ハンブルク級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンブルク級駆逐艦
Schleswig-Holstein (D-182).jpg
艦級概観
艦種 駆逐艦
艦名 西ドイツの州の名
就役期間 1964年 - 1994年
同型艦 4隻
前級 Z1級(119型)駆逐艦
(旧米海軍フレッチャー級駆逐艦
次級 ブランデンブルク級フリゲート
性能諸元
排水量 基準:3,340t
満載:4,680t
全長 133.7m
全幅 13.4m
吃水 6.2m
機関 ボイラー 4基
蒸気タービン (34,000shp) 2基
推進器 2軸
速力 34 kt
航続距離 3,400 nmi / 18 kt
乗員 268名
兵装 Mle.54 100mm単装砲
(改装後は3基)
4基
Mod.58-II MDL 40mm連装機銃 4基
エグゾセMM38 SSM連装発射筒
(改装後)
2基
M/50 375mm対潜ロケット砲 2基
533mm単装魚雷発射管 4門
爆雷投射機 2基

ハンブルク級駆逐艦 (ドイツ語: Hamburg-Klasse Zerstörer) は、西ドイツ海軍駆逐艦。101型駆逐艦(Klasse 101)とも呼ばれる。

概要[編集]

101型時代の「ハンブルク」

1955年西ドイツ再軍備を開始し、ドイツ連邦軍を編成した。本級は、西ドイツ初の国産駆逐艦として、新生ドイツ海軍の洋上兵力の基幹を為すものとして計画された。本級の整備計画は駆逐艦55Zerstörer 55)として進められ、12隻の整備が計画されていた。ただし、財政上の問題によって、最終的には4隻が建造されたのみに留まった。建造はシュトゥルケン・ゾーン社ハンブルク造船所とH・C・ストラッケン社ハンブルク造船所で行なわれた。

本級は当初、対潜戦を主眼とするものとして開発された。しかし、1975年から1977年に各艦、3番100mm単装砲を撤去してエグゾセ対艦ミサイル連装発射筒2基を装備、艦首と艦尾にあった魚雷発射管を上甲板中央部に移設、電子機器の更新などの近代化改装工事を受けた。この改装後の艦をとくに101A型とも呼ぶ。なお、101A型では、リンク 11の運用能力を有するPALIS戦術情報処理装置によって海軍戦術情報システムを備えているが、同時期の日本のOYQ-3と同様、武器管制とは連接されなかった。またレーダーとして対空捜索用のDA-08(Sバンド)、対水上捜索用のZW-03(Xバンド)が導入されたほか、当初は開放式であった艦橋が101A型への改装に伴って閉鎖式になっており、外見上の特徴となっている。

1994年までに全艦退役している。

同型艦[編集]

艦番号 艦名 起工 進水 就役 退役 備考
D181 ハンブルク
Hamburg
1960年
1月29日
1960年
3月26日
1964年
3月23日
1994年
2月24日
1998年、スペインにて解体。
D182 シュレースヴィヒ=ホルシュタイン
Schleswig-Holstein
1959年
8月20日
1960年
8月20日
1964年
10月12日
1994年
12月15日
1998年、ベルギーにて解体。
D183 バイエルン
Bayern
1961年
2月15日
1962年
8月14日
1965年
7月4日
1993年
12月7日
1995年、デンマークにて解体。
D184 ヘッセン
Hessen
1961年
2月1日
1963年
5月4日
1968年
10月8日
1990年
3月29日
1991年、ポルトガルにて解体。

ハンブルク級駆逐艦は4隻とも、1965年4月1日にヴィルヘルムスハーフェンにて編成された第2駆逐艦戦隊(2. Zerstörergeschwader)に配備された。

第2駆逐艦戦隊は1994年9月27日に解隊されたが、その伝統は1994年9月28日に編成された第6フリゲート戦隊(6. Fregattengeschwaderブランデンブルク級フリゲートが配備されていたが、2006年1月に解隊)が引き継いだ。

参考文献[編集]

  • Gerhard Koop; Siegfried Breyer (1996). Die Schiffe, Fahrzeuge und Flugzeuge der deutschen Marine von 1956 bis heute. Bernard & Graefe Verlag. ISBN 9783763759507. 

外部リンク[編集]