ハードドライビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハードドライビン
ジャンル ドライビングシミュレーター
対応機種 アーケード(AC)
Atari Lynx(Lynx)
メガドライブ(MD)
プレイステーション2(PS2)
開発元 アタリ
発売元 アタリ
MD:テンゲン
PS2:サクセス
人数 1人
メディア MD:2Mbitカセット
PS2:DVD-ROM
発売日 AC:1989年
Lynx:1990年
MD:1990年12月21日
PS2:2006年9月21日ゲーセンUSA ミッドウェイアーケードトレジャーズ」に収録
デバイス ハンドル
ペダル×3
ギア
テンプレートを表示

ハードドライビン』( HARD DRIVIN' )はアタリから発売されたアメリカのドライブゲーム(レースゲーム)である。現在はミッドウェイが権利を所有している。

初出は1989年のアーケード用。「スーパーリアル・ドライビングシミュレーター」と銘打っている通り、リアルな感覚が特徴である。

作品解説[編集]

ポリゴンによって描かれたコース、筐体にはクラッチ付4段マニュアルとフォースフィードバック付大径ハンドルが特徴。パワーステアリングの装備が無い車という設定でハンドリングは重い。ゲームセンター用の筐体には1画面のものと3画面のものがある。

日本市場向けには、表示されるメッセージは直訳的な日本語に変更され、本作品のタイトルも画面上では「ハード ドライビイン」で、「コインをいれよ」などと表示される。ゲーム中のメッセージも「キーをまわせ」など、命令口調になっている。

アメリカ製のオリジナル版は右側通行などアメリカ仕様だが、日本向けバージョンでは左側通行に変更され、また速度計や標識の単位も合わせてキロメートル毎時となっている。しかし、画面のグラフィックや視点は左ハンドルのままで、運転感覚が微妙に異なる。

システム[編集]

ゲーム開始は、コイン投入後にイグニッションキーを模したスタートスイッチで行う。運転方法は4速MTと、ATが選択できた。ATの場合はいずれかのシフトポジションにシフトレバーを入れておかなければニュートラル扱いとなり、加速できない。

スタート直後、いきなり分かれ道が現れ選択を迫られる。一般道を模したスピードトラックと、360度空中ループ橋等のあるスタントトラックに分かれる。ここで躊躇すると、分岐点にある標識を「カン!」という小気味良い音とともになぎ倒し、牛に衝突し「モー」と言わせ、牛小屋に衝突することとなる。

まっすぐ行くとハイスピードなコーナリングをハンドルの反動に負けないようにねじ伏せながら、微妙なアクセルワークで駆け抜けるコースに、右に曲がればジャンプ跳ね橋や空中でループしている道路など、過去のゲームには無かった斬新なコースが味わえる。

クラッシュシーンにも独特の演出が施されている。走行中に対向車にぶつかったり、コースから外れて宙を舞ったりすれば、物悲しい危機的な音楽が流れ、今起こした事故を違う視点からリプレイ(日本語版では画面に“インスタント リープレー" と表示される)してくれる。このリプレイでの衝突シーンは完全弾性衝突を起こしている。

また、タイムエクステンド時には「ドーン」という重低音のインパクトある効果音が鳴る。

その他[編集]

  • チャンピオンシップラップの時、スピードトラック側には通行止めの看板が立っているが、それをなぎ倒してスピードトラックの方へ行く事ができる。しかも、それでシャドウカーに勝てば、ちゃんと勝った事になる。
  • 立体交差下とスタート地点の間の左側に細い道が直角に出ているが、この先を進んでいくと「DIP」と書かれた看板が3つある。この看板をなぎ倒してさらに進んでいくと、紺色の丸い広場があり、その真ん中に黄緑色の塔が立っている。
  • ハイスコア時の名前入力で、FUCKなどの忌避語を入力すると、表示される際に伏せ字になる。

移植作品・続編[編集]

  • 1990年 - Atari Lynxメガドライブに移植されている。発売元はテンゲン。MT(マニュアルシフト)を選択すると、ギアチェンジ時にコントローラによるクラッチ操作が必要となり、まさに「ハード」なドライビングを体験できた。
  • レースドライビン(1990年)前作のコースに加えて、短いサーキット風のコースと、「スーパースタントコース」が追加された。スーパースタントコースは、「垂直の壁でターン」「360度ループの頂点部だけ床がなくなっている」「長距離のジャンプ」など、さらに過激さを増す。車種もオープンカーやNASCAR風レーシングカーなどが追加されている。ジェネシス(海外版メガドライブ)に移植されており、日本でも発売予定とされていたが、後に中止となっている。なお、このジェネシス版では、表示能力の問題からガケ沿いを走り抜けるコースが、ジェットコースターのような「空中に浮いた一本道」となってしまっているなど、アーケード版のコースを完全再現したものではない。
  • 1993年に、Hard Drivin's Airborneが発売された。ハードやグラフィックデザインなどを踏襲しているが、自車は走行中に飛行機へ変態できるという奇抜な設定である。日本市場にはほとんど出回らなかった。
  • レースドライビン(レースドライビン・ア・ゴー! ゴー!)(1996年)セガサターンプレイステーションに移植。レースドライビンに、さらにスポーツカータイプや三輪軽トラックなど使用できる車種を追加、コースにテクスチャーマッピングを施した「リアルモード」を追加したもの。オリジナルのままの「アーケードモード」もある。プレイステーション版は「レースドライビン・ア・ゴーゴー」というタイトル。
  • 2006年 - プレイステーション2に移植され、「ゲーセンUSA ミッドウェイアーケードトレジャーズ」に収録されている。発売元はサクセス