ハーンニーバール・ムアンマル・アル=カッザーフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハーンニーバール・ムアンマル・アル=カッザーフィー
هانيبال معمر القذافي
生誕 1975年9月20日(39歳)
リビアの旗 リビア トリポリ
職業 実業家
配偶者 アリーネ・アル=カッザーフィー
ムアンマル・アル=カッザーフィー

ハーンニーバール・ムアンマル・アル=カッザーフィーアラビア語: هانيبال معمر القذافي‎、Hannibal Muammar Gaddafi、1975年9月20日 - )は、リビア実業家ムアンマル・アル=カッザーフィー(カダフィ)の四男[1][2][3]。カダフィ政権崩壊後はオマーンに亡命している。

経歴[編集]

1993年にリビアの海洋大学に入学し、1999年に卒業した。2003年エジプトアレクサンドリア科学・技術・海上輸送のためのアラブアカデミー英語版にで役員研修を学ぶ。

デンマークコペンハーゲンにあるビジネススクールでMBAを取得した[1]後、2007年にリビアの国営海上輸送会社の管理委員会顧問に就任した[4]

暴力事件[編集]

2008年ジュネーブ市内の五つ星の高級ホテル内で、女性使用人を虐待した罪で逮捕された[3][5]。最終的には起訴猶予になったが、カダフィが激怒しスイスに圧力をかけるなど外交問題に発展した[1]。カダフィは、2009年にリビア国内に滞在するスイス人2人を報復のため拘束している[6]

2008年、フランスでは、当時妊娠中のガールフレンドに暴力をふるい、執行猶予付き禁錮4か月の判決を受けている[7]。また、乳母として雇われたエチオピア人女性は、熱湯を浴びせられたと訴えている[8]

2009年12月、ロンドンの高級ホテルの一室で妻アリーネを暴行した疑いがかけられている。警官が部屋に入った際、アリーネは顔に重傷を負っており、そのまま病院に搬送され、ハーンニーバールは不逮捕特権を主張し逮捕を免れている[9][10]

リビア内戦[編集]

2011年リビア内戦では、早々に陸路を通じて隣国のアルジェリアに脱出している。残されたパソコンからは、プライベートジェット機を使い、リゾート地で豪遊する姿が残されており、内外に報道された[11]

2012年10月、母サフィーア・ファルカーシュ英語版、兄ムハンマド・アル=カッザーフィー英語版、妹アーイシャ・アル=カッザーフィー英語版と共にオマーンに入国し亡命を申請し、2013年3月に「政治活動をしない」という条件を受け入れたため、オマーン政府により亡命が受理された[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c The Gaddafi family – its key members”. ガーディアン (2011年8月30日). 2011年10月29日閲覧。
  2. ^ Gaddafi’s fourth son Hannibal Gaddafi luxury living photo exposure”. China News (2011年10月24日). 2011年10月29日閲覧。
  3. ^ a b Kadhafi’s son arrested for violence in Geneva hotel”. shariahfinancewatch.org (2008年7月19日). 2011年10月29日閲覧。
  4. ^ General National Maritime Transport Company”. 2015年3月15日閲覧。
  5. ^ Kadhafi’s son arrested in Geneva hotel flap”. canada.com (2008年7月17日). 2011年10月29日閲覧。
  6. ^ Thomasson, Emma (2011年3月6日). “Swiss want probe into Libya detention of citizens”. Reuters. http://www.reuters.com/article/2011/03/06/us-libya-swiss-idUSTRE7250VF20110306 2011年3月6日閲覧。 
  7. ^ カダフィ大佐の息子妻から虐待、「熱湯かけられやけど」乳母が訴え(AFP.BB.NEWS.2011年9月3日)2011年10月29日閲覧
  8. ^ The horrors of Hannibal Gadhafi: stories of abuse and pain”. allvoices.com (2011年9月2日). 2011年10月29日閲覧。
  9. ^ “カダフィ氏子息また騒動 英高級ホテルで妻暴行か”. 47NEWS. (2009年12月31日). http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009123001000638.html 2015年3月15日閲覧。 
  10. ^ Laing, Aislinn; Irvine, Chris (2009年12月31日). “Col Gadaffi's son in hotel room row which sees wife injured and bodyguards arrested”. The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/africaandindianocean/libya/6911392/Col-Gadaffis-son-in-hotel-room-row-which-sees-wife-injured-and-bodyguards-arrested.html 2011年9月1日閲覧。 
  11. ^ カダフィ大佐の五男、夫人との豪遊の日々(AFP.BB.NEWS.2011年9月28日)2011年10月29日閲覧
  12. ^ “カダフィ氏妻子、オマーンに亡命”. 日本経済新聞. (2013年3月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2600K_W3A320C1EB1000/ 2015年3月15日閲覧。