バイオアタック (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイオアタック
(BIO-ATTACK)
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 アーケードゲーム
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1~2人交互プレイ
発売日 1983年
テンプレートを表示

バイオアタック』(BIO-ATTACK)は、1983年タイトーがリリースしたアーケードゲーム。ジャンルは縦スクロールシューティング

Atari 2600などのゲーム「Fantastic Voyage」を題材にしたとされ、それを製作したFOX VIDEO GAMES(当時の20世紀フォックスの傘下)のライセンスを受けていることがタイトル画面で確認できる。

ゲームの概要[編集]

全6ステージ。ミクロ化された潜行艇が人間の体内に注入され、ウイルスの駆除と患部の治療を進めながら最終目的地の右目を目指す。

ウイルスに接触した場合は1ミス、画面下に表示されている自機の酸素(OXYGEN)が0になると残機数に関わらずゲームオーバー。酸素は奇数面のカプセルを取ることで回復する。

ステージ構成[編集]

奇数面は縦スクロール、偶数面はスクロール停止状態で患部を治療。6面クリア後は再び1面に戻る(エンドレス)。

  1. 血管(1) - 左腕静脈から心臓を目指す。
  2. 心臓 - 弁に張り付いているアメーバ状の物体に弾を当てて除去する。浮遊する敵は弾を当てると動きが止まる。
  3. 血管(2) - (1)とほぼ同じステージ構成。
  4. - 2面と同じ要領で胃潰瘍を除去する。降って来る胃液に当たると1ミス。
  5. 血管(3) - (1)・(2)とほぼ同じステージ構成。
  6. 右目 - ドットイートゲームの要領で網膜血管内の迷路を潜り、瞼より脱出。

関連商品[編集]

現時点では家庭用への移植は全くないが、BGMに関してはティームエンタテインメントから発売された「タイトーレトロミュージックコレクション5」に収録されている。

関連項目[編集]