バイオプラスチック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バイオプラスチック (bioplastic) とは、生物資源(バイオマス)から作られたプラスチックである。

原料[編集]

主にデンプンの含有量の多いトウモロコシサトウキビなどから製造される。技術的には生ゴミ牛乳等からも製造可能であるとされている。

特徴[編集]

バイオプラスチックの大きな利点は、元来地上にある植物を原料とするため、地上の二酸化炭素の増減に影響を与えないカーボンニュートラルの性質を持っていることである。ただし、従来のプラスチックと同様にバイオプラスチックの製造時にもエネルギーを必要とするため、完全なカーボンニュートラルではないとの意見もある。

バイオマス起源の素材を利用することで地球温暖化対策になる。植物が大気中の二酸化炭素 (CO2) を固定して生成した物質を使ってつくるプラスチックであるため、それを燃焼廃棄しても CO2 収支はゼロとなる。

焼却する場合、燃焼熱が低い上、ダイオキシン類が発生しない

バイオプラスチックの多くは生分解性プラスチックとしての性質を持つ。微生物によって水と二酸化炭素に分解され、その二酸化炭素を元に植物が光合成によってデンプンを作り出し、デンプンからまた生分解性プラスチックの原料を作り出すことができるので循環性がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]