ハンナ・ガブリエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンナ・ガブリエル
Hanna Gabriel.JPG
基本情報
階級 スーパーウェルター級
国籍 コスタリカの旗 コスタリカ
誕生日 1983年1月14日(32歳)
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 16
勝ち 14
KO勝ち 10
敗け 1
引き分け 1
テンプレートを表示

ハンナ・ガブリエルHanna Gabriel1983年1月14日 - )は、コスタリカ出身の女子プロボクサー。初代WBO女子世界ウェルター級王者。初代・第3代WBO女子世界ジュニアミドル級王者。コスタリカでは男女のプロボクサーを通じて初の世界王者。夫は元WBA世界スーパーフェザー級暫定王者ブライアン・バスケスで世界初の世界王者同士の夫婦である[1]

来歴[編集]

2007年11月17日、サンホセのヒムナシオ・ナシオナルでデビュー戦を行い、3回10秒TKO勝ちを収めデビュー戦を勝利で飾った[2]

2008年9月13日、リモンでレイチェル・クラークと6回戦を行い、4回にダウンを喫したが1-0(58.5-57.5、58-58、57.5-57.5)の判定で引き分けた。

2008年11月15日、サンホセ州デサンパラドスでナイェリ・バスケスと対戦し、2-0の判定勝ちを収めWBA女子フェデラテンスーパーウェルター級王座を獲得した。

2009年4月18日、デサンパラドスでナイェリ・バスケスと再戦し、WBA女子フェデラテンスーパーウェルター級王座の初防衛に成功した[3]

2009年9月26日、アメリカ領ヴァージン諸島シャーロット・アマリーで元WBC女子ミドル級王者のイボンヌ・レイズと対戦し、3-0(59-55、60-54、60-54)の判定勝ちを収めた。

2009年12月19日、ニカラグアマナグアエスタディオ・デニス・マルティネスガブリエラ・マルセラ・ザパタWBO女子世界ウェルター級初代王座決定戦を行い、4回1分1秒KO勝ちを収めコスタリカで男女を通じて初めて世界戴冠を果たした。

2010年1月14日、WBO女子世界ウェルター級王座を返上した[4]

2010年5月29日、プエルトリコバヤモンコリセオ・ルーベン・ロドリゲスグレイディ・ペーニャ・アルバレスとWBO女子世界ジュニアミドル級初代王座決定戦を行い、初回40秒TKO勝ちを収め2階級制覇を果たした。

2011年1月9日、ウルグアイプンタ・デル・エステホテル・コンラッド・プンタ・デル・エステ・リゾート&カジノメリセンダ・ペレスと対戦し、10回1分4秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した。

2011年3月31日、サンホセエスタディオ・ナシオナル・デ・コスタリカメリセンダ・ペレスと対戦し、7回1分18秒TKO勝ちを収め2度目の防衛に成功した。

2012年1月7日、エレディア州エレディアのパラシオ・デ・ロス・デポルテスでダコタ・ストーンと対戦し、8回TKO勝ちを収め3度目の防衛に成功した。

2013年2月28日、サンホセ州ティバスエスタディオ・リカルド・サプリサ・アイマオクサンディア・カスティーヨと対戦し、プロ初黒星となる2回2分45秒TKO負けを喫し4度目の防衛に失敗、2年9ヵ月保持していた王座から陥落した[5]。この試合の前座で夫のブライアン・バスケスは再起に成功した。

2014年12月20日、プエルトリコカロライナのエル・サンファン・リゾート&カジノでオクサンディア・カスティーヨの王座剥奪に伴いパティ・ラミレスとWBO女子世界ジュニアミドル級王座決定戦を行い、2回KO勝ちを収め1年10ヵ月ぶりに王座に返り咲くと共に再起に成功した。

戦績[編集]

  • 16戦 14勝(10KO) 1分 1敗

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 妻も世界王者!バスケス、好調/BOX サンケイスポーツ 2012年12月28日閲覧
  2. ^ Hanna Gabriel, una mezcla de belleza y poder EL CENTROAMERICANO(スペイン語) 2008年8月1日
  3. ^ Hanna Gabriel outpoints Nayeli Vasquez 2009年WBA公式サイト 2009年4月20日
  4. ^ Boxeadora Hanna Gabriel renuncia al título mundial para cuidar su salud El Universal(スペイン語) 2010年1月14日
  5. ^ バスケス夫婦明暗 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年3月2日

外部リンク[編集]

空位
創設
初代WBO女子世界ウェルター級王者

2009年12月19日 - 2010年1月14日(返上)

空位
次タイトル獲得者
セシリア・ブレークフス
空位
創設
初代WBO女子世界ジュニアミドル級王者

2010年5月29日 - 2013年2月28日

次王者
次タイトル獲得者
オクサンディア・カスティーヨ
空位
前タイトル保持者
オクサンディア・カスティーヨ
第3代WBO女子世界ジュニアミドル級王者

2014年12月20日 - 現在

次王者
N/A