バクスター (製薬会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バクスターインターナショナルインク
Baxter International Inc.
Baxter
種類 公開会社
市場情報 NYSE: BAX
本社所在地

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イリノイ州ディアフィールド

Baxter International Inc. Headquarters

設立 1931年
業種 医薬品
事業内容 医薬品、医療機器の開発・製造販売
代表者 会長兼CEO ロバート・L.・パーキンソン・ジュニア
純利益 23億米ドル(2011年)
従業員数 約50,800名
外部リンク http://www.baxter.com/
テンプレートを表示

バクスター(正式にはバクスターインターナショナルインク :Baxter International Inc., NYSE: BAX)は、米国イリノイ州シカゴ郊外ディアフィールドに本社を置く、医薬品、医療機器バイオテクノロジー関連の世界的企業である。 ニューヨーク証券取引所 (NYSE) に上場している。世界中の総社員数は約50,800人、売上高は142億米ドル(2012年)。1931年に輸液メーカーとして創業。日本では1969年に事業を開始。本項では日本法人、バクスター株式会社(Baxter Limited)についても併せて記述する。

事業概要と製品[編集]

バイオサイエンス事業(2012年売上高62億米ドル)

  • 血友病など出血性疾患の治療に使用する遺伝子組換え型たん白製剤
  • 免疫不全症、α1-アンチトリプシン欠損症、熱傷やショック、その他の血液疾患治療用の血漿たん白製剤
  • バイオサージェリー製品
  • 造血幹細胞を用いた治療法などの再生医療用の製品
  • ワクチン

メディカルプロダクト事業(2012年売上高80億米ドル)

  • 輸液製剤および輸液セット、プレミックス薬剤、薬剤溶解システム、プレフィルドシリンジおよびバイアル製剤、栄養輸液、注入ポンプ、吸入麻酔薬など、ドラッグデリバリーの関連製品
  • 製剤技術や包装技術にかかわる製品やサービス
  • 慢性腎不全治療用の製品。就寝中、自動的に透析液を交換する自動腹膜灌流装置や腹膜透析液など



日本法人[編集]

バクスター株式会社
Baxter Limited
Baxter
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
東京都中央区晴海一丁目8番10号 トリトンスクエア・オフィスタワーX9階
設立 1969年(昭和44年)3月27日
代表者 代表取締役会長兼社長ジェラルド・リマ
売上高 488億円(2012年)
従業員数 908名(2012年12月末現在)
外部リンク http://www.baxter.co.jp/
テンプレートを表示

バクスター株式会社は、腎不全、血友病、輸液、麻酔、疼痛管理の領域に特化した米バクスターインターナショナルインクの日本法人。医薬品、医療機器、バイオサイエンスを中心とした医療サービスを提供している。

主要製品[編集]

  • 血漿たん白製剤
    • アドベイト(ルリオクトコグ アルファ(遺伝子組換え)) - 遺伝子組換え型血液凝固第VIII因子製剤
    • ファイバ(乾燥人血液凝固因子抗体迂回活性複合体)
  • 腹膜透析液
    • ダイアニール-N - 腹膜透析液
    • ダイアニール - 腹膜透析液
    • エクストラニール -腹膜透析液
  • 腹膜透析システム
    • ゆめ・ゆめプラス(APDシステム)
    • ツインバッグ(CAPDシステム)
    • くり~んフラッシュ
  • 薬剤投与のための器材
    • バクスターインフューザー(携帯型ディスポーザブル注入ポンプ)
  • 全身吸入麻酔剤
    • スープレン吸入麻酔液(デスフルラン)

歴史[編集]

  • 1969年 - 米国バクスター・トラベノール社と住友化学との合弁会社として日本トラベノール株式会社設立
  • 1975年 - 米国バクスター・トラベノール社の100%出資によるトラベノール・パシフィック株式会社設立
  • 1982年 - 連続携行式腹膜透析(CAPDA)の輸入承認取得
  • 1985年 - トラベノール株式会社に社名変更
  • 1986年 - アメリカンホスピタルサプライ社の日本法人エイ・エッチ・エス・ジャパン 株式会社と合併、バクスター・トラベノール株式会社に社名変更
  • 1988年 - バクスター株式会社に社名変更
    携帯型ディスポーザブル注入ポンプ「バクスターインフューザー」発売
  • 1990年 - 宮崎県清武町に宮崎工場竣工
  • 1992年 - モノクローナル抗体による高度精製とS/D処理によるウイルス不活化を行った血液凝固第VIII因子製剤の製造技術を日本赤十字社に技術供与
  • 1994年 - 携帯型ディスポーザブルポンプ「インターメイト」発売
  • 1995年 - CAPDコールセンター開設(腹膜透析患者および施設への24時間サービス)
  • 2000年 - インヒビター治療用血漿分画製剤「ファイバ」承継販売開始
    メディカル製品事業部をアリージャンス株式会社に事業譲渡
  • 2001年 - 治療データモニタリング機能付き自動腹膜灌流装置「ゆめプラス」発売
  • 2002年 - 腹膜透析液バッグ交換時の紫外線殺菌器「くり~んフラッシュ」発売
    心臓血管製品事業をエドワーズライフサイエンス株式会社に承継
  • 2003年 - 非ブドウ糖含有腹膜透析液「エクストラニール」発売
  • 2004年 - 中性腹膜透析液「ダイアニール-N 」発売
  • 2007年 - ヒトおよび動物由来たん白を添加しない血友病A治療用 遺伝子組換え型血液凝固第VIII因子製剤「アドベイト」発売
  • 2010年 - 武田薬品工業株式会社とヴェロ細胞培養インフルエンザワクチンに関する培養・製造技術の許諾ライセンス契約を締結
  • 2011年 - 全身吸入麻酔剤「スープレン吸入麻酔液」発売
  • 2013年 - 日本初の細胞培養H5N1インフルエンザワクチンおよびプロトタイプワクチンの製造販売承認取得

リンク[編集]