バキュームエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バキュームエンジン真空機関、英語:vacuum engine, ドイツ語:Flammenfresser)は、19世紀(諸説あり)に幾多の熱機関が跋扈する中で開発された外燃機関の一種。

シリンダの外に設置された熱源から上死点付近で熱気をシリンダ内に取り入れ、冷却時の減圧によって回転する。

ドイツ語でFlammenfresserとは「火を喰らうもの」という意味で、作動時にシリンダの給排気口から火を吸い込む様はまさに言いえている。

電気モーターガソリンエンジン等に比して実用性に乏しく、現在では軽井沢ワールドトイミュージアム等においてその名残を見ることができる。

また、トーマス・セイヴァリの蒸気の凝縮を利用した揚水装置もバキュームエンジン(真空機関)と呼ばれる。

参考[編集]