バウリンガル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バウリンガル(Bow-Lingual)は、株式会社タカラ(現・タカラトミー、開発は子会社のドリームズ・カム・トゥルー)、株式会社インデックス日本音響研究所が共同開発した、とのコミュニケーションツール。日本では2002年9月発売。

本体と、犬の首輪に装着するワイヤレスマイクから構成される。

マイクで捕らえた犬の鳴き声を本体に転送しリアルタイムで分析、日本語に翻訳された感情表現を本体の液晶画面に表示する。出力されるのは「フラストレーション」「威嚇」「自己表現」「楽しい」「悲しい」「欲求」の6種類の感情。

当初は20万個の販売を目標としていたが、最終的には国内外で約30万個を売り上げ、2002年度のイグノーベル賞平和賞を受賞した。

なお、向けにミャウリンガルという姉妹品がある。

2009年8月27日には、機能を強化した新型「バウリンガルボイス」が発売。 犬の言葉が音声で再生されるようになった他、心理テストクイズなどいくつかのゲーム的コンテンツも実装された。

2010年11月11日ツイッター連携機能を搭載したバウリンガル for iPhone がリリース。初日、カテゴリー(SNS)で、ランキング1 位。関西弁、土佐弁、犬の道(犬の鳴きまね判定)の辞書を初めて搭載した。

外部リンク[編集]