バクホー油田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バクホー油田

バクホー油田(Mỏ Bạch Hổ/白虎油田:White Tiger Oil Field)とは、ベトナムホーチミン市南東方沖合に位置する海底油田

近代的な油田としてはベトナム最初のものであり、2006年現在も同国最大の油田として稼働を続けている。

概要[編集]

花崗岩の破面で構成されている九龍海盆に位置している。同海盆は漸新世から中新世の初期にかけて形成されたリフト地区であり、ジュラ紀から白亜紀にかけて花崗閃緑岩中に花崗岩の岩脈が見られる[1][2]。破面は地塁として現れ、周辺を漸新世に形成された湖の頁岩からなる根源岩に囲まれている[1]

歴史[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Nguyen Du Hung and Hung Van Le, Petroleum Geology of Cuu Long Basin - Offshore Vietnam, Search and Discovery Article #10062 (2004), http://www.searchanddiscovery.net/documents/2004/hung/index.htm
  2. ^ Tatyana Nickolaevna Nemchenko, Oil in Granites on Example of White Tiger Field, Vietnam, AAPG & AAPG European Region Energy Conference and Exhibition (November 18–21, 2007) Technical Program (abstract) http://aapg.confex.com/aapg/2007int/techprogram/A113544.htm

外部リンク[編集]