ハーンニーバール・ムアンマル・アル=カッザーフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハーンニーバール・ムアンマル・アル=カッザーフィー(Hannibal Kadhafi 1975年- )は、リビア実業家。現在は事実上、アルジェリア亡命中。カダフィ大佐(ムアンマル・アル=カッザーフィー)の四男[1][2][3]

経歴[編集]

デンマークコペンハーゲンにあるビジネススクールでMBAを取得した[1]

暴力事件[編集]

2008年ジュネーブ市内の五つ星の高級ホテル内で、女性使用人を虐待したかどで逮捕された[3][4]。最終的には起訴猶予になったが、カダフィ大佐が激怒しスイスに圧力をかけるなど外交問題に発展した[1]。また、同年フランスでは、当時妊娠中のガールフレンドに暴力をふるい、執行猶予付き禁錮4か月の判決を受けている[5]。また乳母として雇われたエチオピア人女性は、熱湯を浴びせられたと訴えている[6]

2011年リビア暴動[編集]

2011年リビア内戦では、早々に陸路を通じて隣国のアルジェリアに脱出している。残されたパソコンからは、プライベートジェット機を使い、リゾート地で豪遊する姿が残されており、内外に報道された[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c The Gaddafi family – its key members”. ガーディアン (2011年8月30日). 2011年10月29日閲覧。
  2. ^ Gaddafi’s fourth son Hannibal Gaddafi luxury living photo exposure”. China News (2011年10月24日). 2011年10月29日閲覧。
  3. ^ a b Kadhafi’s son arrested for violence in Geneva hotel”. shariahfinancewatch.org (2008年7月19日). 2011年10月29日閲覧。
  4. ^ Kadhafi’s son arrested in Geneva hotel flap”. canada.com (2008年7月17日). 2011年10月29日閲覧。
  5. ^ カダフィ大佐の息子妻から虐待、「熱湯かけられやけど」乳母が訴え(AFP.BB.NEWS.2011年9月3日)2011年10月29日閲覧
  6. ^ The horrors of Hannibal Gadhafi: stories of abuse and pain”. allvoices.com (2011年9月2日). 2011年10月29日閲覧。
  7. ^ カダフィ大佐の五男、夫人との豪遊の日々(AFP.BB.NEWS.2011年9月28日)2011年10月29日閲覧