バイロン・ドーガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイロン・ドーガン
Byron Dorgan, official photo portrait 2.jpg
出身校 ノースダコタ大学
現職 政治家, 作家
所属政党 ノースダコタ民主=無党派連盟党
配偶者 キム・ドーガン

アメリカ合衆国上院議員
任期 1992年12月15日 - 2011年1月3日

アメリカ合衆国下院議員
ノースダコタ州第1区選出
任期 1981年1月3日 - 1992年12月15日

上院インディアン委員会委員長
任期 2007年1月4日 - 現職

第18代 ノースダコタ州税務長官
任期 1969年 - 1980年
テンプレートを表示

バイロン・レスリー・ドーガンByron Leslie Dorgan1942年5月14日 - )はアメリカ合衆国ノースダコタ州の政治家である。1992年から2011年まで民主党の連邦上院議員を務めた。宗教は福音ルーテルである。

経歴・人物[編集]

1942年ノースダコタ州ディキンソンで生まれる。長じて、ノースダコタ大学デンバー大学に進み、デンバー大学ではMBAを取得している。地元・ノースダコタ州の税制委員長を経て政治経歴をスタートさせるのは、1980年からで、同年の連邦下院選で勝利を収めた後、1992年まで同職を勤める。92年以降は、同州選出の上院への鞍替えをはかり、98年、2004年の選挙でも順当に再選を果たす。ノースダコタ州は共和党が伝統的に強い州だがドーガンの政治キャリアにはほとんど影響を及ぼしてはおらず、とりわけ、共和党が大統領選と共に上下両院選でも圧勝した2004年の選挙でのドーガンの得票は驚異の68%を記録した。2010年に予定される上院選においても、ドーガンは4選を目指すと考えられていたが、2010年1月5日、政界からの引退を突如として発表する[1]。これまでは順風満帆にキャリアを重ねてきたドーガンだが、同年の選挙を巡ってはかつてないほどの逆風を受けており、落選は確実との情勢が伝えられていた[2]。また、同日には同じく落選の危機に立たされていたクリストファー・ドッド上院議員も引退を表明している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

公職
先代:
エドウィン・O・スジャスタッド
ノースダコタ州税務長官
1969 - 1980
次代:
ケント・コンラッド
先代:
ジョン・マケイン
上院インディアン委員会委員長
2007 - 2011
次代:
ダニエル・K・アカカ
議会
先代:
マーク・アンドリュース
ノースダコタ州選出下院議員
ノースダコタ州第1選挙区

1981 - 1992
次代:
アール・ポメロイ
議会
先代:
ケント・コンラッド
ノースダコタ州選出上院議員(第3部)
1992年12月14日 - 現在
同職:ケント・コンラッド
次代:
ジョン・ホーヴェン
党職
先代:
ケント・コンラッド
ノースダコタ州選出上院議員(第3部)
ノースダコタ民主=無党派連盟党候補

1992, 1998, 2004
次代:
トレーシー・ポッター
先代:
ハリー・リード
民主党政策委員会委員長
1999 - 2011
次代:
チャック・シューマー