バカブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バカブBacabs)は、マヤ神話において、イツァムナーイシュ・チェルの息子達で世界四方の天空を支える四柱のマヤ神の総称。

方角・色がそれぞれの神に与えられていて、北・白・ムラク(Mulac)、東・黄・カン(Kan)(後にチャク(Chac)とも)。南・赤・カウアク(Cauac)、西・黒・イシュ(Ix)である。方角及びその色は確信的だが、その名についてはそれぞれ様々である。因みにチャクの四方角・色の対応と同様。

関連項目[編集]