004年に行われたアテネオリンピックにも参加したが、再び1勝5敗で終わり、オーストラリアにプレイオフで敗れ、9位となった。大会7日目にセルビア・モンテネグロ代表を90対87で破ったのが大会唯一の勝利であった。

2006年世界選手権にも出場したが、グループゲームラウンドではスペインドイツ、アンゴラに3連敗を喫し、負けると敗退の崖っぷちで日本戦を迎えた。この試合でも第2Q終了時18点差を付けられていた。しかし、後半で一気に攻勢に転じ、第4Q残り1分24秒にキャメロンがこのQ4本目となるスリーポイントを決め57対57の同点に追いつき、残り31秒でカーク・ペニーが勝ち越しスリーポイントを叩き込み、60対57の大逆転勝利を上げた。そして最終戦のパナマにも勝利しファイナルラウンドに進む奇跡を演じた。しかし1回戦でアルゼンチンに敗れ16位に終わる。

ニュージーランド出身のNBA選手でもっとも有名な選手は、NBA5年目でサンアントニオ・スパーズに所属しているフォワードのショーン・マークスである。

主な国際大会成績[編集]


その他の競技のNZ代表のニックネーム[編集]

ニュージーランドのスポーツ界では、その銀色のシダをあしらったユニフォームを着ることやオールブラックスの一員に選ばれることが名誉とされているため、様々なスポーツの代表チームがそれにあやかった愛称で呼ばれている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]