ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人
Herb and Dorothy
監督 佐々木芽生
製作総指揮 カール・カッツ
キャシー・プライス
音楽 デヴィッド・マズリン
撮影 アクセル・ボーマン
編集 バーナディン・コーリッシュ
配給 日本の旗 ファイン・ライン・メディア=TSUMUGU
公開 日本の旗 2010年9月8日あいち国際女性映画祭
日本の旗 2010年11月13日(劇場公開)
上映時間 87分
製作国 アメリカ合衆国の旗
次作 ハーブアンドドロシー ふたりからのおくりもの
テンプレートを表示

ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』(原題: Herb and Dorothy)とは、佐々木芽生監督によるドキュメンタリー映画。アメリカ合衆国のナショナル・ギャラリーに多数の現代アートのコレクションを寄付したことで知られる、ハーブとドロシーのヴォーゲル夫妻英語版を題材としている[1]

2008年ハンプトン国際映画祭英語版のドキュメンタリー部門で「金のヒトデ」賞を受賞した[2]。 日本では2010年あいち国際女性映画祭において『ハーブ&ドロシー アートの歴史を塗りかえた小さな二人』というタイトルで上映された。

2012年に『ハーブアンドドロシー ふたりからのおくりもの』(Herb & Dorothy 50x50)が続篇として公開された。

制作背景[編集]

2002年2月に佐々木が当時勤めていたNHKで、その教育番組用にナショナル・ギャラリークリストジャンヌ・クロードの展覧会を撮影した際、展示会の作品がヴォーゲル・コレクションの一部であること、二人の人間性、蒐集方法と寄贈について知り、衝撃を受けたことが切っ掛けでこの二人のことを伝えたいと考えた[3]。しかし当時はデジタルカメラを回せば映画が撮影できると考えていたが、実際は予算が当初の4倍もの金額に膨れ上がった[4]

出演[編集]

ヴォーゲル夫妻[編集]

ハーバート(ハーブ)・ヴォーゲル Herbert Vogel
ニューヨークの元郵便局員。ポーランドとロシア系ユダヤ人の間に生まれる。当初は貧しく、明日をも知れぬ生活をしていたこともあった。当時流行のスーツを着ていた際、厳格な父親に反対され、それを切っ掛けに高校を中退する。学校嫌いで芸術の知識は最初図書館の本から得ていた。後に大学で西洋絵画だけでなく、中国や日本の芸術についても学んだ。これらの知識は収集の時に活かされた。自身も抽象画を主とする絵描きであり、彼の収入を使って二人は作品の収集を行っていた。
ドロシー・ヴォーゲル Dorothy Vogel
公立図書館の元司書。彼女の収入は二人の生活費に充てられていた。

主なアーティスト[編集]

受賞歴[編集]

参考資料[編集]

  • 『ハーブアンドドロシー』パンフレット

脚注[編集]

外部リンク[編集]