ハンブルク=アルトナ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
駅舎外観(2005年)
ホーム

ハンブルク=アルトナ駅 (Bahnhof Hamburg-Altona) は、ドイツハンブルク=アルトナにある鉄道駅。行き止まり式の頭端駅である。近くに車両基地貨物ヤードがあり、ICEなどの高速列車、各国を結ぶ国際列車のターミナル駅としての役割を果たしている。東にハンブルク中央駅があり、電車で10分程度で行くことができる。乗降客数はハンブルク中央駅の方が多い。

歴史[編集]

1844年シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公国デンマーク領)の都市アルトナに建てられた駅が起源であり、これによってアルトナとバルト海沿いの軍港キールとが鉄道で結ばれることになった。当時はまだドイツ帝国が成立しておらず、アルトナとエルベ川東岸のハンブルクは別の国家に属していたが、ドイツ統一の過程におけるシュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争普墺戦争を通じて、ハンブルクとアルトナがより緊密に結びつけられていった。ドイツ帝国成立後の1898年には新駅舎が完成した。

プロイセンの行政下におかれていたアルトナは、1938年のナチス・ドイツ政権下における行政区域改革によりハンブルクと合併することになった。この際に駅名がアルトナ駅からハンブルク=アルトナ駅に改められた。第二次世界大戦の際、駅舎は激しく損傷を受けたが、1950年代にかつてと同じ形状で復興された。その後、路線の増加にあわせて駅舎のさらなる近代化が図られた。現在の駅舎は1979年の改築によって建てられたものである。

外部リンク[編集]

座標: 北緯53度33分07秒 東経9度56分06秒 / 北緯53.55194度 東経9.93500度 / 53.55194; 9.93500