バカップル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バカップルとはカップルの三人称。恋人同士の熱愛ぶりを皮肉った言葉で、「バカ」と「カップル」をくっつけた日本俗語[1]

日本独特の表現・概念。1985年版の『現代用語の基礎知識』に掲載された後、1990年代にTBSの番組内で用いられたことにより急激に広まった。また1995年頃にタレント羽賀研二梅宮アンナのカップルをワイドショーが「バカップル」と評したため再び流行語となった[2]

定義[編集]

バカップルは俗語なので、はっきりとした定義は存在しないが、恋人の居ない人が妬みを込めて恋人同士を呼ぶこともある。

  • 公共の場所で衆目を意識せず平然といちゃつく、キスをする[3]
  • 2人だけが良ければそれで良い、という自己中心的な言動。
  • モラルの欠如した同士、あるいは文字通りバカ(教養のない)同士の男女のカップル
  • 人々が寝ている深夜、集合住宅(団地・マンションなど)の周辺に留まって平気でバカ笑いしながらクッチャべる。

など人目をはばからない言動を繰り返し、周囲に不快感や失笑を与えるカップルに対して皮肉を込めて用いられる場合が多い。また、それら行為を行ってしまった時に自嘲気味にバカップルを自称する場合もある。

ちなみに、バカップルという用語はあくまで俗語なので、その基準は人によって異なり、一般的に若者の間ではその基準は低く、年齢が高くなるにつれてその基準は厳しくなる傾向にある。

脚注[編集]

  1. ^ 出典:米川明彦編『日本俗語大辞典(第3版)』東京堂出版 2006年 492頁
  2. ^ 『現代用語の基礎知識 1996年版』1006頁、加藤迪男編『20世紀の言葉の年表』 東京堂出版 2001年 ISBN 978-4-490-10567-4 260頁に掲載。
  3. ^ 加藤迪男編『20世紀の言葉の年表』(東京堂出版、2001年、ISBN 978-4-490-10567-4)260頁

関連項目[編集]