ハーフムーン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハーフムーン島
リヴィングストン島から見たハーフムーン島。背景に見えるのはグリーンウィッチ島。
ハーフムーン島の位置
地理
場所 南極
座標 南緯62度35分30秒 西経59度55分15秒 / 南緯62.59167度 西経59.92083度 / -62.59167; -59.92083座標: 南緯62度35分30秒 西経59度55分15秒 / 南緯62.59167度 西経59.92083度 / -62.59167; -59.92083
所属群島 サウス・シェトランド諸島
面積 171 ha (420エーカー)
南極
住民
人口 0
その他
南極条約下で管理

ハーフムーン島(Half Moon Island)は、サウス・シェトランド諸島にある島である。リヴィングストン島バーガス半島から北に約1.35kmに位置する。面積は171km2である[1]。アルゼンチンのカマラ基地は、この島に所在している。島内に空港はなく、海路かヘリコプターでしかアクセスできない。海軍基地は夏季に運用されるが、冬季には閉鎖される。

生物相[編集]

この島で見られる植物には、ナンキョクコメススキのほか、数種類の地衣類蘚類がある[1]

この島には、約100つがいのオオトウゾクカモメの子育てのためのコロニーがあるため、バードライフ・インターナショナルによって重要野鳥生息地に指定されている。この島で営巣する鳥類には、このほか、ヒゲペンギン(2000つがい)、ナンキョクアジサシ(125つがい)、ミナミオオセグロカモメ(40つがい)、アシナガウミツバメクロハラウミツバメマダラフルマカモメチャイロオオトウゾクカモメサヤハシチドリズグロムナジロヒメウがある[1]

ウェッデルアザラシナンキョクオットセイは、毎年この島の海岸に姿を表す。ミナミゾウアザラシの出現も記録されている[1]。海岸では、しばしばクジラも目撃されている。

アクセス[編集]

ハーフムーン島の地図

この島は、南極クルーズの停留地として用いられており、観光のピークは11月から3月である。島の南部には、2000mの歩道があり、旅行客は野生動物や近隣のリヴィングストン島、グリーンウィッチ島の山並みを見ることができる。メングアンテ湾(Menguante Cove)の南側から始まる歩道は、海岸に沿ってカマラ基地まで西に延び、そこから北上し、北東方向に坂を上ってキセニア山の頂上まで続く[2]

Google ストリートビュー[編集]

2010年9月、Google社は、Google EarthGoogle マップのサービスにハーフムーン島のストリートビュー画像を追加した[3]。この島へのストリートビューの拡大は、このサービスによって世界の7つ全ての大陸の画像が得られるようになったことを意味した[4]。この島には道路がないので、画像は三脚上のカメラで撮影された。

ギャラリー[編集]

地図[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Half Moon Island”. BirdLife data zone: Important Bird Areas. BirdLife International (2013年). 2013年1月1日閲覧。
  2. ^ Google, Inc. Google Maps – Half Moon Trail (地図). Google, Incによる作成.. http://maps.google.com/maps/ms?msid=215796341273232930987.000491804ebc21f435e7a&msa=0&ll=-62.595612,-59.897761&spn=0.009847,0.014548 2012年3月13日閲覧。 
  3. ^ Official Google Blog: Explore the world with Street View, now on all seven continents”. Google (2010年9月30日). 2010年10月2日閲覧。
  4. ^ Halliday, Josh (2010年9月30日). “Google Street View: No more privacy for penguins as Antarctica gets mapped”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/technology/2010/sep/30/google-street-view-map-antarctica 2012年3月13日閲覧。 

外部リンク[編集]