バグパイプ吹きシュヴァンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バグパイプ吹きシュヴァンダ』(チェコ語: Švanda dudák)は、ヤロミール・ヴァインベルガーが作曲したオペラで、1927年に初演された。ベドルジハ・スメタナの『売られた花嫁』に次いで、チェコ国民楽派のオペラとして成功した作品である。

物語は、美しい妻ドロータと暮らしていたシュヴァンダが、盗賊バビンスキーの入れ知恵で旅に出て、氷の心を持つ女王の心をとかしたり、死刑になりそうになったり、地獄に落とされたりするなどさまざまな事件に出会って、ドロータのもとへと戻ってくるという、『ペール・ギュント』を思わせるような内容となっている。

このオペラはセンセーショナルな大成功となり、その当時チェコ各地で頻繁に上演されていたが、次第に人気を失った。今日ではオペラが上演されることはほとんどなく、「ポルカ」と「フーガ」がたまに演奏されるだけとなっている。