ハンピ (インド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 ハンピの建造物群
インド
ヴィルパークシャ寺院
ヴィルパークシャ寺院
英名 Group of Monuments at Hampi
仏名 Ensemble monumental de Hampi
登録区分 文化遺産
登録基準 (1), (3), (4)
登録年 1986年
備考 危機遺産(1999年-2006年)
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

ハンピ(Hampi, カンナダ語:ಹಂಪೆ)はインド南部カルナータカ州の村で、かつてのヴィジャヤナガル朝の首都であった。古名はヴィジャヤナガル(Vijayanagara、「勝利の都」)。現在は遺跡北側を流れる川の旧名で呼ばれる。

ハンピの都市遺跡[編集]

ハンピに残存する都市の遺構は、1986年ハンピの建造物群(Group of Monuments at Hampi)の名称で国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産文化遺産に登録された。

ハンピは14世紀から16世紀にかけて南インドのヒンドゥー教勢力が結束して成立したヴィジャヤナガル朝の王都であり、数多くの宮殿やヒンドゥー教寺院が造営されたが、1565年ターリコータの戦いムスリム5王国英語版の連合軍に負け、その略奪を受け廃墟と化した。その後、ティルマラ・デーヴァ・ラーヤがヴィジャヤナガルから南方のペヌコンダへと遷都した。

現在は40ほどの遺跡が残っており、さまざまな神祠望楼柱廊浴場要塞なども散在している。

ハンピ北東端に所在するヴィッタラ寺院英語版は最大規模をほこり、56本の石柱があり、広い列柱ホールの礼拝堂(マンタバ英語版)をそなえている。

トゥンガバドラー川沿いにあるヴィルーパークシャ寺院英語版シヴァ神に献じられたもので、規模が大きく、南インドに特徴的な寺院建築を伝える現役の寺院である。

1999年以降、遺跡保存に緊急性および特段の配慮を必要とするため、ユネスコの「危機にさらされている世界遺産」(危機遺産)リストに登録されていたが、2006年に除外された。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯15度20分06秒 東経76度27分43秒 / 北緯15.335度 東経76.462度 / 15.335; 76.462