バガトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バガトルbaγatur; 中世モンゴル語: ba'atur; 現代モンゴル語: баатар (baatar); 近世ペルシア語: بهادر (bahādur);近世テュルク語: bahadur;中国語:拔都兒)は、テュルク語モンゴル語における称号のひとつ。「勇者」を意味する。中世モンゴル語ではバアトルバートル)、現代モンゴル語ではバータル中央アジア以西において近世ペルシア語およびチャガタイ語オスマン語などではバハードゥル(バハードル)という。

歴史上テュルク語・モンゴル語話者の遊牧民が活動したモンゴル高原において、主に古代から中世にかけて首長層の称号として使用された。古くは匈奴冒頓単于の「冒頓」がこの語と同系の語の漢字音写であったとする説もある。

モンゴル帝国勃興期のモンゴル高原では、ハーンを名乗るには至らない有力者が称号として用いたり、戦争で活躍した勇士に対して贈られたりすることが多かった。モンゴル帝国が中央ユーラシアに広く拡大したのに伴い、その継承政権である中央アジアのテュルク系諸国家や、ロシアインド西アジア等でも称号や人名の一部としてバハードルが用いられるようになり、現在もインドや中央アジアに広く見られる。

モンゴル高原においては、モンゴル帝国の衰退後も原義である「勇者」「英雄」の意味で人名や称号に用いられてきた。モンゴル国の首都ウランバートル(現代モンゴル語: オラーンバータル)は、旧来イフ・フレーと呼ばれていた町が、モンゴルの社会主義化に伴って「赤い英雄」を意味する現在の名前に改名されたものである。

関連項目[編集]