バイオニクス歩兵戦闘車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイオニクス歩兵戦闘車
=Bionix AFV 1.jpg
基礎データ
全長 5.92m
全幅 2.70m
全高 2.57m
重量 23.0t(バイオニクス25)
21.5t(バイオニクス40/50)
乗員数 3名+兵員7名(バイオニクス25)
2名+兵員9名(バイオニクス40/50)
装甲・武装
主武装 M242 25mm機関砲(バイオニクス25)
40mm自動擲弾銃(バイオニクス40/50)
副武装 7.62mm機関銃M240(バイオニクス25)
12.7mm重機関銃M2(バイオニクス40/50)
機動力
速度 70km/h (整地)
エンジン 6V-92TA
液冷V型6気筒ディーゼル
475hp
懸架・駆動 油気圧式
行動距離 415km (整地)
テンプレートを表示

バイオニクス歩兵戦闘車(Bionix IFV)は、シンガポールで開発された初の歩兵戦闘車武装の違いにより、バイオニクス25バイオニクス40/50の2種類が存在する。

概要[編集]

1991年にシンガポール・テクノロジーズ・キネティック社が、シンガポール陸軍からの要求に基づいて開発を開始。試作車輌は1995年-1996年頃に完成したといわれ、1997年から量産を開始し、シンガポール陸軍へ派生型も含め500輌が納入された。

バイオニクスは車体と砲塔が圧延防弾鋼板の溶接構造で、車体は低平な箱型をした、歩兵戦闘車としては一般的なデザインとなっている。防御力も歩兵戦闘車としては標準的なレベルであるが、必要に応じて増加装甲板ボルト止めでき、さらにドイツのIBD社製爆発反応装甲を装着することもできる。

車内配置も標準的なもので、車体前部右側に操縦室、前部左側に機関室が配置され、車体中央部が全周旋回式砲塔を搭載した戦闘室、後部が兵員室となっている。エンジンは、アメリカデトロイトディーゼル社製の6V-92TA液冷V型6気筒ターボチャージドディーゼルエンジンを搭載、変速機にはジェネラル・ダイナミックス・ディフェンス・システムズ社製HMPT-500-3EC自動変速機を装備し、路上最高速度は70km/hで、10秒で32km/hまで加速できるため機動性は他国の歩兵戦闘車と遜色ない性能になっている。これらの動力装置は、アメリカユナイテッド・ディフェンス社が開発したM8 AGS軽戦車と同様のものである。また、歩兵戦闘車としては珍しく、油気圧式サスペンションを採用している。

バイオニクスの武装は、バイオニクス25とバイオニクス40/50とでは異なっており、バイオニクス25は左側に車長、右側に砲手が位置する大型の2名用砲塔にマクドネル・ダグラス(現ボーイング)社製25mm機関砲M242と、同軸および対空用に7.62mm機関銃M240、砲塔両側面にSDS-93 76mmスモークディスチャージャーを装備するのに対し、バイオニクス40/50では1名用砲塔に40mm自動擲弾銃と同軸の12.7mm重機関銃M2を装備する。なお、車体後部の兵員室にはバイオニクス25で完全武装の兵士7名、バイオニクス40/50で完全武装の兵士9名が搭乗でき、兵員室の上部左右には7.62mm機関銃を装備できるピストルマウントが備えられている。

派生型[編集]

バイオニクス25
25mm機関砲搭載型。
バイオニクス40/50
40mm自動擲弾銃搭載型。
バイオニクスAVLB
架橋車輌型。
バイオニクスARV
装甲回収車型。

参考資料[編集]

  • 戦車名鑑1946~2002 現用編、コーエー
  • グランドパワー5月号別冊、世界の戦闘車輌2006~2007、ガリレオ出版

関連項目[編集]