ハンドレページ O/400

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Handley-Page O/400

ハンドレページ O/400Handlay-Page O/400)は、イギリスの航空機メーカーハンドレページによって製作され、第一次世界大戦末期に活躍したイギリスの双発の重爆撃機



概要[編集]

ハンドレページO/400は、イギリス海軍の要請によって開発された双発の重爆撃機ハンドレページO/100のエンジンを強化し、燃料タンクの配置などを改修したもので、エンジンはロールス・ロイス社などのものが使われた。イギリスでは約700機が製作され、アメリカではリバティエンジンを搭載したものが107機製作された。1917年に初飛行し、翌1918年8月から部隊配備され、8月25日に2機がドイツ本土のマンハイムの化学工場を夜間爆撃し、さらに40機がカイザースラウテルンザールブリュッケンなどの飛行場を夜間爆撃し、それ以来、ドイツ本土の都市爆撃に参加する。戦後は、1919年後期までイギリス空軍で使用された他、民間の輸送機などとして使用された。 軍閥同士の内戦が続いていた中国では、安直戦争で使用され、段祺瑞陣営の1機がスイス人傭兵パイロットの操縦で爆撃任務に用いられた。

要目[編集]

  • 乗員:4 人
  • 全長:19.16 m
  • 全幅:30.48 m
  • 全高:6.71 m
  • 総重量:6350 kg
  • 最高速度:156 km/h
  • 失速速度:64 km/h
  • 到達高度:2590 m
  • 飛行時間:8 時間
  • エンジン:ロールスロイス・イーグル8水冷V型12気筒、360 馬力×2
  • 武装:7.7 mm機銃1基または2基
  • 爆弾:800~900kgまで搭載可能

参考文献[編集]

  • 『複葉機イラスト名鑑』山猫堂
  • 『中国的天空』中山雅洋

関連項目[編集]