バイ・バイ・ベイビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バイ・バイ・ベイビー(Bye Bye Baby (Baby Goodbye))(当初の邦題は「バイ・バイ・ベビー・グッドバイ」)は、1965年にリリースされたフォー・シーズンズのシングル。

バイ・バイ・ベビー・グッドバイ
Bye Bye Baby (Baby Goodbye)
フォー・シーズンズシングル
収録アルバム The 4 Seasons Entertain You
B面 サーチング・ウインド
リリース 1965年
規格 7インチ・レコード
ジャンル ロック
時間 2分32秒
レーベル アメリカ合衆国の旗フィリップス・レコード
日本の旗フィリップス・レコード / 日本ビクター
作詞・作曲 ボブ・クリューBob Crewe
ボブ・ゴーディオBob Gaudio
プロデュース ボブ・クリュー
チャート最高順位
テンプレートを表示

解説[編集]

フォー・シーズンズのプロデューサーであるボブ・クリューとメンバーでありクリューと共同プロデュースも手がけていたボブ・ゴーディオの作詞・作曲。デビュー当時のドゥー・ワップ・スタイルからバラード調への転向を試みた曲であり、全米12位とヒットした。

ベイ・シティ・ローラーズによるカバー[編集]

バイ・バイ・ベイビー
Bye Bye Baby
ベイ・シティ・ローラーズシングル
収録アルバム 噂のベイ・シティ・ローラーズ
B面 イギリスの旗アメリカ合衆国の旗愛は君だけに
日本の旗夢見る恋人
リリース 1975年
規格 7インチ・レコード
ジャンル ロック
レーベル イギリスの旗ベル・レコード
日本の旗アリスタ・レコード / CBSソニー
作詞・作曲 ボブ・クリュー
ボブ・ゴーディオ
プロデュース フィル・ウェインマン(Phil Wainman
チャート最高順位
テンプレートを表示

1975年に発売されたベイ・シティ・ローラーズのカバー・バージョンは、ロックン・ロール調にアレンジし直され、全英1位を6週連続で獲得する大ヒットとなった。これをきっかけに、いわゆる「タータン・ハリケーン」が世界的に巻き起こり、後記の郷ひろみのカバーを生み出すことになる。

郷ひろみによるカバー[編集]

バイ・バイ・ベイビー
郷ひろみシングル
リリース 1975年12月21日
ジャンル アイドル歌謡曲
時間 3分00秒
レーベル CBSソニー
チャート最高順位
郷ひろみ 年表
逢えるかもしれない
(1975年)
バイ・バイ・ベイビー
(1975年)
恋の弱味
(1976年)
テンプレートを表示

郷ひろみの15枚目のシングルである。日本語詞は安井かずみが担当した。

収録曲[編集]

  1. バイ・バイ・ベイビー (3分00秒)
    • 作詞・作曲:Bob Crewe & Bob Gaudio/訳詞:安井かずみ/編曲:穂口雄右
  2. 夢みる頃をすぎて (3分00秒)
    • 作詞:林あきら/作曲:穂口雄右/編曲:穂口雄右