ハートブルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハートブルー
Point Break
監督 キャスリン・ビグロー
脚本 W・ピーター・イリフ
製作 ピーター・エイブラムス
ロバート・L・レヴィ
製作総指揮 ジェームズ・キャメロン
出演者 パトリック・スウェイジ
キアヌ・リーブス
音楽 マーク・アイシャム
撮影 ドナルド・ピーターマン
編集 ハワード・スミス
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 日本ビクター/ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年7月12日
日本の旗 1991年10月21日
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $24,000,000
興行収入 $43,218,387[1] アメリカ合衆国の旗
$83,531,958[1] 世界の旗
テンプレートを表示

ハートブルー』(原題: Point Break)は、1991年に製作されたアメリカ合衆国アクション映画

FBI捜査官と銀行強盗という、正反対の立場の人間の友情を描いた作品。

ストーリー[編集]

ハーヴァード大学出のエリートFBI捜査官のジョニー・ユタ(リーブス)は、ロサンゼルスのベニス・ビーチで続発する銀行強盗の調査をベテラン刑事のパパス(ゲイリー・ビジー)とともに任される。犯行は歴代大統領の覆面[2]を被り、わずか一分半で盗みを終えるプロフェッショナルによるものだった。二人は事件の場所から犯人をサーファーであると推測し、捜査を開始する。

彼は早速、潜入捜査のためサーファーに成りすまし、強盗団のリーダーであるボーディ(スウェイジ)と女性サーファーのタイラー[3](ロリ・ペティ)と出会う。ボーディは、ジョニーが大学生時代にフットボールのクォーターバックとして活躍していたのを知っており、そのこともあってジョニーはすんなりとサーファーグループと浜辺でのフットボールやサーフィンで絆を深め合っていくことができた。そしてタイラーとも恋人同士の関係になっていくのだった。

ある日パパスとジョニーは同じ車に乗っていた。パパスが「何か食い物を買ってこよう」とファーストフード店へと向かう。そしてその瞬間にジョニーは覆面の強盗集団の犯行を目撃する。すぐさま車で後を追うジョニーだったが、間一髪のところで逃げられてしまう。

追ってきた捜査官がジョニーであることを確認したボーディはタイラーを拉致。ジョニーをスカイダイビングに誘いスカイダイビング後に、タイラーの命と引き換えにジョニーに銀行強盗に協力するよう脅迫する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 日本テレビ
ジョニー・ユタ キアヌ・リーブス 堀内賢雄 宮本充
ボーディ パトリック・スウェイジ 大塚明夫
タイラー ロリ・ペティ 勝生真沙子 戸田恵子
アンジェロ・パパス ゲイリー・ビジー 樋浦勉
ベン・ハープ ジョン・C・マッギンリー 大塚芳忠 金尾哲夫
ローチ ジェームズ・レグロス 家中宏 島田敏
ナサニアル ジョン・フィルビン 仲野裕
グロメット ボジェシー・クリストファー 鈴置洋孝 辻谷耕史
バビット ダニエル・ベール 仲野裕
ディーツ トム・サイズモア 田原アルノ 牛山茂
アルヴァレス捜査官 ジュリアン・レイズ 松本保典
ロージー リー・ターゲセン 島香裕
ヴォンカー クリス・ペダーセン 荒川太郎

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのメンバーのアンソニー・キーディスフリーが悪たれサーファー役で出演している。

  • ソフト版 - VHSDVD収録
演出 - 清水勝則、翻訳 - 徐賀世子、調整 - 佐藤隆一、制作 - ビデオテック/ザック・プロモーション
その他吹き替え - 滝沢久美子福田信昭山口健荒川太郎成田剣島香裕小野健一中原茂鈴木勝美小林優子桜井敏治横山智佐
演出 - 清水勝則、翻訳 - たかしまちせこ、調整 - 野下繁登、効果 - 南部満治、制作 - ザック・プロモーション
その他吹き替え - 大滝進矢高宮俊介古田信幸成田剣横尾まり色川京子渡辺美佐田中敦子

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

本作の主人公、ジョニー・ユタのキャラクター名は、NFL選手ジョニー・ユナイタスジョー・モンタナにインスパイアされたものである[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b Point Break (1991)”. Box Office Mojo. 2009年12月27日閲覧。
  2. ^ レーガンカーターニクソンジョンソンの4人。
  3. ^ ボーディの友人ではあるがボーディたちの強盗には一切関与していない。
  4. ^ Strauss, Bob (1991年7月12日). “I'd like to do a lot of different things”. The Globe and Mail 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]