バシリスク亜科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バシリスク亜科
Stirnlappenbasilisk3cele4.jpg
グリーンバシリスク Basiliscus plumifrons
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Sauria
下目 : イグアナ下目 Iguania
: イグアナ科 Iguanidae
亜科 : バシリスク亜科 Corytophaninae
属、種

バシリスク亜科(Corytophaninae)は、爬虫綱有鱗目トカゲ亜目イグアナ科に属する亜科の1つ。バシリスク科とする説もある。

分布[編集]

エクアドルエルサルバドルグアテマラコスタリカコロンビアパナマベリーズホンジュラスメキシコに自然分布。ノギワラバシリスクアメリカ合衆国フロリダ州)に移入。

形態[編集]

四肢や尾は長く樹上生活に適した形態を持つ。種によって異なるが後頭部や背面、尾にトサカや帆(クレスト)を持つ。幼体ではクレストは発達せず、成長につれ発達する。

バシリスク属には指の間に襞があり、これを広げることで本属の特徴的な行動である水上走行に大きな役割を果たしている。

体色は鮮やかな緑色と褐色の種に分かれ前者ではグリーンバシリスク、ナミカンムリトカゲ、後者ではグリーンバシリスクを除いたバシリスク属、ヘルメットイグアナ属があげられる。しかしスベヒタイヘルメットイグアナは体色の個体変異が大きくまた変色能力を持つため、鮮やかとは言わないまでも緑色の個体もいる。

生態[編集]

熱帯雨林に生息する。バシリスク属は水上に張り出した木の上にいることが多い。ヘルメットイグアナ属やカンムリトカゲ属はほぼ完全な樹上棲で地上に降りることは稀。

食性はバシリスク属は肉食性の強い雑食性で昆虫類、小型爬虫類、小型の鳥類、小型哺乳類果実等を食べる。他の2属は肉食性。繁殖形態は卵生。

分類[編集]

バシリスク属 Basiliscus

ヘルメットイグアナ属 Corytophanes

カンムリトカゲ属 Laemanctus

人間との関係[編集]

ペット用として輸入されることがある。主に流通するのはバシリスク属のグリーンバシリスクかノギワラバシリスクで、少ないながらスベヒタイヘルメットイグアナとナミカンムリトカゲが流通する。残りの種の流通は稀。

関連項目[編集]