バジャー (補助巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Badger 1898.jpg
艦歴
発注
起工 1889年
進水
就役 1898年4月25日
退役 1899年10月31日
その後 1900年4月7日に陸軍省へ移管
除籍
性能諸元
排水量 4,784トン
全長 329.6 ft (100 m)
全幅 48.3 ft (14.7 m)
吃水 18.5 ft (5.6 m)
機関
最大速 16ノット (30 km/h)
乗員 士官、兵員235名
兵装 5インチ砲6門

バジャー (USS Badger) は、アメリカ海軍補助巡洋艦。艦名はアナグマに因む。

艦歴[編集]

バジャーはペンシルベニア州チェスターのジョン・ローチ・アンド・サンズ社で1889年に建造された。1898年4月19日に米西戦争に使用するため購入され、ニューヨーク海軍工廠で補助巡洋艦へと改修、1898年4月25日に艦長A・S・スノー中佐の指揮下就役し、北部偵察戦隊に合流した。

1898年7月1日から8月18日までバジャーはキューバ封鎖に参加した。1898年7月26日にはドライ・トートガス沖で検疫旗を掲げた2隻の船を牽引するスペインの曳船を拿捕した。それらの船は医療支援と食糧が与えられ、8月3日まで港に抑留された。曳船はニューヨークに送られ、残りの2隻と399名の捕虜はハバナに送られた。

バジャーは1898年8月18日に陸軍の分遣隊を乗せてグアンタナモ湾を出航、8月24日にニューヨーク州モントークに上陸させた。バジャーは東海岸に留まり、12月26日に太平洋に向けて出航、1899年4月15日にサンフランシスコに到着した。4月26日にサモアへ向けて高等弁務官を運び5月13日に到着、その後サモア海域を巡航した。1899年8月14日にメア・アイランド海軍造船所に帰還し、オレゴン州およびカリフォルニア州の海軍民兵を乗せて1899年10月6日まで太平洋岸を巡航、訓練を行った。1899年10月31日にバジャーは退役し、1900年4月7日に陸軍省に移管され、ロートン (Lawton) と改名の上輸送任務に使用された。

外部リンク[編集]