バイセンテニアル・マン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バイセンテニアル・マン』(The Bicentennial Man)は、アイザック・アシモフSF小説である。1976年に発表され、後に同題の短編集(日本語版タイトル『聖者の行進』)に収録された。初訳時の題名は「二百周年を迎えた男」(『S-Fマガジン1978年4月号)。

概要[編集]

芸術工学の才を持ち、人間になりたいと願うロボット・アンドリュウの200年の生涯を描いている。ロボットと人間の境界線をテーマにした、アシモフのロボット物のひとつの境地と言える作品である。

元々は1976年アメリカ建国200周年に因み「バイセンテニアル・マン(200歳の男)」という表題の作品を集めたアンソロジーのために書かれた作品だが、企画が諸事情で頓挫したために別のアンソロジーにて発表された(この辺りの事情はアシモフ自ら短編集『聖者の行進』の中で語っている)。

1976年ネビュラ賞 中編小説部門、及び1977年ヒューゴー賞 中編小説部門を受賞。

1993年ロバート・シルヴァーバーグにより長編化され、1999年ロビン・ウィリアムズ主演で映画化された(共に邦題『アンドリューNDR114』)。

あらすじ[編集]

USロボット社で製造され、マーチン家に仕える事になった給仕ロボット。アンドリュウと名づけられた彼は偶然に芸術の才能を発揮する。主人の理解で自身の収入を得たアンドリュウは、それにより人間そっくりの外観を手に入れる。更に人工臓器の設計開発で名声と財を手に入れると同時に、その技術で自らの身体の内部も人間に近づけていく。

そして製造から150年後、長年の夢であった人間としての生存権を得るための法廷闘争に挑むアンドリュウ。長い闘いの末、人間になるために遂に彼が選んだ最後の選択とは…。

映画[編集]

アンドリューNDR114』として1999年に映画化された。

短編集[編集]

1976年、本作を表題作とする短編集が出版された(日本語版タイトル『聖者の行進』創元SF文庫)。アシモフがノンフィクションに執筆の中心を置いて久しい1970年代前半に書かれた作品を中心に収録している。特に『心にかけられたる者』は『バイセンテニアル・マン』と並んでアシモフのロボット物のひとつの境地であり、また『女の直感』は女性ロボ心理学者スーザン・カルヴィンの活躍する最後の作品である。

収録作品一覧[編集]

  • 女の直感 Feminine Intuition
  • ウォータークラップ Waterclap
  • 心にかけられたる者 That Thou Art Mindful of Him
  • 天国の異邦人 Stranger in Paradise
  • マルチバックの生涯とその時代 The Life and Times of Multivac
  • 篩い分け The Winnowing
  • バイセンテニアル・マン The Bicentennial Man
  • 聖者の行進 Marching In
  • 前世紀の遺物 Old-fashioned
  • 三百年祭殺人事件 The Tercentenary Incident
  • 発想の誕生 Birth of a Notion